中華そば おさみ & うどん不動庵 @うきは 

今日の麺ドラは朝倉からうきは方面。農産品を探しつつだけど、ちょっと端境期っぽくてあまり欲しいものがなかったけど。お昼の目的店、ある店は駐車場が無く、ある店は駐車場が満車で、フラれフラれて辿り着いたは吉井町。なんか町中でフリーマーケット的なイベントやってるみたい。さて「おさみ」を見に行ってみると……お、待ちの客がおらん上に新商品も出てる。じゃあ一麺目はここだな、と券売機で「海老そば」の食券を購入。ちょうど空いてた1席に通される。が、この店は仕事が丁寧なのでここからが長いのだ。結局30分弱待って麺登場。
17052100.jpg 17052101.jpg
麺は中細、説明書きによれば低加水麺だそうだが、モソッとした感じもなくムッチリとした歯応えがいい感じ。スープは海老の頭のダシと鶏ガラを合わせて味噌仕立てだそうで。甘めの味噌の風味が利いているが、それ以上に海老の風味が力強い。鶏ガラは下支えになってるかな。この海老の香ばしさとコクはいいね。さらに途中からはバターが溶け、塩気とコクが加わってくる。バターと甲殻類は相性がいいからねぇ。具のチャーシューはモモ肉かな、薄切りが2枚。硬かろうと思って食べたら意外とムチッとした食感。他の具はミズナとネギ、キクラゲっぽく見えるのはダシ殻であろうコンブの細切りと鰹節とシイタケであった。最後はスープまで完食。
いやぁ、この店らしい創作力の高い一杯。ちょっとお値段はするけど、オススメですぜ。期間限定と書いてあったんで、気になる方はお早めに。多分、夏の冷やしメニューが完成するまでの提供じゃないかな。

中華そば おさみ
海老そば 880円 ☆4.0
うきは市吉井町1242-1-6 11:30~14:30&18:00~20:00 水木定休


で、「おさみ」の事をインスタに書いてたらコメントがつく。「ホントは今日そちらに行くつもりでした(笑)あと、うどんの不動庵に(笑)」へぇそうだったんだ。ていうか不動庵か、いいね。じゃあ二麺目は「不動庵」にしよっと。店名の由来や店主さんの出自などは山田さんトコに詳しい(丸投げ)。ナビに店名入れて移動、14時前に店に辿り着くが、広めの駐車場がほぼ空っぽ。終わっちゃったかな、と恐る恐る店を見に行くと暖簾は掛かっている。ドアを開けると先客ゼロのようで店の方3人が談笑していた。まだいいですか~と確認して、座敷席の方に上がらせてもらう。うどんメニューはオープン当初と変わっておらず、増えたのは天ぷらとかしわおにぎり。あと大盛り。オーダーは「ぶっかけうどん」と「とり天」。オーダー後に麺を茹でるんでやや時間はかかる。待ってる間に後客3組、あと営業確認の電話が1本。
17052102.jpg 17052103.jpg
うどんは太麺、エッジが立ちつつわずかに角が取れた感じが艶っぽい。つゆを絡めて啜れば、表層はやや柔らかく、しかし噛み込むほどに抵抗感が増していく、ふんわり讃岐スタイル。長さもあるんでコレは1本ずつしか啜れない。つゆは淡い琥珀色、塩気もダシ気もしっかり強め。うどんの上には鰹節、天かす、青ネギ、ゴマ、脇には大根おろしとショウガとレモン。薬味たちが一口ごとに味を変化させてくれる。とり天は大ぶりのが2個、この値段でこの量は嬉しいね。ザックリとした歯応えのムネ肉、ちょい強めの揚げ加減、下味の強めの黒コショウが、どことなくフライドチキンを思わせる(笑)。最後は薬味までなるべく残さないように完食。
店の外観や風景、内装(特に畳)、接客応対、全て含んで大御馳走。ゆったり流れる時間の中でうどんを楽しむのもオツなモノ。次は「かけうどん」に、季節の野菜6種の天ぷら「季節のうきは盛り合わせ」をいただいてみたいな。

うどん不動庵
ぶっかけうどん+とり天 510+140円 ☆4.0
うきは市浮羽町流川543-2 11:00~15:00 月曜定休(祝日は翌日振替)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3204-29e3a8ac