FC2ブログ

鯛らーめん 穂と花@周船寺 ~寿司屋さんのラーメン~ 

鯛らーめん穂 880円 ☆4.0
糸島市高田5-20-8 12:00~14:30OS&19:00~21:30(夜営業は木曜のみ) 土日祝定休
Facebookあり

今日は西の方でやや遅めのお昼。「長崎亭」加布里店でも行こうかと思って動いてた途中で思い出したのが12時オープンの店。よしそっちだと店に向かうも店頭の駐車場は埋まっている。だがちょっと先に7台分駐車場があるのでホッと一息。そして「穂と花」の店内へ。カウンター6席のうち4席は埋まっている。奥に個室とかもあるのかな。確かこの店、「一力寿司」がイベントとかで出してた麺をランチタイム限定で出してるって感じだっけ。麺メニューは「鯛らーめん花」と「鯛らーめん穂」、違いは鯛の生ハムが載るかどうかで150円差。せっかくなので載る方で。いなりとか太巻とかのセットメニューもあるけど今日は遠慮しよう。厨房の後ろ側にはメニューと共に素材やこだわりがいろいろ書いてあって待ち時間も飽きない。ていうかここまで手の内公開するのか、すげぇな。
18113000.jpg 18113001.jpg
麺は慶史謹製、平打ち気味の中太縮れ麺。割としっかりした歯応え、麺自体が力強く、スープに負けない存在感がある。スープは鯛と昆布、鰹節、万歩鶏をベースにエビ系の香味油、かえしには魚介にシャリ酢、煎り酒などを使用。これだけ素材が重なると一つ一つの存在感はわからない、けど中心にある鯛のダシは力強く感じられる。コクはあるけど重くはなく、どちらかというとさっぱりしてる。具の鯛の生ハムは厚いのが2枚、1つはすぐに半生のまま、1つはしっかり熱を通して終盤に味わう。他の具は赤味噌風味の鯛のほぐし身、糸島産の穂先メンマ、白ネギに糸唐辛子にミツバ、あと松の実1粒。ほぐし身はスープに溶け出さないので、味変的にレンゲにちょっとずつ放り込む。メンマは想像以上にいっぱい入ってたな。最後はスープまで完食。
器も糸島の作家のものだそうで、糸島尽くしの一杯でした。ちょいとお値段お高めだけど、このこだわりを見たら高くない、むしろ安いと感じるかも。次は生ハム抜きで代わりに太巻をつけるか、あるいは白めし頼んで最後にスープに放り込むのもいいかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3548-5922f234