博多やりうどん別邸@福岡空港 ~レセプションにお邪魔しました~ 

博多やりうどん+華味鳥鶏天たまご飯 800+420円相当 ☆?
福岡市博多区上臼井767-1 福岡空港ターミナルビル3階 7:30~21:00 無休

ヌードル山田さんから、福岡空港国内線ターミナル2階にあったうどん屋「はち屋」が「博多やりうどん別邸」としてリニューアルされるんで、試食会に来られませんかとお誘いを受ける。この時点で割と衝撃の嵐。「はち屋」は朝から東京に行く時に「卵かけうどん」を食べに何度か来たことあったけど、まさか「やりうどん」の系列だったとは。しかもイオンモール香椎浜とイオン小郡の「はち屋」も同系列だったとは。しかも貝塚駅のやりうどん閉店してたとは。ともあれ、試食会は当然参加させていただきますよ。着いてみると顔なじみの方があちこちに。もうブログアップされてる方だけでも、万太郎さんカズさんあおさんなど。今後さらに増える予定。さて俺のオーダーは店名を冠した「博多やりうどん」、あと山田さん絶賛の「華味鳥鶏天たまご飯」も。レセプションならではの贅沢オーダーである。
16122002.jpg 16122003.jpg
16122004.jpg
メニューはこんな感じ。別邸を名乗るだけあってちょっとお高めやね。でもメニューの揃いはいいし、酒とつまみもお手頃でまあまあ充実してるんで、福岡に帰ってきた時に軽く呑んで帰りたい時とか重宝しそう。
16122000.jpg 16122001.jpg
麺は福岡県産の小麦で打たれた、ちょい細め。わずかにエッジが立っており、博多うどんの柔らかさを感じさせつつ芯にはかなりのモッチリ感も実現している。すめはアゴやら節系やらのダシが複雑に香り、しかしダシがきっちり利いているので塩気は控えめ、そして博多うどん特有の甘さがいい具合に利いている。みりんかな多分。具のメイン、ごぼう天は店名「やりうどん」の由来となった槍「日本号」の1/10の長さ、32cm。ただ惜しむらくは、ちょいと下茹での時間が長かったようで、さらに香ばしく揚げすぎたようで、ゴボウの風味が飛んでいた。他の具、丸天は厚みもあってフワフワ、そこにキクラゲなどの歯応えある具材が混じってて、コレは文句なくオススメ。そしてネギとミツバの薬味もいい感じ。他の薬味は、注文後に運ばれた揚げ玉と青ネギ(やや乾き気味なのも博多うどんらしい)、トレーに載った大分の柚子胡椒と京都の一味。
華味鳥鶏天たまご飯は、卵かけご飯と鶏天丼のハイブリッド。ご飯の上に鶏天3つ、天丼のタレ、卵の黄身、糸鰹節、うどんと同じミツバ混じりのネギ。揚げたての華味鳥の鶏天は文句なく美味いし、卵の味も濃厚で、天丼のタレとの相性もいいんだけど、見てわかるかな、いかんせん混ぜづらい(笑)。いっそご飯と卵を最初から混ぜてくれてていいと思うんだけどなぁ。ここは改善の余地があると思う。ともあれ、完食する頃にはホントお腹いっぱいでした。
ちょいと提供に時間がかかったんで、「出立まで急いでるんでうどんでも食べようかな」って人には向かないかも。でも、福岡への入口であり出口である空港で、こういう上質なうどんを食べられるのは幸いかな。今度来たら、夏なら「野菜天ぶっかけ」、冬なら「焼きうどん」でビールってのも楽しそうやね。

ぷち麺にゅーす
・そんな「博多やりうどん別邸」は明日21日リニューアルオープン。また同じく、西鉄福岡天神駅2階に「博多やりうどん」福岡店が明日21日リニューアルオープン予定。メニューとか値段とかどうなってるんだろうなぁ。また、他の「やりうどん」「はち屋」も順次リニューアル予定だそうです。
中央区渡辺通5-24-38に、以前南区長住にあった「えいふく」が、「中華そば永福」として12月中に移転オープン予定。東京風中華そばを出すみたいな感じ。

コメント

>ブログ記事とは関係ないことですが…

>おっさんさん
>今日大池通りを通っていると、かの行徳家さんが開いておりました。

先週土曜にオープンしてたみたいですね。品数は絞ってるようですが、まあ醤油と塩が味わえれば十分です。

>すでにご存知かもしれないとは思いましたが、みおせるさんと同じく行徳家の味を愛する者の一人として黙っていられず、嬉しさのあまりここにコメントしてしまいました。

ありがとうございます。行徳家を愛する人がいっぱいいるってのは、自分としても嬉しい限りです。
出来れば新店の「とら食堂@六本松」や「佐渡友@三苫」よりも先に足を運びたいと思っています。

ブログ記事とは関係ないことですが…

今日大池通りを通っていると、かの行徳家さんが開いておりました。所用のため中には入れませんでしたが、どうやら営業再開された模様です。通りから目立つあの看板は、元店主さんの姿をあしらった物に変わっておりました。
すでにご存知かもしれないとは思いましたが、みおせるさんと同じく行徳家の味を愛する者の一人として黙っていられず、嬉しさのあまりここにコメントしてしまいました。
場違いなコメントで不適切と判断されましたら、どうぞ削除して下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3107-4d277aba