南京ラーメン黒門@若松区、もう一麺はナイショ 

ラーメン+バラ干し 600+150円 ☆4.5
北九州市若松区青葉台南3-1-5 11:00~16:00OS(売切次第閉店) 月曜&第4火曜定休(月曜祝日は翌日振替)

今日の麺ドラは北九州方面。先週インスタに「来来」上げた時についたコメントに「黒門」の話が載ってたんで、今週は「黒門」なのは当然の流れであろう。開店時間の11時に店に到着、ドア開けたら……既に満席。えー。仕方ない、外の椅子で待つ。噂にゃ聞いていたが奥の席がなくなってるな。カウンター10席とテーブル4席になってた。あと営業時間も短くなった様子。早売りのジャンプ読んでたら店員さんが呼びに来たので一番奥の席に座り、「ラーメン」をオーダー。店内眺めながら待ってたらなんか海苔も欲しくなり「バラ干し」を追加オーダー。
17091000.jpg 17091001.jpg
細ストレートの麺はちょい柔のしなやかな食感、透明感あるスープは静かに静かに煮出した豚骨の、コクと深みがジワリジワリと広がっていく。塩気控えめなんでキレはあまりないが、むしろキレなくていいやと思えるくらいの後味の深さ。具のチャーシューは、今日はちょっとイマイチかな。モモは硬めでバラは油っこい。ネギも量が少なくなったような気が。メンマとモヤシはいつも通り、いやいつもよりちょっと多めかも。
17091002.jpg
バラ干しは器ごと冷たいんで、冷蔵か冷凍で保存してるんだろうな。収穫から半年以上経ってるだろうから風味はちょい飛んでるけど、ザクッとした歯応えはいい感じだな。そして海苔を溶いてしまったので、スープまで完食するしかない。まあ海苔無くても完食してた可能性大だけど。
もはや粗探しするくらいしか記事の書きようがなくなってきてしまったなぁ。でもそれくらい安定した味を出し続けるってすごいことだと思う。人員不足で大変だろうけど、これからも頑張って下さいね~。

二麺目はつけ麺だったんだけど全略で。硬いだけの極太麺、濃厚なだけのつけ汁、取って付けたような魚粉。そんな感じ。頑張って完食はしましたよ。ほぼ。

ラーメン屋 游@荒江、そして昨夜の酒と麺 

醤油ラーメン 700円 ☆4.5
福岡市城南区荒江1-23-27 11:30~15:00&17:30~23:00 木曜定休
HPあり Twitterあり
※駐車場利用証明があれば100円キャッシュバックあります

今日のお昼は「游」。開店直後狙いで行ったんだけどいつもの駐車場が空いてなくて、他の駐車場入れて行ったら先客3組、後客もいっぱい。すっかり人気店である。今日のオーダーは一度しか頼んだことない「醤油ラーメン」。この店ってば期間限定麺がいつも魅力的なんでレギュラーメニュー頼む機会がなかなか無いんですよね。ちなみに今の期間限定は「冷やしラーメン」がまだ提供中でした。
17090900.jpg 17090901.jpg
麺は恐らく豚骨と共用の細ストレートの自家製麺、ちょい柔のムッチリめの茹で加減で、俺的にはすっげぇ好みなタイプ。スープは豚骨清湯ベースに魚介のオイルって印象。おだやかなベースの上にガツンと魚介が利いていて、塩気薄めなのに実に力強く、味に締まりもある。食べ進めるにつれオイルが薄まって、徐々に穏やかな味わいに変化していく感じ。具はレアチャーシュー1枚、半熟煮玉子、白ネギ、海苔、タマネギみじん切り。チャーシューは相変わらずのジューシームッチリでセクシーな感じ、煮玉子も温められてて美味しい。タマネギも存在感がある。最後はスープの大半まで完食。
以前とどう変わったかはわからないのに「以前より美味しい」と感じる、そんな完成度の高い一杯でした。次は「豚そば」か「醤油豚骨」かな、レギュラー入りしてからどっちも食べた事無いからなぁ。楽しみやで。

ところで昨夜の話さ。
続きを読む

一龍@春日 ~方向性変わったかな~ 

白とんこつ+替玉 550+100円 ☆3.5
春日市岡本1-5 11:30~15:00(土曜~16:00) 日祝定休

17090700.jpg 17090701.jpg
取引先に書類届けて、この辺でトンちゃん入れていこうと思い、思い出したのが5年ぶりの「一龍」。同郷の友人が客に来てるようで、店主さんはおしゃべりに花を咲かせている。そんな中届いた一杯。麺は自家製の細ストレート、加水率高めっぽくプツッと歯切れがいい食感。しまったな、柔麺にすればもっと良かったかもと少々後悔。スープは……あれ、以前は油が溶け込んだクリーミーなタイプだったかと思ったが、今日のは結構油も背脂も浮いてるな。なのでガツンと来るストロングタイプの味わい。油を除いて下のスープだけ味わうと……ああ、この味だ、まろやかで力強い以前の味だ。具はチャーシュー1枚、キクラゲとネギ。これも以前と比べると寂しくなったな。チャーシューは相変わらず美味しいけど。
17090702.jpg
とか思いつつ、替玉を柔麺でオーダー。2倍くらいの時間茹でてたかな、モッチリ感が出つつそれでも張りがある食感。これならバリ柔もいけそう。最後は麺の欠片まで完食。
まあ5年もすれば味も変わるか。俺としては以前の方が好みだったんでちょいと残念ではあるが。次は多分まだ頼んだことない「黒とんこつ」行ってみようかな。

来来@飯塚 & うどん 定食 はちや@田川 

今日の麺ドラは飯塚。最初の目的店は11時オープン、開店と同時に飛び込もうと思っていたのだが、八木山バイパスを抜けたのが10時35分。こりゃワンチャンあるかも、と無理を承知で「来来」の前に行ってみると……
17090300.jpg
「営業中」の札がかかってる! しかも店外に待ち無し! こりゃ俺の日頃の行いが良かったか! 急いでここにある駐車場(詳細はこちらのブログ参照)に車を入れて店へ。よし、先客4人で席も空いてる! 店主さんに「いらっしゃいませ……あ、お久しぶりですね~!」なんて声かけられたりして。「中華そば」を並でオーダー。待ってる間もオススメの店の話とか製麺所の話とかお話しさせていただく。
17090301.jpg 17090302.jpg
前回来たのは……わ、1年半前か。その時はネギは無かったがメンマがあった。今日の具はチャーシュー4枚のみである。麺は細ストレート、ちょい柔めの茹で加減はソフトな食感で、スープとしっかり馴染む感じ。スープは豚骨清湯、深い美味さがありつつ不足感がなく、塩気は控えめだが味に締まりはあり、油っ気も程よくしかも重くない。何度味わっても「前回より美味しい」と感じるマジック。チャーシューはバラ2枚モモ2枚、特に厚みがあるバラ肉のジューシーさと味付け加減がいい。スープは残そうと思いつつも、結局スープの大半まで完食。
今日までに何度、店頭まで来たのにもう終わってたor大行列だったって日があっただろうか。でもそれを乗り越えて味わった麺はやはり極上でした。なお、開店時間がやたらと早くなってたって噂を見たことがあったんですが、今日の店内にこんな掲示が。
17090303.jpg
というわけで、以前よりは急ぎすぎなくても食べられるようです。ご参考までに。

来来
中華そば 600円 ☆4.5
飯塚市片島1-3-38 10:15頃~


二麺目は田川の山奥にある「はちや」へ。飯塚からだと、昔は嘉麻市経由でしか行けないかと思ってたけど、ナビ使ったら筑豊烏尾トンネル経由の方が早いと判明。というわけで寄り道しつつも正午前には到着。さてオーダーだが、頼みたいメニューが多過ぎて、ツイッターでご投票を募ったところ、一票差で「ラーメン」が勝利。というわけで「ラーメン」をオーダー。次点の「鶏なんばん」は次回に回そう。
17090304.jpg 17090305.jpg
麺は細ストレート、硬麺ではないが張りが強い、ちょいと乾麺っぽい食感。スープは鶏ガラベースかな、醤油の風味はさほど強くなく油っ気も弱め。優しい味わいの中に微かにコショウが利いていて、そこはかとなく京風な味わい。具はチャーシュー、茹でモヤシ、ネギ。チャーシューは小さめ薄めだが悪くない。この店のメニューでチャーシュー使うのはラーメンだけのはずなんで、よくぞちゃんと用意してくれましたねって感じ。ネギは今日はイカダが多いな。包丁の切れ味が悪かったかな。最後はスープの半分くらいまで完食。
まあ、うどん屋が出すラーメンとしては面白い一杯だったんだけど、正直申しますれば「カレーラーメン」の方が好みでした。次は涼しいor寒い時期に「鶏なんばん」を是非に。

うどん 定食 はちや
ラーメン 550円 ☆3.5
田川市猪国1218-1 11:00~19:30 月曜定休


ぷち麺にゅーす
糟屋郡志免町南里2-18-8、マンション1階の飲食店街に「らぁめん一咲」って店が最近オープンしたっぽい感じ。検索してみたら、どうやら香椎参道口交差点のヤマダ電機地下にあるフードコートにあった同名店の移転オープンっぽい感じ。
・イベント情報。10月いっぱい、「筑後製麺所たべめぐり」。城島町の「田中の麺家」、浮羽町の「麺屋こばやし」、吉井町の「栗木商店 ちくご手づくり村」の3店舗が参加、スタンプラリーもアリ。一日で3店巡ってみようかとか思っちゃったりして。
・開店日情報。宗像市野坂2655-1、飯塚に店を構える「辰寅」の宗像店が、9月5日オープン予定

油山とんこつ研究所 くまちゃんラーメン@神松寺 ~あっさりという表現は正しいか~ 

あっさりラーメン+半替玉 550+60円 ☆4.0
福岡市城南区神松寺1-22-19 11:00~21:00 火曜定休
Facebookあり

今日のお昼は「くまちゃんラーメン」。開店15分後で先客2組後客3組。店のFacebook見てたら昨日付の記事で「あっさりラーメンが人気すぎます」ってあったんで、それ狙い。店の壁に貼られたメニューには「水曜16時以降オーダー可能」みたいに書かれてたんで、ありゃ曜日限定メニューだったかなと思いつつ、一応出来ますかと聞いてみたら出来ますとのお返事。あぁ良かった。じゃあそれで。ちょっとだけ厨房見てたら、2つあるスープ鍋のうち片方から、少しずつ丁寧に一杯分の量を手鍋に移している感じ。ちょい待って麺登場。
17081700.jpg 17081701.jpg
麺は慶史謹製の細麺、ちょい硬めだが茹で足りない感じではなく、ハードなムッチリ感を内包した歯切れのいい麺。スープは……確かにこってりではないな。だがあっさりでもない気が。軽やかながらしっかりとした豚骨のコクがあり、それに負けないくらい醤油ダレの味が利いている。今風の作りではあるが、どこか懐かしさも感じる味わい。ネオクラシックとでも言おうか。具はチャーシュー2枚とネギのみと潔い。チャーシューはデフォとは違い炙りを入れておらず、ホロリと柔らかく味付けも濃すぎず薄すぎず。厚みとサイズ感もいい感じ。啜ってるうちに、このスープを一杯分の麺で終わらせるのはもったいなく感じ、半替玉を、柔麺でオーダー。
17081702.jpg
替玉は丼から店員さんがダイレクトに入れてくれる。タレやネギの追加は特になし。想像通り、いい具合にモッチリ感が増した麺は、デフォの硬さよりさらにスープの絡みがいい。次は最初から柔麺でいいなとか思いつつ、ズズッと完食。
元々リニューアル前は魚介豚骨とかも出してたんで、出せる味の幅は広いんでしょうね。デフォのラーメンとこのあっさりの対比は、家族連れとかには嬉しいんじゃないでしょうか。まだまだ懐は深そうなんで、今後の新メニューにも期待ですよ。あーでも次はミニチャーシュー丼セット食べてみたいかも。マヨかかってて美味そうだったなぁ。