FC2ブログ

そば処 宗右ヱ門@箱崎 & まるにラーメン@津屋崎 

寒いねぇ、こんな日はあんかけよね。というわけで今日の麺ドラ、1麺目は「宗右ヱ門」。未訪問店だが福岡の蕎麦でも老舗で、少なくとも1994年のグルメ本に名店として名が上がっている。最近たまにInstagramに広告が出てきて、かき玉が美味そうで気になってたのだ。店の隣に3台確保されてる駐車場に車を入れ、開店とほぼ同時に店内へ。もちろん先客無し、後客3組は常連っぽい感じ。あらかじめ後から出してもらうおかわりまで注文してるあたり常連っぽさがある。俺は迷わず「かき玉」で。そんなに待たずに麺登場。
21011000.jpg 21011001.jpg
蕎麦は信州産、石臼挽きの粉を外二で打つ。麺線も整っていて、香り、甘さ、共にしっかり感じられ、中盤くらいまでは歯応えもしっかりと感じられる。いい蕎麦だねぇ。強めのあんかけのすめは醤油と鰹節が強め、江戸っぽさがある。でも塩気は控えめだったかな。具はかき玉、キクラゲ、紅タデ、青柚子皮、別皿にショウガ、そしてすめに白くて厚いカマボコが沈んでいた。かき玉は玉子2個分くらいあったかな、フワフワ感がいい。キクラゲは歯応え、柚子は香り、ショウガは半分くらい入れたら更に身体がポッカポカ、味も引き締まる。カマボコは小田原鈴廣、嗚呼これぞカマボコってな歯応えと風味の強さ。最後はすめの大半まで完食。食後のお冷やがまた美味い。
入口付近に築地だったかな、藪蕎麦のショップカードが置かれてたからそこが修業先なのかな。老舗の蕎麦、美味かったです。次は「せいろう」かな、やっぱ。

そば処 宗右ヱ門
かき玉 1,050円 ☆4.0
福岡市東区箱崎2-24-15 11:30~14:45 火曜水曜定休


ポッカポカに温まったところで、二麺目は去年津屋崎の「一楽ラーメン」跡にオープンした、丸の中に仁で「まるにラーメン」。先客無し、後客2組。入口の張り紙によれば、ちゃんぽんと焼きめしは去年11月で終了したらしい。店員さんは女性のみで5人もいたよ。麺は豚骨と味噌の二本立て。デフォの「ラーメン」を硬さ普通でオーダー。ちょい待って麺登場。
21011002.jpg 21011003.jpg
麺はラー麦使用の細ストレート、ムチッと感がある歯応え。スープは純豚骨かな、臭みは無くコクはそこそこ、油っ気も塩気も控えめで、微かにとろみもあるかな。個性がある豚骨が増えつつある現代にあって、逆に減り続ける「イニシエ系」に列する味かも。ご近所さんが飽きずに通うみたいな。具のチャーシュー2枚はトロトロホロホロ、海苔とネギはまあ普通。麺と具の欠片まで完食。
個性好きな俺としてはちょいと物足りなさも感じたかな。会計時に50円割引券もらったんで、次は「味噌ラーメン」かな。

まるにラーメン
ラーメン 590円 ☆3.0
福津市津屋崎7-11-17 11:00~17:00 水曜定休(祝日は営業)

そば茶屋 文六@博多駅デイトス ~あんかけ、ではない~ 

きのことじそば 740円 ☆3.0
福岡市博多区博多駅中央街1-1博多デイトスB1F 10:30~22:00OS 無休

今日も車を運転するにはちょっと怖いので、午前で仕事を済ませて福岡市内を歩く。寒いねぇ、こんな日はあんかけよね。と向かった中洲の店が開いてない、ランチは平日のみ営業だった。ダールー麺狙いだったのに。ここからフラフラと歩き続けるランチ難民。あちこち行って最終的に選んだのは「文六」の「きのことじそば」。とじそばだから、実質あんかけのようなモンよね。
21010900.jpg 21010901.jpg
はい、全然あんかけじゃありませ~ん。でも熱々だから良しとしよう。麺はこの店独特の更科系の白さ、歯応えも風味もまずまず。すめは節系も利いてて和の旨味をしっかり味わえる。具のきのこはシメジ、エノキ、マイタケかな、結構量がある。それを玉子とじ、結構硬めだけどコクがあるね。あと薬味のネギが美味かった、存在感あった。最後はすめの大半まで完食。
この店はスタンダードな蕎麦もオリジナルなメニューも丼モノも酒のアテもあって、使い勝手がいいんだよねぇ。また寄らせてもらいますねぇ。

中華そば きりや@姪浜 ~創作麺コンプリート~ 

肉そば 850円 ☆4.0
福岡市西区姪の浜5-1-27 11:00~16:00 日曜月曜定休

吹雪吹雪氷の世界。とても怖くて車になんて乗れない。というわけで買い物がてら歩いて出かける。お昼は、開いてて良かった「きりや」。先客1人後客1人、こんな状況だから近場の人しか来ないだろうしねぇ。寒いねぇ、こんな日はあんかけよね。オーダーは創作麺6種の最後の品「肉そば」。さほど待たず麺登場。
21010800.jpg 21010801.jpg
なんてこったい、あんかけじゃなかった。でも熱々なので良かろうなのだ。麺は黄色み強めの細縮れ、プリプリチュルチュルな食感がいい。スープは鶏ガラ豚骨ベースかな、そこに炒めた野菜や肉の風味が移って味わい深い。色濃い目だけど醤油風味はそんなに強くない。具は豚のウデ肉かな、あと野菜がキャベツ、ピーマン、キクラゲ、タケノコ、ニンジン、タマネギ、薬味に刻みネギ。具だくさんだが中でも豚肉が、小さめだけどこれでもかって量が入っていて、メニュー名を裏切ってない。キャベツは芯っぽい部分が結構入ってたかな。そしてピーマンの存在感の強さよ。最後はスープの半分くらいまで完食。体重に余裕があれば飲み干したかった。
いやぁ、すっげぇ満足感でした。肉食ったなぁ。冬に限るなら、次は「きりやそば」か「タンメン」かな。そして夏限定の「冷やし中華」も食べてみたいなぁ。