そば処 一耕@太宰府 ~海苔とワサビの関係性~ 

華のりそば 1,150円 ☆4.0
太宰府市観世音寺1-7-6 11:00~15:00(土日のみ予約にて夜営業) 月曜定休(祝日は翌日振替)
Facebookあり

今日の遅めのお昼は「一耕」へ。太宰府天満宮の梅見の後の客が多いのか、駐車場がギリギリ1台分しか空いてなかった。オーダーは、土日限定の「鴨せいろ」1,850円にもむっちゃ惹かれたが、前回他の客が頼んでたその香りが気になって、温蕎麦の中から「華のりそば」をオーダー。客が多かったんで、そこそこ待って麺登場。おおっ、香ってきた~。
17021800.jpg
かけそばに4切の海苔が4枚、そしてフレッシュなワサビ。ネギすら無い、実にシンプルな一杯。麺は丸岡在来種、十割で細打ち。香りはちょい弱いが甘さがしっかり、そして温蕎麦ならではのモッチリとした食感。すめは、力強い和風ダシが力強く香る。節系、昆布、椎茸、他にも使ってるのかな。塩気は控えめだが、ダシが強いんで不足感は全く感じない。3~4割くらい食べてから、海苔を2枚放り込む。
17021801.jpg
有明の海苔はあっというまに溶けていく。溶けた海苔を蕎麦に絡ませつつ手繰る。力強い磯の風味、だが今日はダシの方が強いかな。ともあれ、ダシと海苔と蕎麦の共演を楽しむ。あと2枚の海苔は、サッとすめに潜らせ、形と歯応えが残ってるうちに蕎麦と絡めて食べる。ザックリとした海苔の歯応え、そしてさらに強い磯の風味を楽しむ。終盤、せっかくワサビがあるのだからと、レンゲに海苔入りのすめを取り、ワサビをちょいと溶いて口にする……うわ、これ面白い。辛さは飛んで香りだけが残り、それが海苔とすめと抜群の相性。なるほど、花巻蕎麦にワサビがつく理由がはじめてわかった気がする。そんな感じでワサビをちょいちょいレンゲで溶きつつ(丼に放り込む勇気はまだ無かった)、最後はすめまで完食。
蕎麦好きを自任しながら、花巻の魅力を理解し切れてなかった事に反省。今後はもっと「温蕎麦にワサビ」に積極的になろうと誓う。会計後、店主さんに、昨日のウチのブログ読んだって言葉と、原稿の下書きを持ってこられて、一瞬背中がゾクッとする。見てくれてる人いるんやなぁ。しかもこんな名店の店主さんに。改めて自分の言葉に責任を持たなきゃな、と思いました。

ぷち麺にゅーす
・イオンモール福岡2階フードコートの「とり割烹 博多華味鳥」に春のイチ押しメニュー「華味鳥の鶏塩ソバ」650円+税が登場。ソラリアステージからの逆輸入かな。
17021802.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3146-c30589c6