ラーメン カナデヤ@塩原 ~店主故郷の味~ 

佐賀ラーメン 700円 ☆4.0
福岡市南区塩原4-10-22 11:30~15:00&18:30~23:00 日曜定休
Facebookあり

今日のお昼は「カナデヤ」で。噂の新メニューはメニュー表には載ってないな……あ、厨房の壁に貼られてた。店主故郷の味「佐賀ラーメン」は、並ラーメンに+100円で生卵と海苔が3枚載る。
17012100.jpg 17012101.jpg
生卵が別皿で来た。そのまま載せても、卵黄だけ載せても、お好みでとの事。だったら全卵入れるよね。
麺は細ストレート、ちょっと張りがあるタイプの食感。スープはポッテリと甘い豚骨ベースに、和風ダシや野菜で柔らかい風味が加わっている。具はチャーシュー2枚、キクラゲ、大判の海苔3枚、ネギは青と白の2種、そして生卵。チャーシューは割と厚みがありしっかりとした歯応えと味付け。キクラゲはたっぷりの量が嬉しい。海苔は有明産かな、非常に口溶けが良く磯の風味も強め。そして生卵、質がいいのか白身も臭みがなくツルンといただける。終盤は黄身を割って麺に絡め、濃厚なコクを楽しむ。
流石に麺の太さを変えるってのは難しいか。でも佐賀っぽさを感じられるナイストッピングでした。

ぷち麺にゅーす・博多めん街道編
・博多駅筑紫口側、デイトス2階の「博多めん街道」で一部リニューアル。焼きそばの店「優乃華」が閉店、跡には博多発祥皿うどん・ちゃんぽん「ぴかまつ一番」が4月上旬オープン予定。蕎麦の店「弥五郎」が閉店、跡には同フロアの「博多川端どさんこ」が4月上旬移転オープン予定。エスカレーター前の「博多川端どさんこ」は移転準備で閉店中、跡は不明。「月や」がまた入ったりして。
夕方からは「博多一成一代」で開催された「マルちゃん正麺をプロがアレンジしたらこんなすごいのが出来ちゃいましたよ」的なイベントに行ってきた。作るのはもちろん「一成一代」の店主さん。4種類のアレンジメニューの中から運ばれてきたのは「やさしく強い海の香気が溶け出した! 海老みそラーメン」。
17012102.jpg 17012103.jpg
運ばれてくる前から海老の香りがハンパない。でも味的にはそんなに海老っぽさは強烈ではなかった。あの香りは何だったんだろう(笑)。
麺とスープのベースは恐らく「マルちゃん正麺」味噌だろうな、でもちゃんとした店の大釜でプロが茹でたら、おおよそインスタントとは思えない滑らかな食感。終盤崩れた麺が多かったのはまあ仕方ないだろう。スープは赤味噌中心で塩気も程よく、そして海老の風味がほんのり溶け込んでいる。具は殻ごとのボイルホタテ、粗みじんの海老、桜海老、アオサ、細ネギ2本。ホタテは大きいねぇ、こんだけ大きいホタテは久しぶりに見た。そして粗みじんの海老の食感がいい。麺でこういう切り方の海老はなかなか見ないよね。あとアオサが食感、風味、共にいい存在感。最後はスープの大半まで完食。
具の豪華さとも相まって、その正体がマルちゃん正麺と知った上で780円くらいは出せるんじゃなかろうかって味でした。ホント、プロはすごいねぇ。イベント主催の東洋水産さんその他の皆様、今日はありがとうございました。

17012104.jpg
で、その後一人呑みに行ったのさ。「ちょいさぼ@渡辺通」。「そいさぼ@薬院」の2号店ですな。パクチーがブームになるはるか前からパクチーを前面に押し出してた店ですな。一度来てみたかったんだぜ。パクチーミミガーとか、タイと沖縄の料理をいろいろ楽しんだ後は、
17012105.jpg
締めの一杯、ソーキそばと悩んで選んだのは「タイの汁麺」700円。麺は米麺ではなくあえて沖縄そばを使用、スープはタイスキ(多分)の優しくまろやかな味わい。具はつくね、モヤシ、カイラン菜(この時期は空心菜が手に入らないそうで)。あとパクチーたっぷり。ちょいとピリ辛で、締めにいい一杯でした。ごちそうさまでした。まだまだ食べてみたいメニューがあるので、是非また来てみたいなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3125-384964a1