そば処山月@白木原 ~揚げる音に誘われて~ 

天もりそば 950円 ☆4.0
大野城市白木原3-10-1 11:30~14:30 日月火水定休

今日のお昼は「山月」。お店に入るとおかみさんに「あら、お久しぶりです」と声を掛けられる。1年か2年に1回くらいしか来ない客でも覚えてくれてるのが嬉しい。オーダーは「温もりそば」……のつもりだったが、先客が頼んでた天ぷらを揚げる心地よい音に掴まれて「天もりそば」をオーダー。「天もりははじめてですかね、いつも温もりですもんね」とおかみさん。嬉しい、なんて思いつつ、揚げ蕎麦つまみながら待つ事数分。
18022400.jpg
以前は外一だったけど今は十割のはず。細打ちの蕎麦は枯れ草を思わせる豊かな香りと甘い味わい、そして噛みしめるほどにさらに香りが広がる。対するつゆは甘さを控えた江戸風辛口、キリッと引き締まったつゆの味がさらに蕎麦の甘さを引き立てる。薬味の本わさびと、短めに刻まれた白ネギ、この白ネギがこの店独特で、蕎麦にも合うし蕎麦湯にも合うのだ。天ぷらはエビ、ナス、カボチャ、シメジ、春菊。衣のサクッと感、野菜の甘さもいいが、エビの絶妙なレア加減が職人の腕を感じさせる。天つゆもちょい甘でダシが利いていて、天ぷらの美味さをさらに高めてくれる。完食後は濃厚な蕎麦湯、蕎麦つゆの奥深い美味さを薬味と共に存分に味わう。天つゆも蕎麦湯でいただいちゃうよ。
新蕎麦の名残を残した膳、美味かったなぁ。ホント、忘れずに毎年来たい店ですよ。ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3381-5de21a68