金田家@下川端町 ~トンちゃんお久しぶり~ 

黒豚らーめん 650円 ☆4.0
福岡市博多区下川端町10-4 11:00~15:00&18:00~24:00 不定休

ふと気づけば20日ばかり豚骨食べてない。専門用語で言うところの「トンちゃんしばらく入れてない」である。だったらスペシャルなトンちゃん狙おうと、今日のお昼は「金田家」。ラースタ店以来かな。今年4月のオープンだからまだまだ店内は真新しい。券売機でデフォの「黒豚らーめん」の食券を購入。麺の硬さは柔麺でお願いする。
17111600.jpg 17111601.jpg
麺は細ストレート、柔麺だが弱くはなく、いい具合にモッチリ感と張りが両立している。泡立つスープは臭みはないが、油も髄もなんもかんも煮込んだかのような濃厚さ、だが元ダレの利きがいいのか、これだけドッシリとしていながら後味は重くない。ラースタ時代より調理設備がいいのかな、行橋の本店に近づいてる気がする。具はバラ肉チャーシューが3枚、しっかり歯ごたえがあり味付けも強め。他に口溶けのいい大判の海苔、たっぷりのキクラゲ、青ネギ。麺量は多くはないかな、最後はキクラゲの欠片まで残さず完食。危うくスープまで完食するところだったぜ。
いやぁ、これだけ濃厚なのにイヤな部分がない、流石の出来でした。具もいいんだけど、ちょっちゅ言うとチャーシューがちょい硬かったかな。18~20時にはハイボールとおつまみのセットがお得になってるんで、それ狙いでまた来てみたいかも。

ぷち麺にゅーす
春日市上白水1311-32にタイ料理レストラン「クムパヤー」が今年9月にオープンしたみたい。ランチもやってそうな感じ。
博多区綱場町8-25の「炭焼旬彩 鶏永」が月火木金のランチタイムに「博多水炊きラーメン」出してるみたい。
17111602.jpg

入船食堂@住吉 ~なんと十周年~ 

らーめん+替え玉 550+100円 ☆4.0
福岡市博多区住吉4-15-6 11:30~14:45OS&18:30~21:45OS 日曜祝日定休

本日午前11時半ちょっと前、博多駅近く。「入船食堂」近くを通りがかったら、ちょうど店主さんが店をオープンするところを見かける。いい偶然だな、と近くのコインパークに車を入れてお店に向かう。いつも客が多い店なんで、店主さんと話をするのも久しぶりな気がする。そういえば十周年だそうで。そっか、はじめてこの店に来た時からそんなに経つのか。あの頃はまだ壁に定食メニューが貼ってあったよな。最近の福岡の家系ラーメンの話なんてしつつ麺を待つ。神奈川出身の店主さんは、今年の日本シリーズを楽しみにしておられるようで。
17102600.jpg 17102601.jpg
オーダーは「らーめん」太麺、替え玉を想定して油多めで。太麺とは言っても割とモッチリ気味でちょい柔め、噛み応えはあるが噛み疲れがない。縮れ麺より好みかも。スープは豚骨醤油、店主さんは以前「家系というよりは家風ですね」と言っておられたんで、福岡に来て相当のアレンジをしてるんだろうな。力強くもマイルドな豚骨をベースにキリッと利いた醤油ダレのコク、そしてたっぷりめの鶏油が麺にしっかり絡みつく。ちょっと塩気が足りんかも。具は提供直前に切るチャーシュー、ウズラ卵、ミズナ、海苔、ネギ。まあ何と言っても、肩ロースっぽいチャーシューが美味いのが嬉しい。麺だけ食べ終えるちょっと前に「替え玉」オーダー、硬さは普通で。ちなみに麺が3種あるこの店だが、替え玉は細麺のみである。
17102602.jpg
替え玉にはネギちょっとと、タレが絡めてある。このタレがいい感じに塩気を補ってくれる。細麺はちょい加水高めかな、この細さで意外とムッチリ感も感じられる、俺好みなタイプ。もちろんスープの絡みも抜群。最後は麺の欠片も残さず完食。
すっかり博多に定着した、家系ならぬ家風の一杯。十周年おめでとうございます。また近いウチに来てみたいなぁ。次は何がいいかな、昼に来たら「つけめん」を、夜だったら「肉×肉あぶらそば」でビールとかいいんじゃないっすかね!

ぷち麺にゅーす
熊本市中央区大江5-8-13、味噌天神近くに「麺屋 手前味噌」って味噌ラーメンの店が11月中旬オープン予定。

博多ファーマーズマーケットと麺二杯 

17101500.jpg
さて日曜は朝から博多駅前に集合。「博多ファーマーズマーケット」、11月のテーマは「収穫祭」。自分も参加している「野菜ソムリエコミュニティ福岡」では、春に苗を植えた落花生やカボチャなどをはじめとして、仲間たちで育てた新鮮野菜を用意して参加しました。隣に「三連水車の里あさくら」、裏に「JA糸島 伊都菜彩」というなかなか笑える立地の中、頑張ってお野菜売りましたよ。喉を潰す手前まで声出して(途中で腹式呼吸を思い出して難を逃れました)、たくさんお野菜をお買い上げいただきました。俺のブログとかTwitterとか見て来て下さった方もおられたのかな。どうも、ありがとうございました。
17101501.jpg 17101502.jpg
ところで13時半過ぎ、一段落ついたあたりでお昼休み。「因幡うどん」博多1番街店では福岡空港店限定で出してる「スパイシーカレーうどん」を、しかも白ごはん付きで出してるとどっかで聞きまして、行ってみました。期間限定、10月末までの提供。麺は例によって例の如くやわやわの博多うどん。スープはうどんだしをベースに、金沢カレーの元祖「チャンピオンカレー」のカレールーを使ってるそうで。まあ確かに、普通のカレーうどんと比べるとスパイシー感が強い。でも辛いってわけじゃないんだな。香り高い感じ。具は鶏肉、半熟卵、きつね。このきつねが甘口でなかなか面白い存在感。鶏肉はもうちょい量が欲しかったかな。最後は白ごはんにスープをかけて食べる。スープを足していくと、ほぼほぼスープまで完食。老舗の創作メニュー、面白い味わいでした。

因幡うどん 博多一番街店
スパイシーカレーうどん 680円 ☆3.5
福岡市博多区博多駅中央街1-1-B1F 博多1番街 8:00~22:30OS 無休


さて「博多ファーマーズマーケット」は19時にて終了。終盤の割引セールもあって、八割以上は売れたかな。皆様お疲れ様でした。そして撤収作業などが全て終了したのは20時半頃。最後まで残った人たちに挨拶して別れ、とりあえず一杯飲んで帰ろうと「博多めん街道」へ。選んだ店は「博多新風」。
17101503.jpg
餃子が売り切れていたのは予想外だったが、焼豚盛り合わせで瓶ビールを2本流し込む。流石のチャーシューの美味さよな。そして〆は「白豚骨」、麺は柔麺で。
17101504.jpg 17101505.jpg
自家製麺は細ストレート、柔麺にしてもモッチリ感と麺の張りを併せ持つ絶妙の食感。スープは純豚骨かな、油っ気もしっかり溶け込んだとろみのある濃厚さ、でも臭みは感じない。塩気も控えめだが後味は重くない。濃厚豚骨好きにも、しつこいのが苦手な女性にも、口に合いそうな味わい。具はチャーシュー3枚、キクラゲ、青ネギ。チャーシューは豚とろっぽい部位で歯応え強め、味付け控えめ。たっぷりめのキクラゲも嬉しい。最後は麺の欠片まで完食。
正直、「博多めん街道」に入ってる有名店に比べて客が少ないのが理解出来ないほどの味の完成度の高さ。もっと売れてもいいと思うんだけどな。ちなみにグラスビールは淡麗だそうなので、瓶ビール(ラガーかスーパードライからチョイス)がオススメです(笑)。

博多新風 博多デイトス店
白豚骨 680円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅中央街1-1-2F 博多めん街道 10:30~22:00OS 無休

ザ・ナガハマラーメン@大橋 ~元祖度まずまず~ 

ラーメン 550円 ☆3.0
福岡市南区大橋1-16-17-1F 11:00~21:00 日曜定休

17101000.jpg 17101001.jpg
今日のお昼は9月オープンの新店「ザ・ナガハマラーメン」。オーダーはデフォの「ラーメン」を柔麺で。細ストレート麺はしっかり火が通ってもなおしっかりとした歯応えが残る。これならバリ柔でもいいかも。スープは……ちょっと力が弱い時の元祖っぽい味かな。タレの色が濃いめだけど塩気は抑えめだし。というわけで小さなヤカンに入ったタレをちょいと足してみると……おおっ、元祖度が増した感じ。具はネギと肉のみ。肉はかなりボロボロな感じが元祖っぽいが、量がちょいと少ないかな。逆に麺は元祖と同じく量が多めのようで、半替玉と魚粉でも頼もうかと思っていたがそこまで至らず。
最近何故か増えつつある「元祖系」の中では、ちょいと味は弱めかとは思うが(ブレなのかも。だとしたらそこもまた元祖っぽい)、魚粉や味噌など派生メニューが面白そう。次は最初から魚粉追加してみようかな。

ぷち麺にゅーす
・「ラーメン海鳴」が福岡空港国内線ターミナル3階のラーメン滑走路に新店をオープン予定。新メニューも出す予定みたい。開店予定日は11月21日との事。となるとラーメン滑走路グランドオープンもその日になるのかな?

竜里@唐津 ~あの店の遺伝子~ 

ラーメン 550円 ☆4.0
唐津市菜畑4070-2 11:30~ 日曜定休

17092100.jpg
今日のお昼は「一竜軒」跡にオープンした「竜里」。駐車場は店頭に2,3台、あとちょっと離れた高架下に4台。隣の売地に駐めちゃダメですよ。そこに駐めて、駐車場の張り紙を確認して、そのまま店に入っていったヤツがいたのにはホントに驚いた。人として大事な何かをどこかに捨ててきたんだろうな。まあ馬鹿の話はいいや。開店直後ながら卓は埋まっていて相席となる。オーダーは「ラーメン」。セルフの水と炒り豆を取ってきて(紅ショウガは辞退)殻を剥きつつポリポリかじる。オレの前の客と右の客は殻ごと食べている。もしかして殻剥く方が少数派なのか……。
17092101.jpg 17092102.jpg
スープたっぷりが嬉しいね。麺は中細ストレート、茹で加減も丁度いいが、気持ち柔めの方が俺好みかも。スープは力強い純豚骨、油っ気程よく塩気強めで、髄をしっかり絞り出したような濃厚さ。その割りにはスープは滑らかで後味も重くない。「一竜軒」で感じてたコショウのようなピリッとした刺激もここでは感じず。力強くも味のバランスがいい感じ。具はチャーシューが2……いや3……モモ肉かと思うが意外とモッチリしていて肉の味が濃い。他には海苔とネギ、いずれも普通にいい感じ。最後に千切れた麺が少々あったのが惜しい。その麺の欠片までしっかり完食。
「一竜軒」をベースにしつつ、ちゃんとこの店の味になっている、って感じかな。一度しか食べた事無いから大きな事は言えないけど。また平日に唐津に来れるチャンスがあったら来てみたいね。
17092103.jpg
おや、こんなところに「一竜軒」の遺産が。