中華そば寿限無@高砂 ~本当に良く出来た一杯~ 

醤油らーめん 750円 ☆3.5
福岡市中央区高砂1-18-1 11:30~15:00&18:00~21:00(日曜11:30~16:00) 月曜・第2日曜定休
Facebookあり

今日のお昼は今年8月オープンの新店「中華そば寿限無」。デフォで750円とお高めながら割と評判高い店である。カウンター6席のみの小さな店内、開店直後くらいに来たつもりだったが先客2人、ちょうど麺が出されるところ。入口横の券売機を眺め、デフォの「醤油らーめん」の食券を購入、店主さんに渡す……あれ、この方、「元助」本店で店長されてた方かな? 店のあちこちに「太麺なんで時間かかるよ」って書かれてたけど、意外とそんなに待たずに麺登場。具体的には、ラーメンの写真のタイムスタンプが11時38分。
17101900.jpg 17101901.jpg
麺は慶史謹製の太麺、でもゴワッとした感じもなく、多加水っぽいムチプリッとした歯応えと口当たり。量もそこそこ多い感じ。スープは……ああ、中華そばだなぁって感じの味わい。鶏ガラ中心ながらどことなく和の雰囲気も感じる。油っ気も塩気も程よく、醤油の香りも立っている。注文後に切る厚手のチャーシュー2枚をはじめ、メンマ、ホウレンソウなどの具もちゃんと美味い。意外といいのがフンワリしたナルト。最後は麺の欠片まで完食。
王道の中華そばで、完成度が高い一杯。ただ、量があるとはいえお値段高めだねってのと、個性重視派の俺的には正直面白みに欠けるってのが俺の感想。お行儀が良すぎる、とでも言おうか。でも書いてる通り、本当に良く出来た味でしたよ。新メニューが出来たらまた来てみようかな。

ぷち麺にゅーす
博多区東比恵2-1で営業してた中華料理「龍興」は移転のため閉店、博多区上呉服町2-122に10月28日オープン予定。なお東比恵の店舗も改装後、新たなる中華料理店としてオープンする模様。
中央区大手門3-1-16の「和食処 木下」のランチメニューに麺定食を発見。ちゃんぽん、辛みそちゃんぽん、ゆず塩らーめん、とんこつらーめんの4種が見えた。値段ははっきりは見えず、ちゃんぽん680円かな。異業種麺は好きなのでコレは是非狙ってみたい!

うどん こまる@平尾 ~讃岐だったり違ったり~ 

こまるセット 600円 ☆4.0
福岡市中央区平尾1-12-19 11:00~15:00&17:00~20:00(土曜11:00~15:00) 日祝定休
Facebookあり

今日のお昼は今年5月15日オープンの新店「こまる」。何が嬉しいって、11時オープンなんだよな。正午前に昼食済ませときたい派の俺としてはこれは嬉しい。さてショップカードにも「さぬき系のうどんのお店です」と書かれている通り、うどんメニューは温冷の「かけ」「ぶっかけ」、冷の「しょうゆ」「ざる」、温の「かまたま」「かまあげ」と並ぶ。車両通行禁止の細い道路に、手作り看板で小さな規模の店ってあたりも讃岐っぽい。オーダーはちょいとハラヘリ気味なんで、かけうどんにかしわおにぎりと天ぷら2ヶがつく平日ランチタイム限定の「こまるセット」。かけうどんは温で。4種から選べる天ぷらはミニかきあげととり天をチョイス。待っていると厨房から、まずは天ぷらを揚げる音、続いて麺をあげる音が聞こえる。
17101700.jpg
麺は讃岐系にしちゃ細いな、でもエッジがキリッと立っていて、細麺の温うどんの割りにはしっかりとした腰が感じられる。細めなので3本ずつくらい啜るのが丁度いい。すめは塩気控えめだがダシがしっかり利いている。煮干しと雑節かな、味が強いが飽きが来ない。天ぷらは揚げたてサックサク、とり天は開いたムネ肉がしっとりとジューシーでぱさつきが全くない。かきあげはタマネギ、ニンジン、カボチャかな、これまた食感と野菜の甘さがいいし、何より小さいサイズなのに形が美しい。かしわおにぎりは混ぜ込みタイプかな、味に微妙に違和感が……ゴマ油使ってる?
とにかく麺と天ぷらのポテンシャルの高さよな。次は冷ぶっかけかかまたまか、それに天ぷらを添えて。近いウチに、あるいは早めの昼食食べたい日に、是非。

博多ファーマーズマーケットと麺二杯 

17101500.jpg
さて日曜は朝から博多駅前に集合。「博多ファーマーズマーケット」、11月のテーマは「収穫祭」。自分も参加している「野菜ソムリエコミュニティ福岡」では、春に苗を植えた落花生やカボチャなどをはじめとして、仲間たちで育てた新鮮野菜を用意して参加しました。隣に「三連水車の里あさくら」、裏に「JA糸島 伊都菜彩」というなかなか笑える立地の中、頑張ってお野菜売りましたよ。喉を潰す手前まで声出して(途中で腹式呼吸を思い出して難を逃れました)、たくさんお野菜をお買い上げいただきました。俺のブログとかTwitterとか見て来て下さった方もおられたのかな。どうも、ありがとうございました。
17101501.jpg 17101502.jpg
ところで13時半過ぎ、一段落ついたあたりでお昼休み。「因幡うどん」博多1番街店では福岡空港店限定で出してる「スパイシーカレーうどん」を、しかも白ごはん付きで出してるとどっかで聞きまして、行ってみました。期間限定、10月末までの提供。麺は例によって例の如くやわやわの博多うどん。スープはうどんだしをベースに、金沢カレーの元祖「チャンピオンカレー」のカレールーを使ってるそうで。まあ確かに、普通のカレーうどんと比べるとスパイシー感が強い。でも辛いってわけじゃないんだな。香り高い感じ。具は鶏肉、半熟卵、きつね。このきつねが甘口でなかなか面白い存在感。鶏肉はもうちょい量が欲しかったかな。最後は白ごはんにスープをかけて食べる。スープを足していくと、ほぼほぼスープまで完食。老舗の創作メニュー、面白い味わいでした。

因幡うどん 博多一番街店
スパイシーカレーうどん 680円 ☆3.5
福岡市博多区博多駅中央街1-1-B1F 博多1番街 8:00~22:30OS 無休


さて「博多ファーマーズマーケット」は19時にて終了。終盤の割引セールもあって、八割以上は売れたかな。皆様お疲れ様でした。そして撤収作業などが全て終了したのは20時半頃。最後まで残った人たちに挨拶して別れ、とりあえず一杯飲んで帰ろうと「博多めん街道」へ。選んだ店は「博多新風」。
17101503.jpg
餃子が売り切れていたのは予想外だったが、焼豚盛り合わせで瓶ビールを2本流し込む。流石のチャーシューの美味さよな。そして〆は「白豚骨」、麺は柔麺で。
17101504.jpg 17101505.jpg
自家製麺は細ストレート、柔麺にしてもモッチリ感と麺の張りを併せ持つ絶妙の食感。スープは純豚骨かな、油っ気もしっかり溶け込んだとろみのある濃厚さ、でも臭みは感じない。塩気も控えめだが後味は重くない。濃厚豚骨好きにも、しつこいのが苦手な女性にも、口に合いそうな味わい。具はチャーシュー3枚、キクラゲ、青ネギ。チャーシューは豚とろっぽい部位で歯応え強め、味付け控えめ。たっぷりめのキクラゲも嬉しい。最後は麺の欠片まで完食。
正直、「博多めん街道」に入ってる有名店に比べて客が少ないのが理解出来ないほどの味の完成度の高さ。もっと売れてもいいと思うんだけどな。ちなみにグラスビールは淡麗だそうなので、瓶ビール(ラガーかスーパードライからチョイス)がオススメです(笑)。

博多新風 博多デイトス店
白豚骨 680円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅中央街1-1-2F 博多めん街道 10:30~22:00OS 無休