中華うどん一平 & 麺のツボ @久留米 

今日の麺ドラは久留米。数日前、オトモダチのインスタに上がってた「中華うどん一平」の写真がどうも心に焼き付いてしまって、つられてしまった。というわけで一麺目は「一平」。おや、またメニューが増えてるな。「冷し梅中華うどん」とか「おろし中華麺」「サラダ中華麺」などなど。その中から選んだのは「おろし中華麺」。待ってる間、気づいたことがある。結構冷房が強めに利いてる……これなら温かいメニューでも良かったかも……。
17072300.jpg 17072301.jpg
でもまあそれはそれとして、夏に冷たいものは嬉しいよ。麺は細ストレートの中華麺、滑らかな口当たり、程よい歯応えで、割としっかり甘味が感じられる。スープ、というかぶっかけつゆかな。量は多めでダシが利いてて甘辛控えめ、そのまま飲めるくらいの味具合。麺との相性もいいね。具は大根おろし、キュウリ、錦糸卵、鰹節、ネギ、揚げ玉。どれも冷たいつゆと相性がいい。特に辛すぎない大根、サクサクの揚げ玉、店内で削っているであろう鰹節、いずれもありがちな具ではあるが質がいい。ただ、キュウリはもうちょい細切りだと嬉しかったかな。最後は具の欠片まで完食。
麺も具もつゆもそれぞれにレベルが高いんで、合わせたら当然のように美味い。こないだ食べた「冷し中華うどん」も良かったけど、同じ値段ならこっちもアリだ。暑い夏にこの2つのメニューで悩むことが出来る久留米市民の方が羨ましい限りである。

中華うどん一平
おろし中華麺 630円 ☆4.0
久留米市六ツ門町21-1 11:00~19:45 火曜定休


二麺目は以前「恵比須弐式ブヒブヒ」という店名でやっていた店。こないだ噂を聞いて通りすがったら
17072302.jpg
「麺のツボ」としてリニューアルしてました。内装は変わらず店主さんも変わらず。新しいメニューはこちら。
17072303.jpg
俺も最初は「まぜそば」頼むつもりだったんだけど、いざメニューを見たら880円! これは「覚悟」が必要な金額である。というわけで今日は日和って「極濃とんこつラーメン」を頼む。あ、背アブラプラスが無料って書いてある。じゃあ背アブラもお願いしま~す。
17072304.jpg 17072305.jpg
麺箱には博多製麺と書いてあったが、細ストレート麺は老舗豚骨店のような、割とガシガシした感じの食感の硬麺。もうちょっと茹でた方がスープと馴染むと思うが、あえて馴染まないように硬麺なのかも。そう思うくらいに濃厚なスープは純豚骨かな、油も髄も全部溶け込んじゃいましたってくらいにトロリと濃度があり、しかし豚骨臭さは無い。背アブラは大きめの欠片がスープに浮いていて、フワッとして柔らかく、コクがありつつ重さはない。具はチャーシュー2種が1枚ずつ、海苔、ネギ、そしてフライドオニオンが面白い。チャーシューは「トロける柔らかな塩バラ肉」と「しっとりホロホロ甘辛モモ肉」、いずれも大きめ厚めで、バーナーで炙り目がついている。この2枚が入ってこの値段はお得感あるな。食べ比べてみるとそれぞれに一長一短あって面白い。他の麺でもこのチャーシューがつくってのは嬉しいね。最後は麺の欠片まで完食。
筑後地方で恐らく唯一のG系を出しつつも、豚骨もきっちりと美味い。ただ俺的には麺のガシガシ感が、最近ちょっと苦手なんだよな。次はしっかり「覚悟」を決めて「特製TSUBOまぜそば」行ってみようかね。『「覚悟した者」「幸福」であるッ!』とプッチ神父も言ってたしな。

麺のツボ
極濃とんこつラーメン 630円 ☆4.0
久留米市諏訪野町1660-6 11:00~23:00 不定休


ぷち麺にゅーす
・店内でボヤ出して休業中だった「大名ちんちん」赤坂本店は明日24日から営業再開。お祝いに冷やし担々麺食べに行こうかな。
早良区西新1-7-27に「無邪気」西新店が、恐らく9月中旬くらいにオープン予定。はっきりそうは書かれてないけど、恐らく七隈と博多駅前に店舗を構えるラーメン店ではないかと。
小郡市乙隈537-1、以前「とんこラーメン」があった場所に「ラーメンセンター」筑紫野本店が7月29日オープン予定。チラ見なんでおぼろげだけど、開店時間は10:30で日曜営業だったはず。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3243-4c420d40