麺処 若武者 & 東池袋大勝軒 本店 @福岡ラーメンショー2017 

麺ドラなんて行ってる場合じゃない、今日も朝からラーメンショー。チケットは昨日のうちに買ってあるので速攻でブースに向かう。一麺目は「麺処 若武者」。以前一度、博多阪急の催し物で食べた事があるな。でも出品メニューはその時のモノとは違う「福島鶏白湯」。そしてここで100円券が火を吹くぜ。nimocaでチケットを購入すると1日先着100人に、おつまみコーナーやトッピングに使える100円券がもらえるのだが、それを貯めに貯めて5枚。そしてこの店の「特製全部のせ」は500円。頼むしかあるまい。
17040200.jpg 17040201.jpg
麺は中細の縮れ、普通にいい感じ。スープは福島三大鶏を贅沢に使った鶏白湯、まあ言うだけあって濃厚ながら臭みのない、力強い味わい。コラーゲン感で食後は唇ペタペタですよ。塩気もちょい強めに利いてて好みな感じ。具はチャーシュー4枚、川俣シャモ団子2個、味付き玉子、メンマ、九条ねぎ、フライドオニオン。どれも普通に美味いが、一番ハマったのはフライドオニオンかな。歯応え的にもコク的にも存在感があった。あと味付き玉子はちょい硬めの半熟、ちょっと燻製っぽいクセのある味だった。川俣シャモ団子は味が濃くていいんだけど、食感は普通に硬めだったな。最後はズズッと麺完食。
上質な鶏白湯で、福岡の人の口にも合うんじゃないかな。ただ、今の福岡には鶏白湯ラーメンの名店はいろいろあるからねぇ。とはいえボリューム的にも大満足な一杯でした。

麺処 若武者
福島鶏白湯+特製全部のせ 750+500円 ☆3.5
福岡ラーメンショー2017(福岡市役所前ふれあい広場)

さて二麺目はどこに行こうか。会場入口らへんにいた、不慣れな立ち仕事を一日中しかも連日してて疲れてるけどその様子は表に出さず頑張ってるラーメンナビゲーターの方と相談した結果、「東池袋大勝軒」に決定。「大勝軒」独特の甘さが苦手なんだけど、今回出品している「中華そば」はそんな事ないですよと言われたのが決定打。
17040202.jpg 17040203.jpg
麺は多加水の中細縮れ、なんでも「大勝軒」からレシピを受け取った「慶史」が作ってるそうで。プリッとしてて美味いんだけど、この食感ならあとちょっと茹でた方が良さそうな。短気な福岡人に合わせて短くしたのかな。スープはまさに東京の中華そばって感じの印象。甘さはほぼ無く、鶏ガラと魚介ベースっぽいけど魚介の方が強く出てて、醤油も強めにキリッと利いている。塩気も強めやね。具はチャーシューが1枚と切れ端1つ、メンマ、海苔、ナルト、ネギ。どれも普通に美味いが、変に「大判のトロトロチャーシュー」とか出されるよりは、バランス的には合ってる気がする。最後はズズッと麺完食。
確かにこの味を福岡で出してる店はちょっと思いつかないかも。そういった意味でも、満足行く一杯でした。そして出展者の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。今回はちょっと客足が振るわなかったかも知れないけど、是非また開催してね。

東池袋大勝軒 本店
中華そば 750円 ☆3.5
福岡ラーメンショー2017(福岡市役所前ふれあい広場)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3176-db0b4ce3