麺屋こばやし@浮羽町 & ちくご手づくり村@吉井町 

今日の麺ドラはうきは市。10月いっぱい、うきはと久留米にある3軒の「直営店舗を営む製麺所」が手を組んで「筑後製麺所食べめぐり」ってイベントやってましてね。スタンプラリーもやってて、3軒巡るだけでもれなくプレゼントもらえるんですぜ。これは行くしか! と思ってまずは浮羽町に向かうが……3連休の中日はあちらこちらで事故と渋滞。「麺屋こばやし」に辿り着いたのは予定より1時間半も遅い時間。とはいえ駐車場は1台分空いてたし、満席だったけどすぐに座れたし、間としては悪くない。さてオーダーは「釜玉うどん」。15分くらい待って麺登場。
17100800.jpg 17100801.jpg
細めの麺はしっかりエッジが立っていて、表面にふんわり感があるが噛み込むにつれ抵抗感が強くなり、全体的にはムッチリとした食感。なのでしっかり噛んで味わうので、麺自体の味はしっかり感じられる。味は卵とダシ醤油、卵の味もなかなか濃厚で、醤油はうま味の強さの割りに塩気が控えめなんで、ちょい多めにかけてもいい感じ。歯応えあるんで食べ応えはあるが麺の量自体はそこそこ、最後はネギの欠片まで完食。
製麺所の麺、茹でたての麺、それを釜揚げで。待ち時間も惜しくない贅沢な一杯ですなぁ。ご馳走様でした。次はラーメン食べてみようかな。

麺屋こばやし
釜玉うどん 280円 ☆4.0
うきは市浮羽町古川962-1 11:00~15:00頃(麺終了まで) 日曜のみ営業 ※今月中は金土日曜営業
Facebookあり


続いて2麺目は同じうきは市内、「栗木商店」直営の「ちくご手づくり村」。結構広い店内には売り物の麺の陳列場所以外に、6人掛けテーブルがかなりいっぱい並んでいて、工場見学の後の試食の時とかはこれがぎっちり埋まるんだろうなぁと想像。ただ今日は工場見学がお休みだからか、かなり閑散としていた。店員さんにイベントのチラシを見せて参加の旨を告げ、壁に貼られたメニューを見ると……あ、「和風らーめん」っていいなぁ。じゃあそれで。そしてテーブルで待ってると店員さんやって来て、今日の試食メニューが和風らーめんですけど注文重なりますけどどうされますか、との事。えー、試食もいただけるんですか。じゃあ坦々麺にします。
17100802.jpg 17100803.jpg
待ってると時間差でざるらーめん、和風らーめんが登場。ざるらーめんはつゆが好みとちょっと違うが麺はちゃんと美味いし、和風らーめんは予想していた通りの美味さ。これなら坦々麺に変えなくても良かったかもなぁ、とか思ってるうちに麺登場。
17100804.jpg 17100805.jpg
ほほぅ……坦々麺らしからぬビジュアルやな。麺は細縮れ、試食品よりちょい太めかな、プリッとした歯応えが楽しい。スープは鶏ガラベースにピリ辛かな、ゴマは追加の煎りゴマだけっぽい。挽肉も入ってない……いや、丼の底に沈んでた。そして味が意外といい。具はチャーシュー、キクラゲ、紅ショウガ、煎りゴマ、ネギ。チャーシューは店の手づくりか、並のラーメン屋よりちゃんと美味いな。最後は紅ショウガ残して完食。
麺とスープは店の商品使ってるんだろうけど、具がちゃんとしてるのがかなり嬉しい。これなら他の麺も美味しそうかも、また改めて来てみたいな。ていうか和風らーめん買いに来たいな。そしてスタンプラリーの続きは、多分2週間後に。

ちくご手づくり村
耳納小麦美味坦々麺 500円 ☆3.5
うきは市吉井町191-3 11:30~15:00 盆正月定休
HPあり

本格てぬきそば19@イオンモール福岡 ~朝倉の柑橘だよ~ 

木酢そば・さらしな・ぶっかけ 580円 ☆3.5
糟屋郡粕屋町酒殿 イオンモール福岡2Fフードコート 9:00~21:00 無休
Facebookあり

今日のお昼はルクルのフードコートの「てぬきそば19」。先日から、筑前町特産の香酸柑橘類「木酢」を使った蕎麦を提供しているそうで。蕎麦はさらしな、いなか、茶蕎麦から選べるんでさらしなで。温か冷かは冷で。汁無し状態で蕎麦を受け取ったら、自分でタンクからつゆを注ぎ入れる。
17100700.jpg 17100701.jpg
冷たいつゆは関東風と、期間限定ぶっかけ用昆布だしがあるので、昆布だしで。麺は更級、口当たりと歯応えが良く蕎麦の風味は弱め。すめは昆布だしベースで塩気は控えめ、そのままグビグビ飲めそうな程よい美味さ。そこに敷き詰められた木酢から酸味と微かな苦味が移り出る。そのまま食べてもギリ大丈夫な木酢の優しい酸味は、昨日の深酒に疲れた俺の胃にも優しい。さらに千切りでもおろしでもない、鬼おろしの大根が歯応え風味ともにアクセントになる。ネギもあったけどあえて入れなかった。
17100702.jpg
時々、紙コップに取ってあった関東風つゆをつけて食べる。カツオだしが利いたつゆは味的にも強く、舌をいい具合に引き締めてくれる。最後は蕎麦湯(セルフ)も入れて味わい尽くしました。
予想通り、今日の俺の気分に丁度いい味でした。今度は未食の茶蕎麦をいただいてみようかな。

ぷち麺にゅーす
博多区千代4-7-77に「味処 おとう」が10月5日オープン。名物のちゃんぽん750円は生麺使用、和風出汁ベースですって。日曜定休。

双鶏@渡辺通 ~粋な醤油味~ 

双鶏醤油ラーメン 700円 ☆3.5
福岡市中央区渡辺通2-8-26 11:00~15:00&17:30~翌2:00 日曜定休

今日のお昼は今年9月オープンの新店、博多鶏皮焼き鳥と鶏白湯ラーメンを両輪にってんで店名は「双鶏」。ランチタイムは麺中心、鶏白湯と辛いのと鶏醤油の3つがメイン。トップの鶏白湯は夜も出してるので、ランチ限定の「双鶏醤油ラーメン」をオーダー。そう、近いウチに夜も来てみたいと思っているのですよ。11時半過ぎで先客後客ゼロ、なのでさほど待たず麺登場。
17100500.jpg 17100501.jpg
麺は京都の製麺所「麺屋棣鄂」の特注麺、こないだ東京のどっかの店で麺箱にこの名前を見たな。全粒粉っぽい粒入りの細ストレート麺で、パツンと弾ける歯ごたえ。茹で時間は1分半。正直な感想としては「良く出来た麺」ではあるが、その域を超えない。スープは鶏白湯の醤油味という予想であったが、コレは清湯っぽいな。スープ2つ取ってるのかな。味は鶏の美味さがしっかり利きつつも、醤油の風味がそれに匹敵するほどに主張してくる。これほどに醤油が強いスープは珍しいかも。塩気は控えめで、油っ気はいい感じに利いている。そしてこのスープにミツバがベストマッチ。具は他にチャーシューが鶏と豚が1枚ずつ、鶏ムネ肉はしっとり感があり、炙った豚バラ肉は香ばしく、いずれも粗挽き黒コショウが合う。味付けはどっちも控えめやな。最後はスープの大半まで完食。
東京風な粋な醤油の利き具合とミツバの相性に個性が見えたが、正直、個々のパーツとしては値段の高さほどの満足感は得られず。レベルの高さは感じましたけど。まあ、俺の好みが「突き抜けた個性」ってのもあるし、この店の本命は鶏白湯でしょうからね、そちらにより期待したいと思います。近いウチに夜に行って焼き鳥食べてラーメン啜りたいなぁ。

ぷち麺にゅーす
博多区博多駅前3-19-22の「おばんざい屋 喜禄」のランチメニューに「釜玉伊勢うどん定食」と「ホルモンうどん定食」の2つの麺メニューを発見。