うどん 和助@鳥飼 ~重箱の隅をつつくしかない~ 

具だくさん 550円 ☆4.5
福岡市城南区鳥飼5-2-54

昨日、メールフォームから情報をいただきました。その方、昨日の「和助」のプレオープンに一番乗りされたそうで。感想も書かれてたんで、味の部分だけちょい転載させていただきますと、
「私は『やさい天ぶっかけ」650円、息子は「海老天うどん」550円を注文しましたが、麺は大地より腰が強くて、白い印象でしたがおいしかったですよ。
天ぷらもさくさくでおいしかったです。」
との事。おお、期待出来そうじゃないですか。他にも、今日明日もプレオープンやってるとか、丼やセットは月曜の本オープンから提供とかの情報もいただきまして。ワクワクしてたところに、今日ちょいとランチタイムに時間が出来たんで行ってみる事に。
13時過ぎの店内、カウンター8席くらいにテーブル3卓だったっけな。先客2組後客2組。プレオープンの情報はほとんど流れてないから、こんなモンかなぁ。メニューはほぼ裏打会のデフォ、「釜たま」があるのが特徴的か。温か冷か迷ったが、天ぷらの出来に興味があったんで「具だくさん」をチョイス。お冷やはセルフ、店に入って正面にあるんだけど、ちょいわかりづらいかなぁ。注文が入ってから茹ではじめるようで、ちょい待たされてうどん登場。
08122000.jpg
08122001.jpg
裏打会らしい細めのうどん、口にするとングニュゥ~とかなりいい感じの腰。それもただハードなだけではなく、温うどんらしい優しい歯ごたえも同居した、正直驚きの食感。今まで食べた裏打会のうどんの中でもトップクラスかも。すめは昆布中心か、薄味ながら不足感はない。華やかさよりも優しさが感じられる飽きの来ない味。トッピングや薬味でいろいろ化けてくれそうかも。具の中で特筆すべきはやはり天ぷらか。えび天に小さめのごぼう天、水面上の部分はまさにサクサクで油ぎれも良く、火の通り具合もいい感じ。すめに浸っている部分は味を吸い込みやや軟らかくなりつつも、その内側にサクッとした歯ごたえが残っている。これは温うどんに載せる天ぷらとしては、ある意味理想的な揚げ具合ではなかろうか。他の具も、ワカメはたっぷり入っていてシャキシャキの歯ごたえ、油揚げは……あれ、味付けが甘めだな。これはちょい俺の好みじゃないかも。カマボコは可もなく不可もなく。食べ進めても麺の歯ごたえは衰えることなく、最後まで美味しく完食。
「大地のうどん」よりやや値は張るも、高いとは感じさせない実力。本オープン後に客が増えてもこの味や食感がキープできるなら、これは凄い事になるかも。ただ一応、難癖はつけとくよ(難癖かよ)。バイトのオペレーションがまだ良くない。「ありがとうございます」「失礼しました」は基本ですぜ。あと、ワカメの中に明らかに色が悪いのがちょっと混じってた。あと、裏打会の他店に比べるとちょいネギが少ない(まさに難癖!)。ともあれ基本的なレベルはかなり高いと思うんで、今後も味がブレない事を祈りつつ、期待しております。次は冷たいうどんを是非。
08122002.jpg
ちなみにこちらがメニュー伝票ね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/952-291bf8d7