そば処 一耕@太宰府 ~田舎が出来ない理由とは~ 

釜揚げそば 950円 ☆4.0
太宰府市観世音寺1-7-6 11:00~15:00(土日のみ予約にて夜営業) 月曜定休(祝日は翌日振替)

今日のお昼はようやく新蕎麦の張り紙が出た「一耕」へ。先客1組、後客無し。壁に貼られた掲示によると、今日の蕎麦は福井県の丸岡在来種。メニューを見ると「カレー南蛮そば」「そば御膳」などの新メニューも増えているが、せっかくの新蕎麦なのでより野性的にいただこうと「田舎そば」をオーダー。するとしばらくして店員さんが席に来て、田舎はまだ新蕎麦ではありませんがよろしいですか、との事。うーむ、仕方ない、ならばと「釜揚げそば」にオーダー変更。待ってると先客に届いた蕎麦から、ダシの香りがここまで届いてくる。うわぁ温かい蕎麦もいいなぁ、今度来た時に頼もうかな、とメニュー表開こうとしたら俺の蕎麦登場。
16120800.jpg
卵黄が入った蕎麦猪口に熱いつゆを入れ、丼から蕎麦を掴み、お湯をなるべく払いながらつゆにつけ、口に運ぶ。十割の蕎麦は細さの割りにはかなり強めのモッチリ感、そして風味は香りよりも甘さが強く出たタイプ。優しくそして力強い味わい。つゆは辛口だがダイレクトではないまろやかな辛さで、蕎麦の甘さをさらに引き立てる。丼も大きめで、蕎麦の量も多めなのが嬉しいところ。七割くらい食べたあたりで、温まって味が濃くなった卵黄を割り、蕎麦を絡めて手繰る。この濃厚なコクに、蕎麦とつゆがしっかりと渡り合っている。結局薬味を使うことなく蕎麦完食。湯桶で運ばれた濃厚な蕎麦湯でつゆを割り、ネギを入れて卵黄の余韻が残ったつゆの味を楽しむ。飲み干したら蕎麦徳利に残して置いたつゆを猪口に入れ、今度はレモンを搾り入れ、さらに蕎麦湯で割って、つゆとレモンの相性を確かめる。
食後に店主さんが話してくれた事だが、この店の田舎そばは蕎麦の実の回りの甘皮を練り込んでるそうで、新蕎麦出来たての時季は甘皮があまり出来てないから田舎そばは作れない、との事。なるほど、すごく腑に落ちた。よし、次は田舎そばが出来そうな時季に、温蕎麦を頂きに来ようかね。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>何時も楽しみにしています。

ありがとうございます~。

>明日「一耕」さんで、

わー、いいですねぇ。どんな感じだったんでしょうか。
今日は無理でしたが、予定が合えば是非参加させていただきたいところです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3099-0675648b