一光軒@相知 ~日曜定休となりました~ 

ラーメン 550円 ☆4.0
唐津市相知町町切904-1 11:30~19:00 日曜定休

今日は唐津方面に用件が。よっしゃ、あの店に行ける! とランチタイムに車を走らせ「一光軒」に向かう……うーむ、唐津市街から結構距離あるな。もっと近いと思っとった。外観はあえて「一竜軒」に似せてるんだろうな、でも内装はピッカピカ。カウンター2席を残し満席の賑わい。オーダーはデフォの「ラーメン」。提供時も会計時もお待たせしましたお待たせしましたと腰の低い店員さんたち、でもそんなに待たずに麺登場。
17052200.jpg 17052201.jpg
麺は中細、硬くも柔らかくもない程よい歯応え、麺量も豚骨にしては多めかな。スープは純豚骨かな、髄感とコラーゲン感が強めのストロング豚骨。ただ「一竜軒」で感じてた尖った刺激のようなものは感じず、むしろマイルドで柔らかい味わい。個性としては弱まったが、味の好みとしてはこっちの方が好きかも。具はペラいチャーシューが4枚、だがペラい割にはモッチリ感もあり、想像以上に上出来な食感。あとはネギと、口溶けのいい海苔。ラーメンの直前にレンゲと一緒に運ばれた紅ショウガをつまみつつ(豆はありません)、ズズッと麺完食。スープも8割くらいは。
「一竜軒」とはちょいと違う感じだけど、どうやらあえて違うラーメンを目指してるようで、そういった意味では狙い通りの味なんじゃないですかね。なお入口に営業時間と店休日の掲示があり、日曜定休に決まったようです。誰か食べログ書き換えといて(笑)。

ぷち麺にゅーす
中央区大名2-10-1に「立喰そば酒場 すじ一」が6月中旬オープン予定。酒場だけどランチタイムもやるみたい。
南区長丘5-16-4に「らーめん屋 鳳凜」長丘店が7月中旬オープン予定。長住の長浜将軍のトイメンらへんかな。
中央区長浜2-5-109……「名代ラーメン亭」の跡かな、そこに「長浜満月」って居酒屋ラーメン屋がオープン予定。屋台に似たような屋号の店があったような気が。ってツイートしてたらホニャララさんが「満月、屋台ありましたよ!」との事。
中央区大名1-8-25に大名店、中央区渡辺通5-24-30に天神南店、辛味噌タンメン専門店「タンメン笑盛(えもー)」が6月上旬、2店同時オープン予定。福岡にないジャンルの店だけど大丈夫かなー。
・以前何回か行って好きだった店、今はランチやめちゃった「大陸食堂 三千世界@早良区田村」が6月からランチ再開との事。きゃっっほーう!

一風堂 天神西通りスタンド@大名 ~コラボかくあるべし~ 

もぐ零ラーメン 820円 ☆4.0
福岡市中央区大名1-12-61-1F 11:00~翌1:30OS(金土・祝前日~翌2:30OS) 年末年始定休
HPあり

今日のお昼は「一風堂」西通りスタンド。先月から今月にかけての火曜日限定で提供されていたイベント麺「もぐ零ラーメン」の最終日に飛び込んでみた。実は以前「一風堂」で働いていたという「土竜が俺を呼んでいる」店主の権藤さんが「一風堂」とコラボ麺を数量限定で提供。そりゃ楽しみってモンですよ。
17051600.jpg 17051601.jpg
麺は細ストレート、博多スタンダードって感じで普通にいい感じ。麺量もいつもの一風堂よりは多かった気がする。スープはこの店限定で出している「一風堂零」をベースにしていて、豚骨風味は意外と軽やか。物足りないってわけではなく、背脂や油層は結構あるんだけど重さはほぼ感じない。ガチガチの濃厚豚骨じゃない分、味に余裕がある感じ。その余裕に、コラボ要素がガッツリ絡み合ってくる。和風ダシで炊いた大根、しっかり味のそぼろ、チャーシューの上に載った柚子クリーム、そして散らされたピンクペッパー、それぞれの個性が豚骨風味といい感じにマッチアップ。他の具も、チャーシュー、キクラゲ、ネギ、ゴマ、それぞれにちゃんと美味い。最後はそぼろの欠片も残さず完食。
それぞれの店のいいところがしっかり絡み合って新しい味を作る。まさにコラボかくあるべしって味でした。ご馳走様でした。こうなると、「もぐ俺」が新メニュー出してくれるかも気になるし、「一風堂」西通りスタンドが次にどんなコラボをやってくれるかも気になるね。

ぷち麺にゅーす
・コメントで頂いた情報(ありがとうございます~)。中央区平尾1-12-19に「うどん こまる」って店が数日前にオープンしたそうで。11:00~18:00、日曜定休(かも)。

ラーメン屋 游@荒江 ~柔麺普及委員会~ 

ラーメン+替玉 600+100円 ☆4.0
福岡市城南区荒江1-23-27 11:30~15:00&17:30~23:00 木曜定休
HPあり Twitterあり

今日のお昼は「ラーメン屋 游」。福岡の豚骨の中で、俺が自信を持ってオススメと断言できる店の一つである。オーダーはデフォの「ラーメン」。麺は柔麺で。自家製麺の店では積極的に柔麺オーダーする事にしているのだ。
17050903.jpg
新しくなったメニューは、ちゃんぽんがリスト落ちしてるな。まあまたいつか店主さんが作りたくなったらメニューに載るだろう。あと期間限定のつけ麺はまだまだ提供中。話題はご近所の、基準値の7倍のアルコールを摂取したドライバーが車で突っ込んで玄関を破壊された店の事。事故直後の話を聞いたり写真を見せてもらったり。
17050900.jpg 17050901.jpg
自家製の細麺はもっちりとしつつわずかに張りを残した歯ごたえで、スープの絡みが抜群にいい。豚骨スープは濃厚ながら尖ったところやざらついたところがなく、ミルキーでシルキーな口当たり。油っ気もキレイに溶け込んでいて、スープの全ての場所が同じ味であろうと思わせる。提供直前に切った具のチャーシューは場所によって5mm~1cmくらいの厚さ、ジューシーでモッチリとした食感なのだが、レアチャーシューに時々ある「なかなか噛み切れない」感じは皆無で歯切れが非常にいい。ゴマの香ばしさもいいし、白ネギは生のシャキシャキ感も悪くないがしばらくスープに沈めて甘さが増した感じの方が俺は好き。麺完食したら替玉オーダー、今度は硬麺で。
17050902.jpg
張りはあるが芯は残ってない、硬麺よりはちょい普通寄りの硬麺。タレを足してちょいと味に締まりを出しつつ、ズズッと完食。
考えてみたら「ラーメン」食べたのははじめてこの店に来た時以来。でも仕方ないだろ、定期的に新メニューどんどん出してくるこの店が悪いのだ(言いがかり)。次の新メニューは夏の冷やし麺っぽいがそれが出るより先に「醤油ラーメン」食べに来られたらいいなぁ。

ぷち麺にゅーす
・そういうわけで件の事故被害店「ラーメン力」福岡店ですが、今日保険屋さんといろいろやったそうで、営業再開は5月18日予定との事。
・ツイッターで見かけた情報。早良区昭代1-2-15に「舞鶴麺飯店」の姉妹店「西新麺飯店」が5月中旬オープン予定。
・Facebookで見かけた情報。博多区美野島3-5-20に「博多うどん処 泰吉(やすきち)」が5月15日オープン予定。博多うどんと鯛茶漬けの店でカウンター6席座敷12席、こども食堂としての活動も予定。
・Facebookで見かけた情報。「とら食堂福岡分店」で5月中旬から「夏季限定冷し中華」「焼き葱炙りロースつけ麺」提供予定。うわ、つけ麺。ヤバい予感。
・「ゆめタウン久留米」1階に、関東から関西に展開するチェーン店「極旨醤油ら~めん 一刻魁堂」が5月下旬オープン予定。「ロンフーダイニング」と入れ替わりかな。
・「リンガーハット」各店で「冷やしちゃんぽん」提供開始。白と赤の2種。

らーめん 神@有田 & 金久右衛門@梅田 

今日のお昼は「らーめん神」。福岡の豚骨の中で、俺が自信を持ってオススメと断言できる店の一つである。オーダーはデフォの「らーめん」。麺は柔麺で。自家製麺の店では積極的に柔麺オーダーする事にしているのだ。
17042900.jpg 17042901.jpg
麺は全粒粉が練りこまれた細麺、もっちりとした歯ごたえで、スープの絡みが抜群。製麺所製の麺だと腰砕けのヘニョヘニョになる事が多い柔麺だが、自家製麺の店だと絶妙のモチモチ感になる事が多い。なんでだろうな、一度調査してみようかな。スープはクリーミーだが重くない、力強い味わいの、多分純豚骨。臭みもなく、それでいて不足感は皆無。具のチャーシュー2枚は小さめだが厚みがあり、ホロホロに柔らかい。ズルズルと麺を食べきって、半分替玉「半玉」を、今度は硬麺でオーダー。
17042902.jpg
今日の硬麺はいつもに増して硬麺だなぁ。コリッとした歯ごたえはこれはこれとしていいのだが、スープとの絡みはイマイチなのは否めない。麺の歯ごたえを楽しみつつ、ズズッと完食。
この店の麺の実力があってこその柔麺の美味さとは思うが、今後とも柔麺の魅力を発信して行きたいなと思います。

らーめん 神
らーめん+半玉 550+50円 ☆4.0
福岡市早良区有田5-1-17 11:30~14:00(土日祝~15:00)&18:00~22:00(日祝~21:00) 月曜定休


午後からは明日のセミナーのため大阪に移動。到着後、オトモダチにオススメいただいた「ロックンビリーS1」に行ってみるも……
17042903.jpg
あれ、土曜だから夜営業あるはずだけど……あっ、しまった……そういや今日は祝日だ……orz
その後他の行きたい店に行くも大行列だらけ。そうだよな、祝日で土曜だもんな。俺の見込みが甘すぎた。一旦宿にチェックインし、改めて宿近くの店をチェックする……あ、この店があった。というわけで辿り着いたのが
17042904.jpg
「金久右衛門」梅田店。ビールと一緒にチャーシュー盛、510円。軽く炙った厚切り大振りホロホロチャーシューは言うに及ばず、温められた太メンマ、辛さも酸味も控えめの浅漬けキムチ、そしてたっぷりのネギ、この一皿にこの店の実力が詰まっている。
17042905.jpg 17042906.jpg
締めの麺は「なにわブラック」、お店オススメの太麺で。平打ちの太麺はムチっとした程よい歯ごたえ、平打ち独特の口当たりもいい。スープはベーススープに「貝の煮干し」などの風味が詰まった特製醤油ダレを溶いて食べる。溶く前にベーススープを味わうと、なんだか超アッサリ。塩気が皆無だからかな、とか考えてると店主さんが「タレを全部溶いてから食べて~な。素のスープだけ飲んだら人生に絶望するで」とかおっしゃる。だったら最初から混ぜて出してよと思わなくもないが、それがこの店のスタイルなんだろう。しっかり混ぜると……煮干しっぽい苦味や酸味も感じる複雑な味わい。うまみ一辺倒ではないのが面白いな。具は既に美味いとわかっているが、やはり美味い。最後はスープの大半まで完食。
あえて大阪ブラックを避けて選んだメニューはエラい玄人好みのメニューでした。そして店主さんの「大阪っぽいけど大阪過ぎない接客」もまた楽しい。また機会があれば興味津々だった「金しじみラーメン」試してみたいな。

金久右衛門 梅田店
なにわブラック 770円 ☆3.5
大阪市北区曽根崎1-2-20 11:00~翌3:00 日曜定休
HPあり

鷹味屋@博多駅南 ~博多風家系かな?~ 

鷹味屋ラーメン 650円 ☆3.0
福岡市博多区博多駅南6-14-39

今日のお昼は今年オープンの新店「鷹味屋」。駐車場は無いが、ここにある「シティパーク駅南6丁目」の駐車券を会計時に出せば駐車料金分の割引がある。他の人のブログで見た感じ、福岡にある家系の、中でも「一恭」に近い感じかなと見ての来店である。オーダーはメニュー筆頭の「鷹味屋ラーメン」。とんこつしょうゆとの事。
17042500.jpg 17042501.jpg
麺は細めの弱縮れ、硬さ普通で頼んだがちょいとモソッとした感じのある硬さ。どっちかというと正統博多ラーメンっぽい麺かな。スープはマイルドな豚骨醤油、あまり派手な味わいではなく、クリーミーでマイルドでしみじみと味わえるタイプ。豚骨臭さも無いし万人向けっぽい感じかな。具のチャーシュー1枚は大きさはそこそこだが厚みがあり、片面しっかり焼いてあって歯応え強め。他の具はキクラゲ、ウズラ煮玉子、口溶けのいい海苔、太ネギ。最後は麺の欠片まで完食。ちょっと千切れた麺が多かったかな。
正直、値段を考えるとちょいと物足りなさを感じなくもない。福岡の家系でもっとお手頃な店はあるからね。ただ、デフォのラーメンがコレだと、「鷹味屋ラーメンサラダ」とか「油そば」はどんなんが出るか結構気になる……次はどっちか頼んでみようかな……。