中華そば さくら@美野島、あと夜に二麺 

冷やし担担麺 650円 ☆4.5
福岡市博多区美野島2-15-16 11:30~14:00(夜は居酒屋営業) 火曜日曜祝日定休(例外あり、詳細ブログにて)
ブログあり

今年もやってきました、「中華そばさくら」の夏の風物詩「冷やし担担麺」。しかも今年は平麺チョイス可能だそうで。平麺好きな俺としてはコレは見逃せない。
18070500.jpg 18070501.jpg
麺は平打ち中細麺、ムッチリプリッとした食感が好みのタイプ。スープは鶏ガラベースかな、しっかり溶け込んだゴマダレは軽やかでスッキリとしたタイプ、そこに自家製っぽいラー油のほんのりとした辛さが絡む。ラー油と酢で味変可能、ちょいと酢を垂らしてみるとスッキリ感がゴマ風味と合って面白い。具は挽肉、キクラゲ、白ネギ、カイワレ。挽肉のコクとキクラゲや白ネギの歯応えがいいアクセント。そして麺完食後は残ったスープに、
18070502.jpg
冷飯と温玉を投下。この冷飯も、某漫画の台詞を引用すると「丁度食べ頃の飯をわざわざ冷水で洗ってある」「そうしてあえて米粒の旨みでもある粘りを取り除き口あたりをとことん軽く」なんですよ。なので最後までサラサラッといただける。もちろんスープまで完食。
「冷房強かったら言って下さいね」「ごはんお代わりできますよ」と、料理のみならず女性店主さんの気遣いに満ちあふれたお店、やっぱり大好き。ちなみに平麺は冷やし担担麺以外でも出来るそうで。よっしゃ、夏過ぎたらサンマーメンを平麺でお願いしてみよう!

夜は某映画の試写会でした。
18070503.jpg
19時開演なんで、軽く腹に入れておこうと「生粉蕎麦玄」天神センタービル店でざるそば290円。蕎麦の風味はまあ仕方ないけど、整った麺線、それなりの量、ちょい甘めのつゆ、これで290円ってのはホントありがたい存在。福岡で一番気軽に蕎麦を楽しめる店ですな。

そして試写会。感想は、お察し下さい。原作ファンでなければ、エンターテイメントとして楽しめるかもしれない。あとは俳優のファンであれば。主人公がボロ負けして終わる映画ってなかなかないと思います。

その後。軽く飲もうと「コチソバ@舞鶴」へ。
18070504.jpg 18070505.jpg
瓶ビールと揚げ蕎麦(メニュー名は違ったはず)100円。この揚げ蕎麦は複数人で来た時も一つ頼んでテーブルの真ん中に置いておけばいいじゃん的な存在。一人だとちょっと量が多かったかも。そして蕎麦屋の天ぷら盛り合わせ600円。天つゆはありません、塩だけです。夏らしくゴーヤ、ナス、カボチャと夏野菜が揃う。エビ2尾も美味い。
18070506.jpg
ごま鯖ならぬごま鶏480円。ちょい甘めの醤油ダレとゴマが絡んだ鶏のたたき。日本酒向けだけどビールにも合うね。

18070507.jpg
そして締めはすぐ近くの「大重食堂@舞鶴」。おお、いろんな節が並んでる!
18070508.jpg 18070509.jpg
オーダーはもちろん「純らーめん七節」850円。「三氣」の製麺所から仕入れてる多加水っぽいプリッと食感の細麺、アゴと昆布のダシに七節の味をサイフォンで入れ込んだスープは酔った舌にも響く美味さ。塩気が強めなのか、ダシが強めなのか。具の塩麹漬けチャーシューは、今日は脂身が強めで炙りも強め、ちょっとクセがあったな。他にも産地を厳選した煮玉子半分、キクラゲ、博多万能ねぎ、有明海苔。いやぁ、美味かったです。次はシラフのランチタイムに、改めて来ます~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3465-f7617e30