FC2ブログ

麺家 一成@原田、あと呉豆腐会の話 

和風らーめん 500円 ☆4.0
筑紫野市原田1-8-7 11:00~20:00 火曜定休(祝日は翌日振替)

今日のお昼は宿題店「一成」。麺は豚骨の「らーめん」「らーめん(こく味)」「和風らーめん」の三本立てだが、俺の狙いは「和風らーめん」。麺の硬さは普通でお願いする。
18061400.jpg 18061401.jpg
麺は豚骨と共用っぽい細ストレート、微かにかん水のかおりもするな。茹で具合は硬からず柔からずで良い感じ。スープはカツオと昆布の和風ダシベース、塩気も控えめで優しい味だが、ニンニクが利いた香味油が結構入っていて力強さも感じさせる。これならおすすめトッピングの背脂を入れても面白いかも。具はチャーシュー2枚、ホウレンソウ、白髪ネギ。チャーシューは歯応えありつつ柔らかめで、ちょっと味が薄めかな。ホウレンソウはもうちょい歯応えがほしいところ。柚子胡椒は柚子よりも辛さが強いタイプなので入れすぎ注意。最後はスープまで完食。
和風スープにラーメン麺の、関西で言う「黄そば」タイプ。正直、好みのタイプでしたよ。次は柔麺にしてトッピングで遊んでみるかな。その前に豚骨も食べてみなくちゃね。

夜はコンセプト飲み会でした。
コンセプトは「呉豆腐」。ちょっと変わった呉豆腐を出す店で、呉豆腐好きなオトモダチと連食でした。
18061402.jpg
1軒目はつい先日も来た「赤坂こみかん」。ここでは注文を受けてから呉豆腐を練り上げる。熱々トロトロの呉豆腐に生醤油と生ワサビ。葛のモッチリ感と豆乳の甘さに、歯ごたえも残した生ワサビと生醤油の香り。この店に来たら一品目は必ずコレで。
18061403.jpg
刺身盛り合わせ、生ウニ入り。握りが1貫入るのも特徴。小さな器に入った醤油をハケで刺身に塗って食べるってのも面白い。炙ったアナゴ、飾り切りしたイカ、マグロの握りあたりが特に良かったな。あとウニ。
18061404.jpg 18061405.jpg
20種類くらいある天ぷらを、焼鳥屋のように好みのネタを選んでオーダーする。今回の注文の一部、子持ち昆布とトウモロコシとタラ若芽、稚鮎はこの10秒後に倒れた。タラ若芽はタラの芽よりもフレッシュで軽やかな味わい。稚鮎は身のホッコリ感と苦味がいいねぇ。

ここで河岸を変え、2軒目は歩いて1分の場所にある「立ち飲みとうどん みのり」。
18061406.jpg
ここでは「揚げだし呉豆腐」。豆腐が呉豆腐になっただけではあるが、サックリした衣の中に熱々モチモチの呉豆腐、そこにダシや薬味が絡まって、なんとも個性的な味わいに。呉豆腐仕入れられる居酒屋は直ちにこのメニューを加えるべきです、いや加えなさい(命令形)。
18061407.jpg
そして雲仙ハムカツ。長崎出身のオトモダチと雲仙ハム仕入れ先談義してみたり。
18061408.jpg 18061409.jpg
〆はうどん、日替わり黒板メニューから「油うどん」680円。しっかり混ぜて食べちゃいましょう。麺は平打ち太麺、モッチリ感とピチピチ感で食感がたまらない。油そばを意識したという味付けは酒が進むね、軽く振ったカレー粉? ガラムマサラ? が面白いアクセントに。さらに半熟卵とレア気味の鶏チャーシューも、具としても酒のアテとしてもいいな。
18061410.jpg
オトモダチオーダーの「烏骨鶏うどん」、烏骨鶏で鶏白湯ですよ。そりゃ翌朝はピッチピチ間違いなし。
時々「老いトーーク」も交えながら(笑)、オトモダチにも喜んでもらえたようで、俺的にも嬉しい飲み会でした。「みのり」はちょいと立ち寄るのにもいい店なんで、またうどん食べに来たいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3453-278fa92b