つじ田@ラーメン滑走路 ~多分、この道の極み~ 

濃厚つけ麺 880円 ☆4.5
福岡市博多区下臼井 福岡空港国内線旅客ターミナルビル3F ラーメン滑走路 10:00~21:00OS

今日はお昼からドームに野球見に行く予定なので、ちょっと仕事済ませて早めに家を出て昼麺だけ食べに行く。向かったのは福岡空港「ラーメン滑走路」、いくつか予定していた店の中から、席が空いてて券売機前に1組いるだけだった「つじ田」をチョイス。デフォの「濃厚つけ麺」の食券を購入。俺より前に未提供客が4組あったかな、その後につけ汁、続いて「スダチは途中で麺に搾ってお召し上がり下さい」という言葉と共に麺登場。
18070100.jpg 18070101.jpg
麺は三河屋製麺の太麺250g、量的には俺でも普通に食えて、でも二麺目は無理だなと思うくらい。食感はムチッとしていて、ハード寄りなんだけど「硬い」という言葉とは無縁。歯応えを楽しみつつ噛み疲れない程良さ。つけ汁は魚介豚骨、ド濃厚ではないが魚介も豚骨もしっかり存在感があり、それでいてしっかり融合している。油っ気や塩気も程よく、太麺の存在感の強さにしっかり応えるつけ汁。温度もしっかり熱々で、正直ケチの付け所をいくら探しても見つからない完成度の高さ。具は厚みのあるチャーシューが数枚、メンマ、海苔、白ネギ。チャーシューは柔らかいしジューシーだし赤身と脂身のバランスもいいし、メンマは乾物臭さも無く歯応え強めだし、ホント隙がない。麺を半分くらい食べたあたりでスダチを搾ると、さわやかな酸味がひと味加わってさらに楽しめる。終盤、黒七味を麺に振ると、山椒や芥子の香りがまたひと味加わって、でもスダチの存在感の方が強いかな。麺完食後はスープ割り、これはさほどでもないかな。デフォのつけ汁の味があまりに理想的だったので。
つけ麺にはいろんな方向性があって、それは今でも増え続けてると思うけど、「濃厚魚介豚骨系」という道においてはこの店が極みになるんじゃないかな、と個人的には思った。値段はお高めだけどこのクオリティなら納得だし。スープ割りよりはご飯割りにすべきだったかな。ともあれ、この手のつけ麺が食べたくなったら迷わずここに来たいと思います。なお、駐車場は事前精算機に通した時点で29分でした。ギリギリだぁ。もう1組先客がいたらアウトだったかも。

博多王将@太宰府 ~野菜炒めが美味い店で~ 

あんかけ醤油ラーメン 600円 ☆4.0
太宰府市高雄1-3699-1 11:00~15:00&17:00~22:00 月曜&第1火曜定休

今日の遅めのお昼は中華飯店「博多王将」。京都王将でも大阪王将でもない博多王将だが(他に鹿児島王将ってあるらしいね)、以前は香椎駅前とかパチ屋P-Zone(以下P)内とかに数店舗を展開していた(チェーン店かどうかは不明)。だが香椎駅前は再開発するわPはツブれるわで、香椎からP筑紫野店に移転していた店だけがここに移転して生き残った、のかな多分。Twitterのフォロワーさんに激しくオススメ頂いてたんで来てみたよ。その時に野菜炒めが美味いと聞いていたので、だったら麺ならどれが美味そうか考えて、「ちゃんぽん」か「あんかけ醤油ラーメン」に絞り込む……よし「あんかけ醤油ラーメン」だ! 今日そんなに暑くないしな!
18063000.jpg 18063001.jpg
麺は中細弱縮れの中華麺、厨房で「もう麺あげていいよ」みたいな声が聞こえたんで、熱々あんかけ対策で硬めに茹でてくれたのかな、でもこの手の麺って硬茹でだとゴムっぽい食感が出るんで、そこはちょっと残念。でもまあ最後まで間延びせずに食べられましたよ。スープはちょいスパイシーだけどあっさりな鶏ガラ醤油を張って、上に濃い味熱々のあんかけってスタイル。食べ進めるにつれてスープとあんかけが入り混じる妙があるね。ベーススープも結構好みだったんで、デフォの醤油ラーメンも食べてみたいかも。あんかけの具は豚肉、イカ、小エビ、アサリ、紅白のカマボコ、ハクサイ、ニンジン、キクラゲ、タマネギ、チンゲンサイ、他にもあったかな。野菜炒めが自慢ってだけあって、各種野菜の火入れが絶妙。あとたっぷり入ってた豚肉はウデ肉かな、赤身と脂身のバランス、歯応えが素晴らしい。汗をかきつつ食べ進め、最後はスープの大半まで完食。このお値段にしては丼も大きめだったんで、かなりお腹いっぱいになりました。
いやぁオススメ頂いた通り、炒めが良かったですね。セットモノも豊富なんで腹ぺこさんにもオススメですよ(「P-ZONEセット」ってのがあるのが面白い)。俺は次は何かな、醤油ラーメンかちゃんぽんか、冬なら味噌ラーメンもアリか、夏季限定の冷やし麺か(出るよね?)。

丸源ラーメン@二又瀬 ~面白い店~ 

チャーハンランチ 950円 ☆4.0
福岡市東区二又瀬2-37 11:00~翌1:00
HPあり

今日のお昼は先月オープンの新店「丸源ラーメン」。全国に100店以上を展開するチェーン店で、九州では鹿児島に次いで2店舗目になる。かなり広い店内に10人以上の店員さん、それでも正午を過ぎれば待ちが出るほど。店に行ったことがあるオトモダチのオススメで、今日のオーダーは平日限定ランチから「チャーハンランチ」。内容は「肉そば」と「鉄板玉子チャーハン(小)」。肉そばは追加料金で違う麺に変えられるし、チャーハンは無料で増量できるが、どっちもデフォのままでお願いする。店が広いって事は未提供の客も多いってわけで、そこそこ待ってまずは麺登場。
18062800.jpg 18062801.jpg
弱縮れの細麺はちょっと角が立った感じか、プツッと歯切れのいい食感。やや演出系っぽいが、いろんなタイプのスープに合わせるためのチョイスかな。スープは……鶏ガラとか背脂とか野菜とか和風ダシとかいろんな素材が入り混じって、醤油も一緒に混じってるんで、醤油ラーメンというよりは醤油味の中華そばって感じかな。全体的にちょい甘めで変なクセもなく、万人向けな味付けだし俺も好きなタイプ。具は豚薄切り肉、青ネギ、海苔、タマネギ、柚子胡椒おろし。豚肉はケチケチ食べてたら終盤余り気味になったんで、かなり量が入ってたっぽい。味も歯応えもいいよ。海苔も厚みの割りに口溶けがいいし、柚子胡椒おろしが柚子のサッパリ感を持ちつつ大根おろしの絡みの良さがあって面白い。
18062802.jpg 18062803.jpg
麺を数口食べたあたりで出てきた鉄板玉子チャーハン。鉄板の上にチャーハンと具だけがある状態に店員さんが玉子をジュワーッと注ぎ入れて、玉子が固まる前に全体をしっかり混ぜてお召し上がり下さい、と言われたあたりで既に玉子の大半が固まっている。速攻で写真撮って混ぜて混ぜてこんな感じ。量はまさに(小)って感じ、味的にはコショウとニンニクが利いてる感じかな。熱々で軽くお焦げもできるし、演出的にも楽しい。もうちょい玉子が多いと嬉しいかな。肉そばとチャーハンを交互に食べ進めてズズッと完食。
なるほど100店舗を超えて展開するのも福岡で待ちが出るのも納得な、完成度の高さ。まあお値段はちょいとお高めかな、どうやら全国統一料金でやってるみたいだし。俺的には麺メニューの豊富さが魅力的、とりあえず「熟成醤油ラーメン」「醤油とんこつラーメン」「磯海苔塩ラーメン」「肉そばつけ麺」あたりは試してみたいかな。