fc2ブログ

肉うどん いのうえ & 塩SOBA さくら亭 @みやこ町 

今日の麺ドラは行橋方面。一麺目は多分うどんMAPで見た「肉うどん いのうえ」。小倉南区朽網に2号店がオープンするそうで、こちらの店の営業時間も変わったみたい。っつっても早朝なんで俺には関係無いけど。さてオーダーは基本に忠実に「肉うどん」。さほど待たずに麺登場。
22052200.jpg 22052201.jpg
エッジの立った中太麺は茹でたてではないが、それでもほんのりムッチリ感が残った歯応え。スープは魚介系のダシにキリッとした醤油の風味、あと肉汁っぽい甘さもあったかな、割とスッキリとした味わい。なのでショウガも合うね。具の肉は頬肉やらスジやらバラやらいろいろ混在、一個一個のサイズ感もあり、歯応えも硬すぎず、油っ気も程々で、この手の店の中でもレベル高い感じ。あと後ネギのフレッシュさもいいし、切り干し大根のぬか漬けもピリ辛でいい。麺量も多からず少なからず、ズズッと完食。
小倉肉うどんの店としては総じてレベル高い感じ。麺が茹でたてだったらさらに美味かったかも。季節メニューもあるみたいなんで、次は寒い時期に来てみたいかな。

肉うどん いのうえ
肉うどん 730円 ☆4.0
京都郡みやこ町勝山黒田615-3 7:00~15:00(土日6:00~15:00) 無休
Instagramあり


2麺目はTwitterで見かけた「塩SOBA さくら亭」。行橋市に1号店「さくら亭」があるようで、その辺の事情はこちらの記事をご参照に。さてオーダーは、醤油、塩、白湯、とんこつなども並ぶ中、迷わず「鴨SOBA」。醤油か塩か選べるんでこれまた迷わず塩で。鴨の塩とか珍しいやん。こちらもさほど待たずに麺登場。
22052202.jpg 22052203.jpg
麺はちょっと多めらしい。クチアケだからかな。加水率高めでちょいと張りがある細麺、スープの絡みも良く好みなタイプ。スープは鴨ガラかね、コラーゲン感強めでコク深く、塩気は程よいけどコショウが強めに利いている。味わいは和ダシともケモノ系とも違った個性があって面白い。具は鴨肉、白ネギと青ネギ、ゴマがたっぷり。鴨肉は薄切りが5枚、レアな肉にスープの熱が通っていく感じで、歯応えも肉汁感もいいね。麺完食、この店では後作りの雑炊が+200円で出来るそうだが(しかも名物らしい)、ちょっとスパイス感強めなんで今日はやめとく事に。
麺も具もスープも素性がいい、近くにあったら激しく通いたい店でした。次は「醤油ラーメン」に雑炊まで行ってみたいね。

塩SOBA さくら亭
鴨SOBA塩 850円 ☆4.0
京都郡みやこ町豊津国作615-1 11:00~ 不定休
Instagramあり

中華そば かなで~煮干編~@流通センター ~麺が強いまぜそば~ 

煮干まぜそば+小ライスランチセット 870+60円 ☆4.0
福岡市東区多の津4-8-7 11:00~16:00&17:00~21:30 火曜定休

今日のお昼は「煮干かなで」。土曜日ってんで先客3組後客2組と静かな感じ。今日のオーダーは「煮干まぜそば」、そして具とタレが残りそうと踏んで「小ライスランチセット」も。ちょい待って麺登場。
22052100.jpg
奥には唐辛子とニンニク。よく混ぜてお召し上がり下さいと店員さん。ちょっと普通に食べてみたい気もあるけど、心を鬼にして混ぜて混ぜて混ぜまくる!
22052101.jpg
中太の麺は歯応え強め、しっかり噛みしめて楽しめる味がある。そこに絡みつくのはタレと油と煮干しの魚粉、抜群の煮干し力だが苦みえぐみはほぼ感じないのが流石のお仕事。具としては、歯応えの切り昆布、風味のシソとバラ海苔。麺の味が強いせいか、タマネギとチーズは「全体的な味」に溶けてしまった感じ。あとチャーシューは全く絡んでこないので、時々囓る。炙ってあって歯応えも強め、チャーシューとしての味がすごく濃い感じ。麺完食後はライスをイン!
22052102.jpg
ここに来ても切り昆布の歯応え、煮干しの風味、そして残ってたドライトマトがすごい存在感でした。
煮干編として提供する煮干まぜそば、実に完成度が高い味でした。ちょっちゅ言うと、まぜそばなんだから、チャーシュー刻んでくれたら嬉しかったかなぁ。次は「麻辣担々麺」ですかね。

一風堂@山王 ~パスポートバンザイ~ 

赤丸新味 850→550円 ☆4.5
福岡市博多区山王2-2-7 11:00~22:00 無休
HPあり

今日は行きたい店は駐車場が空いておらず、逆に今日はいいかなって店は空いてたり。そんなこんなで辿り着いたのが駐車場完備の「一風堂」山王店。「一風堂 FAN BOOK」についてたSPECIALパスポート使ってお手頃価格で「赤丸新味」を食べてみよう。客入りも程々で(後客は多かったな)さほど待たず麺登場。
22051900.jpg 22051901.jpg
麺は自家製の細麺、気持ち硬めだけどちゃんと熱が通ってムチムチ感もある。背脂やタマネギが浮かぶスープはしっかり乳化した豚骨、臭みもなくクリーミーなコクと甘さ、塩気や油っ気は控えめかな。そこに加わる香味油と辛味噌、香味油は香ばしさとほろ苦さ、ほんのりコーヒーっぽい気も。辛味噌は辛さ一辺倒ではなく旨みもあるが、無いなら無いでいいかもなぁ。チャーシューは部位違いが1枚ずつ、バラと肩ロースかな。どちらも味付け控えめ、歯応えありつつホロリと崩れる。他の具はキクラゲ、モヤシ、ネギ。丼も多めで量も多め、辛もやしを投入しつつ最後は麺の欠片まで完食(千切れた麺はちょっとあったけど気にならないくらい)。
一風堂、もちろん美味いんだけど、それがこのお値段で味わえるのは嬉しいよね。「一風堂 FAN BOOK」まだ売ってると思うんで気になった方はチェキ。あと、ルイボスティー美味かったです。姪浜店はウォーターサーバーでお冷やだったからねぇ。