手打ちうどん 円清@舞鶴 ~埼玉の雄が福岡へ~ 

肉汁ざるうどん 700円 ☆4.5
福岡市中央区舞鶴2-7-1 11:00~14:30&17:00~20:00

店を知ったきっかけはへのさんのインスタと、ほぼ時を同じくした井上こんさんのツイートだった。埼玉で名高いうどん店であった「如水」が去年末にて閉店、屋号を「円清」と改めて福岡に昨日オープン。黒田官兵衛の法名が「如水円清」であり、そんな名の店が福岡に出来たというのも面白いな。さて11時半頃の訪問で先客は4人(うち2人はこちら)、後客も4人。メニューはこちら。
18042102.jpg 18042103.jpg
一番下の「メニューは少しずつ増やしていきます」って言葉が心強いね。さて何を頼もうかと少々迷い、「肉汁ざるうどん」をオーダー。待ってる間厨房眺めてたら気になる光景が。タイマーが鳴ってもうどんを揚げず、数本取って手で感触を確かめて、また釜に戻して1,2分茹でてから引き上げて氷水で締めていた。タイマーはあくまで目安、ってあたりに職人の技を見た気がした。
18042100.jpg 18042101.jpg
エッジが立った麺は太からず細からず、ただ一本一本がかなり長め。1m弱あったかなってくらい。締め具合はほんのり冷たいくらい。歯応えは表層は滑らかでソフトで、噛みしめるほどにムッチリ感が増していき、最後はプツッと心地よい歯切れ。ソフト寄りの讃岐よりもうちょい優しい感じ。そして噛みしめれば小麦の甘さがしっかり感じられる。卓上に塩があったんでちょいと麺に振って食べてみたが、そういう食べ方にも耐えうる麺。福岡でこんな麺は久しぶりかも。つけ汁は炒めた豚肉とタマネギを煮干しダシで煮て白ネギをトッピングかな。関東風の味付けで、甘さ控えめでちょっと焦がしっぽい香ばしさもあるかな。ドライな風味が麺の甘さをさらに引き立てる。具の量も程よく、タマネギは歯応えも残ってたし、ただ俺的には豚肉はもうちょい脂身が多いと嬉しいかな。麺完食後は奥の白い徳利に入ったショウガ湯をつけ汁に入れて蕎麦湯感覚で頂く。醤油の強さが落ち着いて、煮干しダシとショウガの爽快感を楽しめる。
福岡にまた新しいルーツのうどん店が来てくれたのは嬉しい限り。こちらのダシは鰹節や昆布を使わず煮干しのみらしいので、例えば冷かけうどんとか期待したいな。ブログ書きながら、次は何がいいかな、「とり天釜揚げ」かな「イリコ出汁のあさり」かな、意外と「円清のカレー」もいいかな、とか考えてます。よし今決めた、「イリコ出汁のあさり」だ。楽しみだぜ。

ぷち麺にゅーす
博多区吉塚1-22-34の「中華料理 旬」の前を久しぶりに通りがかったらランチメニューが結構新しくなってた。「旬式担仔麺」が気になる!
18042104.jpg

博多やりうどん@イオンモール香椎浜 ~いつの間にやらやりになってた~ 

白カレーうどん 690円 ☆4.0
福岡市東区香椎浜3-12-1 イオンモール香椎浜2階フードコート 10:00~22:00

今日のお昼はイオンモール香椎浜。東筑軒のかしわめしを売ってると知って来てみたのだが、13時過ぎだと既に売り切れていたっぽい感じ、やっぱテレビの力はすごいねぇ。というわけで気を取り直してお昼、フードコートのうどん屋が去年12月にリニューアルして「博多やりうどん」になっていた。メニューを見ると、かしわおにぎり1個ついた平日限定ワンコインランチも魅力的なのだが、ここは見た目のインパクトを取って「白カレーうどん」でしょう。支払い済ませてしばらく待って、呼び出し機がピーピー鳴ったんで取りに行くよ。
18041300.jpg 18041301.jpg
見た目のインパクト抜群でしょ。まさかデザートかって感じで表面を覆っているのは、マッシュポテトと生クリームのホイップ。真ん中にブラックペッパーがちょこん。そしてその下から引きずり出されたのは中太のうどん。多分冷凍麺かな、ムッチリ食感がいい感じ。それに絡まるのは和風ダシベースのカレースープ、辛味はそこそこだがスパイスが利いた感じでしっかり美味い。具は鶏モモ肉、青ネギ、タマネギが結構な量入っていた。そこに結構イモの風味が利いたホイップが絡み、マイルドさとコクがカレーの味に重なってくる。いや、コレはイロモノではなくちゃんと美味しいぞ。最後はすめまで残さず完食。
面白くかつ美味い、個性爆発の素晴らしい一杯でした。今後のやりうどんの限定麺にも目を光らせておかねば!

うどん 高浜や@田隈 ~裏打会の最新店ですよ~ 

めんたいぶっかけ 650円 ☆4.0
福岡市早良区田隈2-33-11 11:00~15:30&17:30~21:00 4月は無休

今日のお昼は今月オープンの新店「高浜や」。看板の横には燦然と「豊前裏打会」の文字が輝く。11時半の入店で先客1人、後客いっぱい。店は右手に厨房とカウンター7席、左手に4人掛けのテーブル2つと6人掛けくらいの大テーブル。店に入ってすぐ右手に券売機がある。メニューはこんな感じ。
18041002.jpg
「揚げなすとひき肉ぶっかけ」や「ごぼう丼」があるあたりからして、「うどん和助」の出身かな(後日追記:店長さんは「うどん和助」で10年働かれておられたそうですよ)。そして「めんたい」メニューが3つもあるのがちょっと特徴的。「めんたいうどん」はちょっと怖いんで「めんたいぶっかけ」を冷でお願いする。
18041003.jpg
卓上調味料は絞り込んで2本だけ。まあ俺は怖くて使わんけどね。待ってる間に店員さんの声が聞こえたんだけど、ごぼううどん頼んだら「うどんの上に載せるか別皿で出すか」を毎回客に聞いてるみたい。ちょっとしたサービスだけど嬉しいサービスやね。ちょい待って麺登場。
18041000.jpg 18041001.jpg
わぁお、おろしぶっかけの大根の代わりに明太子が載った感じかな。なので明太子は結構量がある。しっかり混ぜて、つゆをかけて、さあいただきます。エッジの立った麺は細麺、シュルッと滑る口当たりとムッチリムチムチな歯応えは流石の裏打会クオリティ。締め方も冷たいが冷たすぎず、麺線も整った感じ。つゆはそれだけ味わえばちょいと甘め、だが明太子やショウガと合わさると甘辛ちょうど良く、それがまた麺の美味さを引き立てる。鰹節や糸海苔は他店よりちょっと少なめかな(他店が載せすぎ説もあり)。終盤になるにつれ明太子の味が強くなっていく。最後は具の欠片までほぼ完食。
流石の美味さでございました。ただちょっちゅ言うと、麺が滑らかで、しかもぶっかけスタイルなんで、明太子があまり麺に絡んでこない。割と麺で掬い取るように食べましたけど。まあ構造上しゃあないかな、絡み重視なら「めんたい釜玉うどん」がベストかな。ともあれ、早良区南部に裏打会が初出店、今後の商売繁盛をご祈念致します。次は何にしようかな、久しぶりにごぼう天に挑戦してみようかな。

かねいしうどん@博多駅東、あと夜の話 

和風カレーうどん 550円 ☆3.5
福岡市博多区博多駅東3-9-20 日曜定休

18040500.jpg 18040501.jpg
今日のお昼は「かねいし」。オーダーは「和風カレーうどん」。ちょいと待って麺登場。太めのうどんは正統博多うどん、あんかけのせいか麺が絡んでるせいか、持ち上げればプツリと切れる柔らかさ。とはいえ腰砕けではなく、芯には滑らかなモッチリ感も感じられる。すめは和風だしベースにカレールーとカレー粉で味を調えて片栗粉であんかけ、かな。肉やジャガイモ、ニンジンなど砕けた具材もたっぷり。辛さはさほどでもないがスパイスがきっちり利いてる感じ。そしてレンゲではなくスプーンがついてくるのもなんとなく味があっていいね。最後はすめまで完食。
いかにもうどん屋のカレーうどんって感じでいいね。次は夏に冷たいうどんでも食べてみようかな。

ぷち麺にゅーす・ランチ終了編
・つい先日書いた「飯ト酒 梔@草香江」、4月からランチ営業を休止、夜営業に集中するとの事。ラーメンは夜にも食べられるそうですよ。

そして夜は飲みに行ったのさ。
続きを読む

丸亀製麺@賀茂 ~冬に間に合った~ 

鴨ねぎうどん(並) 640円 ☆4.0
福岡市早良区賀茂4-38-15 11:00~21:30OS(土日祝10:00~22:00OS)
HPあり

18031500.jpg 18031501.jpg
そういや今年は食べてなかったなと、冬が終わる前に急いで「丸亀製麺」賀茂店へ。そろそろ「春のあさりうどん」に置き換わってるかなと心配だったが(まあそれはそれでネタになるし)、まだ置いてましたよ「鴨ねぎうどん」。いろいろあってちょいと調理場で時間かかったけど無事に麺をいただく。エッジが立った太麺はそれでもまだ硬めの歯応えが残っていて、しっかり味のすめや具とよく合う。すめは鴨や焼いたネギを煮たちょい甘めの味具合で、鴨の油が浮かんでコクもある。具の鴨肉は大きめが5,6枚と小さいのがいくつか、これがびっくりするほど柔らかくてジューシー。フライパンで焼き目を付けたネギはこれまた芯まで軟らかく甘い。トッピングの三つ葉と柚子皮もいいアクセント。最後はすめの半分くらいまで完食。
このレベルの味がこの値段で味わえる事に感謝しきり(産地とか企業努力とかいろいろあるのだろう)。レジでうどん50円引きクーポンももらったんで、次は「春のあさりうどん」ですな。これは天ぷらよりも白飯と合わせたいな。最後は深川飯風で。