こなみ@津屋崎 ~暫しの休養~ 

けいらん(とり団子付)+おでん(厚揚げとちくわ) 850+150円 ☆4.0
福津市津屋崎4-10-13 11:30~15:00(以降喫茶営業、酒場営業あり) 不定休
Facebookあり(店休日情報も)

昨日、ちょいと飲みすぎてやや二日酔い気味。だがそんなことは構わず、お昼は津屋崎の「こなみ」へ。店主さんご懐妊で休養に入るため、普通のうどん屋としての営業は今日と明日まで。今日も混んでるかなと本を数冊持って来たのだが、幸いカウンターに一席の空きがある。店主さんやそのダンナの山田さんに会釈してると、隣だ隣を見てみろ的なアクション……うおっ、へのさんご夫婦が。さっきまであおさんもおられたらしい。この分だと万太郎さんも来るんじゃないかみたいな話をしてたけど、どうだったんだろうな。さてオーダーはあんかけの中から「けいらん」を、+100円になる「とり団子付」で。ぽややんと待っていたのだが、ふと目に入った「おでんあります」の張り紙。それもいいなと、100円の厚揚げと50円のちくわをオーダー。おでんといえばダイコンって人が多いかと思うが、俺的にはおでんといえば厚揚げなのだ。
16111900.jpg
うどんの待ち時間につまむには、おにぎりよりもいいかも。ちょい甘めのダシがしっかり染み込んだ具材たち。塩気控えめで優しい味わい。特にちくわの食感がいいな。と、食べてる間に麺登場。
16111901.jpg 16111902.jpg
かき玉入りのあんかけのすめの上にとり団子が3つ、ネギ、ショウガ。見た目からいいねぇ。麺は細めでゆるやかな縮れ、ちょい柔めだが弱くはない歯応えと、あんかけと相まって滑らかな口当たり。すめはしっかりとろみがついていて、塩気は控えめ。ダシの具合も強すぎず弱すぎず、すっきりとして飽きが来ない。かき玉は卵2個分あるかな、程よい固まり具合で具として楽しめる。とり団子はちょい硬め、やや素っ気ない印象だがしっかりと鶏肉の味が楽しめる。ネギとショウガのフレッシュさも嬉しいところ。最後はすめまで残さず完食。
ちょっちゅ言うと、終盤に麺線の短いのが目立ったかなってところ。まあその辺やオペレーションも含めて、休養中にシミュレーションや特訓を積み重ねて、復帰時にはバーンとぉ! パワーアップした姿を見せてくれるはず(←プレッシャー)。来春の再会を楽しみにしております。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3087-0f6da3a6