唐津らぁ麺 むらまさ@唐津 ~見守られつつ~ 

醤油らぁ麺 630円 ☆4.5
唐津市菜畑3609-2 11:00~15:00(土日祝~20:00) 木曜定休
Facebookあり

今日のお昼は唐津にて。行きたい店はいくつもあるが、今日の狙いは「むらまさ」で。以前、期間限定で出てた「つけ麺」があったらいいなと思ってたんだけど……無かった(´・ω・`)。まあいいやと「醤油らぁ麺」を中でオーダー。
17060200.jpg 17060201.jpg
麺は「支那そばや」オリジナルブレンドの粉を使った細ストレート、シュルッと口当たり滑らかで、以前よりムッチリ感が増した歯応えが面白い。この細さでこの反発感はなかなか無いぜ。スープは鶏ガラと和風ダシのダブルかと思うが、以前より複雑さが増していて、濃厚ではないが深さがハンパない。さらに生醤油の風味がかなり利いていて、それでいて塩気は控えめ。油っ気も丁度いいくらいだし、ハイレベルでバランスが取れている。具のチャーシューは大きめでそこそこの厚み、肩ロースかな、かなりしっかりと肉汁を感じられる。他に太めでザックリとした歯応えのメンマが3本、口溶けのいい海苔、フレッシュなネギ、全てにおいて過不足無い感じのトッピング。最後はスープの大半まで完食。
「福岡ラーメンショー」に「佐野実一派」として出店して、そこで何か掴んだのかな。全てにおいて、以前より完成度が上がっていた。しかも唐津なのでこのお値段ってのも嬉しいところ。次は近いウチに「塩らぁ麺」を、でも「つけ麺」出てたらそっちに行っちゃいそうな予感!
17060202.jpg
カウンター席の上には「福岡ラーメンショー」で使われたであろう、「佐野実一派」のタペストリー。佐野さんが見守ってる的な感じやね。

どうとんぼり神座@博多阪急物産展 ~確かに唯一無二~ 

おいしいラーメン 900円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅中央街1-1(博多阪急8F) 10:00~20:00(最終日~17:00) 6日まで
HPあり

今日のお昼は博多阪急催事場、開催中の「関西うまいもん大会」に、九州初出店で来ている「どうとんぼり神座」。超有名店よね。俺も20年くらい前に大阪に行った時に、道頓堀の本店で食べた記憶がある。もちろん味の記憶はない。さて11時半頃で既に店頭には10人弱の待ちの列。まあ待つけどね。しばらく待って食券を買う。「おいしいラーメン」900円。ちょっと調べてみたら、本店の方で「小チャーシュー煮玉子ラーメン」880円として出されているものと同じトッピングが載ってるみたい。それを「おいしいラーメン」というメニュー名で出すのはどうかなとも思うが、まあいいか。
17060100.jpg 17060101.jpg
席に座ってからはさほど待たずに麺登場。中細の麺はプッツリ感というか、弾けるような抵抗感が特徴的な歯応え。ただ食べ進めるにつれて歯応えはソフトになっていく。スープは鶏ガラベースかなとは思うけど、味が強くないのに深みがあり、塩気も薄めなのに醤油の風味は広がり、微かな辛味がジワジワと広がる。ハクサイの美味さも出てるかな。壁に貼ってあった説明に「コンソメ」の文字があったが、なんとなく納得。具はチャーシューが、モモ肉3枚バラ肉2枚。どっちかというとバラ肉の方が好み。他に、理想より30秒ほど長く火が通った煮玉子、そしてこれがメインの具であろう、恐らくスープで煮込まれたハクサイと豚肉少々。結構歯応え強めなのが多く、食べ応えもあるし味的にもいい。最後はスープの大半まで完食。
なるほど、こりゃ唯一無二の味だわ。俺の好みで言うと、スープはジャスト、麺がちょっと違うかな。とはいえ、出来ればこの味を福岡で味わえる機会がまたあるといいねぇ。福岡ラーメンショー運営さん、あるいはラースタ支配人さん、よろしくお願いしま~す!

ワキちゃんラーメン@西月隈 & 純豚骨ラーメン鶯@原田 

今日の麺ドラ、一麺目は本日定休の「製麺屋慶史 麺ショップ西月隈」へ。定休日の店舗を利用して、「踊るラーメン職人」ワキさんが特製ラーメンを作るそうなので、来てみた。今回は慶史に麺を特注オーダーしたそうで。11時58分、どうやら俺が一番乗りのようで店の鍵を開けてくれた。厨房でラーメンを仕上げる様子を見ながらのんびり待つ。
17052800.jpg 17052801.jpg
品名は「煮干しそば」。色が濃い中太の麺は、蕎麦を思わせるほどの風味の強さとモソモソとした食感。小麦でこの風味を出せるのか、と思ったが後から聞いたら蕎麦粉も入ってるそうで。でもスープと合わせると、蕎麦じゃなくてラーメンなんだよなぁ。スープは煮干しのクセは無く、上品なダシの風味が口に広がる。塩気も控えめで、それでいて醤油の風味は華やかに広がる。油っ気は控えめかな。具はシンプルに、細め厚めに切ってバーナーで炙ったチャーシューが3枚、あとは白ネギ青ネギのみ。と見せかけといて、丼の底には味変的に、ショウガの細切りやレンコンのみじん切りが忍ばせてあった。もう1こ何かあった気がするんだけどなぁ。最後はスープまで完食。
不定期開催「ワキちゃんラーメン」、今日も個性的で美味かったです。さてこの一杯、ワキさんのモノになるのか、慶史のモノになるのか、あるいは新たな一杯の礎となるのか。今後も楽しみです。

ワキちゃんラーメン
煮干しそば 700円 ☆4.0
不定期開催

さて、南下。二麺目は筑紫野市原田に今年3月オープンした新店「鶯」。なんでも佐賀の某人気店で修行されたそうで。なもんだから、デフォの「純豚骨ラーメン」600円よりも、「有明海苔ラーメン」や「月見ラーメン」に目が行ってしまう。あー、どっちも諦めがたい……よし、思い切って「有明海苔ラーメン」に月見トッピング!(笑)
17052802.jpg 17052803.jpg
さほど待たずに麺登場。気持ち太めの細麺は、気持ち柔らかめだがどっちかというと福岡標準レベル。いっそ柔麺で頼んでみたら良かったかな。スープは純豚骨、濃厚ではなくサラッとした感じだが、豚骨のポッテリとした甘さがよく出ている。塩気は程よく油っ気は控えめ。具のモモ肉チャーシューは2枚、そこそこ厚みもあり歯応えたっぷりだが、これはもっと薄切りにして枚数増やしてもらいたいかな。海苔は、デフォで入ってるのは歯ごたえがあり硬め、受け皿に載っている有明海苔4枚はスープにしっかり馴染み、口溶けも良くホロリと崩れ、磯の風味も素晴らしい。終盤、熱が入って味が濃くなった卵黄を崩して麺と絡めて食べる。コクと甘さがたまらない。最後はズズッと麺完食。
福岡の豚骨では屈指の佐賀っぽさではなかろうか。まあ佐賀っぽさって何だと言われても答えられないんだけどね。イメージ的なモノなんで。次はデフォのラーメンを、柔麺で頼んでみようかな。

純豚骨ラーメン鶯
有明海苔ラーメン+月見 700+80円 ☆4.0
筑紫野市原田3-1-17 11:00~15:00&17:00~21:00 木曜定休

博多テールラーメンたのしや@松島 ~これはこれで美味い~ 

特製味噌テールラーメン 780円 ☆4.0
福岡市東区松島3-34-26 11:00~20:00 火曜定休(祝日は翌日振替)
Facebookあり

今日のお昼は「たのしや」。誰かのブログで、移転時に姿を消した味噌が再登場していると知ったのでそれ狙い。11時半頃の店内は半分くらいの客入り。オーダーは迷わず「特製味噌テールラーメン」。説明によれば「テールスープをベースに韓国味噌と3種類の味噌をブレンド」「自家製の香り豊かな全粒粉入り中太縮れ麺」だそうで。ちなみに替玉も出来るが細麺になるみたい。
17052700.jpg 17052701.jpg
麺は中太縮れ、全粒粉はよくわからんかったがムッチリ感のある食感で普通にいい感じ。麺線ちょっと短めで食べやすい。スープはテールベースのピリ辛味噌、辛さはさほどでもないが食べ進めるほどに積み上がっていく。テール風味はちょっとわからんけど、ベースとしてしっかりしたボディを作ってくれてるんだろうな。味噌は甘さと塩気のバランスが良く、でも濃厚ではないので重さもなく、これは誰もが喜ぶ味かも。具はテール肉、チャーシュー、茹でモヤシ、ゴマ、ネギ。あと底に極細で数cm長の昆布が沈む。テール肉は相変わらず味が抜けた感じだが、味噌味を含むことでちょっと存在感が増している。チャーシューは小さめ厚めで2枚、味付け濃いめでホロリと崩れる軟らかさ。このチャーシューの存在と茹でモヤシのボリューム感があると、さほど値高とも感じないかも。最後はスープの大半まで完食。
まあ、テールラーメンとしてはデフォの方が美味いとは思うけど、これはこれで美味い。数人でこの店に来たなら、そのうち一人はコレを頼んでみるのもいいだろうな。一つ残念だったのは、チャーシューにスジがあるなと思って口から出したソレが、成形する時に使ったであろうタコ糸だった事。飲み込まなくて良かったぜ。次はデフォのテールラーメンに、チャーシュー載せるか検討してみようかな。

長浜将軍@長住 ~7種の冷やし麺が680円均一で~ 

冷やし拉麺 680円 ☆3.5
福岡市南区西長住1-8-36 11:00~24:00 不定休
HPあり

今日のお昼は「長浜将軍」長住店。こないだ通りがかった時に、夏メニューはじめてるの見かけてたんで。内容はこちら。
17052500.jpg
麺が7種、それと冷汁定食が680円均一。いろいろツッコみたくなる麺もあるが、とりあえず自分の一番の好みは「冷やし拉麺」かな。値段の割には見た目はちょいと寂しい気もするけど、冷やしラーメン自体がレアものだからまあいいか。後客が頼んだラーメンより遅れること数分、麺登場。
17052501.jpg 17052502.jpg
ありゃ、メニュー写真より豪勢じゃん。肉味噌、柑橘、キクラゲが増えてる。こりゃ嬉しい誤算。麺は細ストレート、ラー麦麺かな、ムチッとした食感がいい感じ。麺量も豚骨よりは多そう。スープは地鶏とあごだしベースだそうだが、そんなに強い味ではないな。冷たいのにとろみがついてるのがなんとも不思議な感じ。塩気も控えめで、油っ気は植物油かな、サラッとしてしつこくない。具は小さいけど厚みがある鶏チャーシュー3枚、茹でたモヤシとホウレンソウとキクラゲ、煮玉子1個分、レモンっぽい柑橘、そして地鶏肉味噌。この肉味噌が結構ハードに固められていて、ほぐして食べると想像以上に主張してくる味。ニンニクの風味が強いのかな、スープがあっさり気味なだけになおさら存在感が強い。最後はスープの大半まで完食。
いや、面白い味わいだった。特に麺と具が良かった。スープはもうちょいダシ感か塩気があれば良かったのかな。ともあれ、次はレアメニュー「冷製カレーちゃんぽん」を、福岡のカレー芸人ブロガーが来る前に狙ってみようかな。ふふふ。

ぷち麺にゅーす
博多区住吉5-18-7の「泰星ラーメン」が、「五右衛門釜仕込み とんこつラーメン GOJOH(ごじょう)」として、5月28日11:30リニューアルオープン。デフォの「五常ラーメン」は600円。オープン当日はチラシ持参で半額サービスあるみたいだけど、店頭でチラシ配ってくれるかな。