麺屋ひとしお@上川端町 ~麺の力強さ故か~ 

汁無し担々麺 800円 ☆3.5
福岡市博多区上川端町14-26 11:30~15:00&17:00~22:00 日曜定休(その他不定休あり)
Facebookあり

今日のお昼は「ひとしお」。夏メニュー第2弾「汁無し担々麺」が狙いである。券売機でちょっと迷うが、まあよく見ればわかるはず。ランチタイム限定で麺増量、また小ライスセットが出来るが、小ライスのみお願いする。待ってる間、食べてる間、後客は続々とやってくる。これならドア近くじゃなくて奥の方の席に座れば良かったな……複数人で来て全員食券買うまでドア開けっ放しみたいなトンチキがいたからなぁ……。
17081000.jpg
麺と小ライス、奥にあるのは麺より先に出た海老ラー油、山椒、黒酢。丼の底にタレが沈んでるそうなので、混ぜて混ぜて混ぜるよ~。
17081001.jpg
麺は極太、確か慶史謹製でしたっけ。モッチリよりムッチリに近い食感で、麺自体の存在感が力強く、タレや辛さを上回る部分も。タレは練りゴマベースかな、そこに海老ラー油や山椒の辛さシビレが加わる……はずなのだが、麺が強いのと、塩気が控えめなので、味付けとしては控えめと感じる。具は角煮チャーシュー、小松菜、ゴマ、ネギ、ナッツはカシューかな。チャーシューは潰せば解れる柔らかさ。ナッツはちょっと歯応えが弱めかな。途中で調味料追加……おっ、黒酢が合うね。具を残しつつ麺完食、からの……
17081002.jpg
ライス投入。ライスについてきた辛子高菜のアクセントがいいね。ここでも黒酢を足しつつ完食。しっかりお腹いっぱい。
うーむ、悪くないのだが、この店の夏メニュー対決としては「冷製梅しそそば」に軍配かな。次は8月以内にまた来れたら「冷製梅しそそば」を是非モノで。

ラーメン屋 游@荒江 ~手をかけまくった逸品~ 

冷やしラーメン 750円 ☆4.5
福岡市城南区荒江1-23-27 11:30~15:00&17:30~23:00 木曜定休
HPあり Twitterあり
※駐車場利用証明があれば100円キャッシュバックあります

今日のお昼は「游」、開店直後に来たつもりが先客2名。ワンオペの店なので、開店直後か時間気にしなくていいくらい遅い時間に来るに限る。それか夜かな。オーダーはもちろん「冷やしラーメン」。店主さんに、すぐ近くの「ラーメン力」閉店の裏話なんか聞いたりする。スマホいじりもそこそこに、店主さんの調理過程を見ながら待つ。ああ動いたって事は先客のオーダーは「豚そば」と「ラーメン」かな。提供を終えて俺の「冷やしラーメン」調理スタート。いろいろ驚かされる様々な過程を経て、麺登場。
17080800.jpg 17080801.jpg
よく冷やされた麺は平打ち細麺、この薄さ細さで驚くほどのムッチリ感、それに加え平打ち独特のピロピロ感。やや硬めかな、でもこの食感は楽しい。スープは和風ダシベースかな、塩気は控えめですいすい飲める。そこにガツンと利いてる煮干し感は、調味油から来てるっぽい印象。具はチャーシュー1枚分、煮玉子半分、とろろ、梅干し、味海苔、ネギ。チャーシューはいつもより少々薄めで、冷やしラーメンの中でも存在感がちょうどいい。そしてとろろの清涼感と海苔の風味が、一口ごとに味を飽きさせない。梅干しもちょいちょいかじって酸味を楽しむ。とろろまで残すまいと食べ進むうちに、最後はスープまで完食。
このメニュー頼むなら、是非とも調理過程も楽しんでほしい。氷水で丼を冷やす店はたまにあるが、スープを注ぐレードルまで冷やす店は流石に記憶に無い。徹底して丁寧に作られる一杯、是非夏の間にお試しを。

ぷち麺にゅーす
糟屋郡新宮町美咲3-1-10に「肉盛り中華そば 松山」8月10日オープン予定。でも9日オープン説も。プレオープンかも。営業時間は昼だけか夕方までかな。そしてセルフスタイルみたい。
北九州市小倉南区徳吉東1-10-5にセルフタイプのうどん屋「自家製麺 ゑびすうどん」が9月上旬オープン予定。場所柄どぎどぎも出してくれるかな?
小倉北区魚町2-4-14に「博多火炎辛麺赤神」が9月1日オープン予定。
宗像市野坂2655-1に飯塚の「つけ麺 辰寅」の宗像店が8月オープン予定。国道3号沿いの「カレーの店路」のお隣らしい。
京都郡苅田町幸町3-8、以前「ぎょらん亭」があった場所に「麺匠 いち武」が8月1日オープン。
・「生粉蕎麦玄」に夏限定メニュー「すだち冷かけ」550円登場。姪浜店と長浜本店で確認。

博多テールラーメンたのしや@松島 ~麺がいいのだ~ 

冷やしラーメン 600円 ☆4.0
福岡市東区松島3-34-26 11:00~20:00 火曜定休(祝日は翌日振替)
Facebookあり

その店は共同駐車場の奥にあって道路からは見えない。でも道路沿いに電光掲示板が置いてある。そこに流れた字が、見えなかったんだけどなんか気になって、駐車場に車を入れて流れる文字を見てみる。店名や平日ランチなどの字が流れた後に来たのが「冷やしラーメン」の文字。これか! 俺の無意識に飛び込んできたのはこの文字か! ていうか我ながらすげぇな、すげぇ馬鹿だなとか考えつつ、今日の早めのお昼は「たのしや」へ。先客2組、後客も数組あって、移転してきたこの場所でちゃんと受け入れられてる様子。オーダーは迷わず「冷やしラーメン」。メニューの隅に「平日11:00~15:00」って書かれてたんでちょっと不安だったが、オーダー通ったんでこの店では土曜は平日扱いなのだろう。店頭には平日ランチの案内もあったし(今日は鶏のプルコギ丼セット750円でした)。
17080500.jpg 17080501.jpg
キンキンに冷えた金属製の丼で登場、スプーンも石焼きビビンバとかで出るヤツだな。「オリジナルの冷麺スープの中に自家製の平打ち細麺を入れました」との説明書き。麺はまさに平打ちの細麺、テールラーメンと同じ麺かな、でも冷たく締められることで平打ち独特の跳ねるような食感がより活きてくる。そして割と麺の量も多めな気がする。良く噛んで食べるからそう感じるのかな。スープはまさに冷麺スープ、ベースはテールかも。すっきりした美味さと深いコク、そしてキツくない酸味が夏にぴったり。氷も入ってるんで最後までキンキンに冷たい。具はテール肉、茹でモヤシ、キムチ、韓国海苔、茹で玉子半分、ゴマ、ネギ、カイワレ。テール肉はいつも通りの出涸らしっぽいが、スープを吸ってジューシーさを感じる部分もある。海苔やゴマはスープと良く合うね。キムチは辛さも酸味も控えめで、歯応え的にいいアクセント。最後は具の欠片も残さず、スープの大半まで完食。
まあ要するに「韓国冷麺の麺をラーメンにした」みたいな感じではあるが、その麺が実に美味いし、しかもスープともマッチしている。「冷麺は麺がちょっと」って方には超絶オススメしたい一品かも。なお、冷やしラーメンの他に「甘エビと桜えびを合わせ鰹節で味に深みを出した」という「海老テールラーメン」720円も新たに登場しております。こっちも近いウチに食べに行ってみたいな。