中華そば かなで@東比恵 ~まさに重層な夏の麺~ 

味3変化の冷やしつけそば 730円 ☆4.5
福岡市博多区東比恵2-8-23 11:00~22:00OS 火曜定休
ブログあり

お店のブログ、昨日午後のエントリーで夏季限定メニューの案内。こりゃ面白そう、と午前の業務を早めに切り上げ、店に向かう。その途中、なんとなく頭に予感が走る。なんか誰かが先に店にいそうだ、いや絶対いる、いなくても後から来る。そう思いながら店に入ると……案の定一番奥の席からこの人らが手を振ってきた(笑)。スタンド使いのみならず、麺好きは麺好きにひかれ合うのか……(ゴゴゴゴゴ)。あ、オーダーは迷わず「味3変化の冷やしつけそば」、量は200gの並盛で。さほど待たずに麺登場。
17072700.jpg 17072701.jpg
ちょっと薄暗い席で見づらくてごめんね~。この辺がiPhoneカメラの限界かな。麺は冷たく締められた、全粒粉の平打ち細麺。やや香ばしさも感じる味わいと、ツルツルピチピチの口当たりがすごく俺好み。温かくしてもこの麺は美味しそうかも。対するつけ汁は、冷たい鶏清湯ベース。これがまあ、冷たいのに実に力強い。鶏のうま味が深いのに、清湯らしい切れ味の鋭さも併せ持つ。塩気控えめなのにこの鋭さはすごいな。正直、過去に味わったことない味かもしれん。つけ汁に浮かぶ白いのはエノキのみじん切りのようで、エノキの出汁も加わってるのかな。具はレアチャーシュー1枚、メンマ、ネギ、赤タマネギ。これらはいつも通りの美味さ、特にチャーシューは冷たくても美味いのが素晴らしい。
さて半分ちょっと食べたあたりで味変1つ目、キノコペーストを入れて味わってみると……うわ、さっきまでの美味さそのままに、さらに一層違う美味さが加わった! 二つの美味さが混ざるのではなく、共存してる感じ。そしてこれがまた美味いのだ。さらに食べ進め、残り二割あたりで味変2つ目、バジルソースを入れてみる。オイル状のようでつけ汁の表面に浮かぶソース。味わってみると……あ、これもまた違う層だ。先ほどまでの二層にさらに一層加わる感じだが……キノコペーストの時ほどの衝撃はないな。好みによるとは思うが、まあそれでも面白い味変ではある。そんな感じで麺完食。このメニューはスープ割りがないが、塩気は控えめなのでそのまま半分くらいつけ汁を味わう。あ、白メシ頼んでぶっ込むってのはアリかも。今思いついたよ。
この夏、冷たい麺はいろいろ味わったけど、現状ナンバーワンはコレだと断ずるに些かの躊躇も持たぬ! (今更メルエム風に。)鶏ガラを替えてそれに合わせて麺をリニューアルした「中華そば」とかも食べてみたいけど、夏の間はここに来たら迷わず「冷やしつけそば」だろうなぁ。次は大盛にするか、「残ったつけ汁に白メシ」実行するか、迷いどころだなぁ。

ぷち麺にゅーす
中央区渡辺通5-24-30、東カン福岡第一ビルの恐らく地下に「タンメン笑盛」天神南店、8月6日オープン予定。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3245-87696b87