FC2ブログ

ラーメン屋 游@荒江 ~やっぱり油は強いのね~ 

淡麗(白)冷やし麺 700円 ☆4.0
福岡市城南区荒江1-23-27 11:30~15:00&17:30~23:00 木曜定休
Twitterあり

今日はちょいと遅めのお昼。この時間なら客も少ないかなと「游」へ、借りてた「バオー来訪者」を利子つけて返しに来た(そして「魔少年ビーティー」を借りてきた)。メニューの狙いはもちろん「淡麗(白)冷やし麺」、あちこちで評判高いんで早く来たかったんだよな。調理過程見てて気づいた事、去年もそうだったんだけど、麺を冷やすための氷水で丼も冷やすって店は他にもあるが、スープを注ぐためのレードルまで冷やす店ってのはここしか知らない。少しでも美味しくするための手間のかけ方がハンパない。
18080700.jpg 18080701.jpg
麺は平打ちの中細麺、きっちり締められてぬめりもなく、シュルッと口に収まる滑らかな口当たり。ただ2,3本、やたら硬い麺があったな。なんでやろ。スープは和風ダシベースかな、ただ表層の煮干し油が強烈で、それが先行してそのまま逃げ切るくらいの印象の強さ。そこにアクセントになるのがネギとカイワレとみじん切りのミョウガ、特にミョウガは結構量もあって存在感が強い。他の具はレアチャーシューと煮玉子半分、いつも通りの美味しさ。そして種が多いコレはカボスかな、絞ってもないのに時々酸味と香りが飛び込んでくる。終盤はそのままスープに入れてちょいちょい突っつくだけで程よい酸味と苦味を醸し出す。最後はスープまでほぼ完食。
俺的にはちょっと煮干し油が強かったかな。苦味やえぐみはなかったんだけど、やっぱ油なんで存在感が強いんやね。とはいえ皆様絶賛も納得の味わいでした。次は最初から細麺とかお願いしてみようかな?

支那そば やっちゃんち@百年橋 ~デフォより安くていいのかしら~ 

冷やし支那そば+ワンタン 600+100円 ☆4.5
福岡市中央区清川3-12-1 7:00~14:00(木曜11:00~14:00) 水曜定休
ブログあり

今日はドームで野球観戦。というわけで麺ドラには行けんので、早めに家を出て麺を一杯。いくつか11時開店の候補店を考えていたのだが、「やっちゃんち」のブログで「今日は冷やしラーメンを10時から提供」って書かれてたんでそれに決定。店に着いたのは10時40分頃だったかな。券売機で迷わず「冷やし支那そば」の食券を購入。あとトッピングはワカメや半熟煮玉子がオススメって書いてあったけど、あえて「ワンタン」をチョイス。なおこの時間で先客2組後客1組。
18080500.jpg 18080501.jpg
麺は細~極細の平打ち弱縮れ、きっちり冷やされてムチムチとした歯応え、口あたりの滑らかさも好ましい。スープは鶏ガラや豚骨ベースで塩気は控えめ、油っ気はちょいあるけど、冷たいのに固まってないから植物性の香味油を足してるのかな。見た目通り、透明感とキレのある味わい。具は細切りのチャーシューとメンマ、その間にはニンニクの芽かと思ったがコレは細ネギのナムルか、あとプチトマト半分と豆苗、追加のワンタンはあん無しの皮のみで5枚。チャーシューとメンマは普通に美味いね、量もちゃんとあって、これでデフォの支那そば塩より値段が安いってのが不思議でならない。細ネギは微かなゴマ油とニンニクが利いている。豆苗は正直、火を入れた方が好みかな。そしてワンタンはプルンと踊るような食感、皮だけだけど食感的にも味的にも面白いオプション。最後はスープまで完食。
「今年は冷やしラーメンの当たり年」の中に迷わず入れたい当たりラーメンでした。杯数限定、昼にはなくなってるかもしれない稀少麺、是非あなたもお試しを。

一風堂@塩原本舗 ~塩原本舗は裏切らない~ 

博多細つけ麺+カレー玉 780+90円 ☆4.5
福岡市南区塩原3-21-4 11:00~24:00
HPあり

一風堂のフードコートスタイル店舗「IPPUDO RAMEN EXPRESS」の一部店舗で「博多流細つけ麺」って夏限定メニューを頂いた事がありましてね。その時はモソッとした硬麺の極細麺、しかも水切れもよろしくなく、つけ汁はオリーブオイルのクセが立った味わいで、へぇこんなモンかと思いつつ食べましたが。その後一風堂の一部店舗で「博多細つけ麺」の提供が始まって、でも福岡では食べられる店舗がなくてガクーだったんですが、ある日告知ページの記述が変わって、8月から塩原本舗で食べられるという事を知りまして、そういうわけで今日のお昼は「一風堂」塩原本舗。オーダーは迷わず「博多細つけ麺」と、8月からオプションとして提供開始の「カレー玉」。ちなみに塩原本舗では「博多太つけ麺」も同時に提供中でございます。
18080400.jpg 18080401.jpg
さほど待たずに麺登場。塗り箸じゃ食べづらかろうと割り箸を添えて出される麺は200g。つけ汁と、赤丸新味の辛みそに唐辛子を振ったモノ、レンジで温められたカレー玉が揃う。麺は恐らく26番の極細麺、これがしっかり茹でた上で冷たく締められてるんで、滑らかな口当たりとパツンと弾ける歯ごたえが実にいい。水切りも良く、丼の底に残る水分はごくわずか。対するつけ汁はまさに絹ごしと言うべき滑らかかつ濃厚な豚骨風味をベースに、アクセント程度にほんのりとオリーブオイルの香りが追ってくる。極細麺との相性はもちろん抜群、麺への味の絡みも丁度いい。具は刻んだチャーシュー、ネギ、オリーブ。量は多くないが、まあつけ麺は麺が主役だから。オリーブも微かな酸味が時折いいアクセントになる。1/4くらい食べたあたりで、「麺に絡めてどうぞ」と言われた赤丸辛みそを麺にちょいちょい付けてつけ汁通して啜ると、いやいや確かに辛みはあるがその奥の甘さがむしろ際立って、ああこりゃいい相性ですぜ。1/2くらい食べたあたりで、つけ汁にカレー玉を投下、しっかり混ぜて麺をつけて食べると、ああこりゃいいね、辛さはそこそこだがスパイシーなカレー風味と濃厚豚骨が実に好印象。ガラッと表情が変わったつけ汁に、具として挽肉とタマネギが加わってくる。3/4くらい食べたあたりからは赤丸辛みそと豚骨カレーつけ汁の相性も楽しむ。最後は結局、つけ汁まで完食。しまったな、つけ汁残して白飯ぶち込んで食べても絶対美味かった気がする。
あーもうホントに、塩原本舗は裏切らないなぁ。このレベルの味を、フードコート店舗で出すのはやっぱ難しいんだろうなぁ。出来れば期間中にまた来たいな、その時は必ずや、ラストは豚骨カレー雑炊で。

ぷち麺にゅーす
18080402.jpg
・「丸亀製麺」とリラックマのコラボイベントが8月2日からスタート。トートバッグ欲しいなぁ。