FC2ブログ

めんどう屋@福岡県庁 ~甘い一日~ 

けんしょくラーメン 450円 ☆3.0
博多区東公園7-7 福岡県庁地下1階

今日は東の方で用件あり。ならば早めに動くに限る。まずは東公園内の十日恵比須神社を詣でる。手水所や本殿に参拝のマナーの張り紙があるので安心である。二拝二拍手一拝くらいは覚えてるけど、手水の左右順とか忘れがちやしなぁ。事実、昼にやったはずなのにもう忘れてるし。その後社務所で毎月十日にやってる「伊勢うどんお振る舞い」を頂戴する。
20071210230001.jpg
温かいうどんにかけられた醤油が個性的。甘いのだが、九州の醤油の甘さともまた違う。とろみはあるが粘り気はなく、甘さに芯がある、甘露という名がよく合う味。これが極太の軟らかいうどん(博多うどん以上に、軟らかさにムラがなくてフワフワ)、そしてフレッシュな青ネギとよくマッチしている。伊勢うどん食べたのははじめてだけど、こりゃ面白いなぁ。意外と好みやわ。ちなみに参拝客への振る舞いなので「来てうどんだけ喰って帰る」なんて事はありませんように。

さて続けて福岡県庁地下の県庁食堂へ。先にレジで食券を買って食べ物毎の窓口で受け取るシステムだが、各窓口ごとに凝った看板を出しており、その見た目はさながら屋台村の如し。俺が向かった窓口は「ラーメン めんどう屋」、注文はけんしょくラーメン。県庁食堂ラーメンの略なんだろうな。ちなみに他に無化調醤油ラーメンなんてのもあったが、豚骨ラーメンがあったかどうかは不明。
20071210230002.jpg
20071210230003.jpg
1年半のリサーチや試食などを経て誕生したという「けんしょくラーメン」。麺は1.5倍、スープは醤油豚骨、具は徳島と鹿児島のミックスだそうで。ストレートの麺は確かにボリューム満点、ちょい柔らかめの茹で具合。スープは確かに醤油豚骨だが、ちょい芯が弱いかな。ていうか単純に味が薄いだけのような気もする。多めの具に合わせてわざと薄めにしてあるのかも。あと、ちょい温度がぬるいような気も。
一番面白いのは多彩な具。徳島風にすき焼き風の肉に生卵の黄身、鹿児島風は茹でキャベツにもやしだろうか。さらに青ネギとメンマ、そして自家製マー油まで。それ熊本やんか。面白いのは肉、これ多分豚肉だよなぁ。味付けは甘めで、スープとよく合っている。生卵を割って肉といっしょに食べると面白い感じにコクが出る。メンマは歯ごたえはいいんだが甘い味付け、甘いメンマは好きじゃない俺なんだが、何故かこのメンマは美味く感じる。味の統一感の問題なのか? マー油はニンニク臭さは無く、いい感じに味に変化が出る。もうちょい量があってもいいかな。
とにかく麺の量が多い。さっきのうどんのせいもあってか、無念のお残し。しかし、福岡県庁の食堂というと、福岡県の社員食堂の頂点に立つような存在じゃないですか(多分、違う)。そんな食堂でこんなチャレンジャーなメニューを、しかも1年半かけて開発したなんてあたりがある意味すげぇ。機会があれば次は、無化調醤油ラーメンも試してみたいところ。

ぷち麺にゅーす
・久々に蕎麦屋新店ですよ。城南区鳥飼6-8-2に「そば処 扇やま」、12月中旬オープン予定。日祝もオープンっぽい感じ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/657-0e20c3cb