蓮双庭@博多駅東 ~麺じゃない方が狙いだったり~ 

ハーフ&ハーフランチ(激辛担々麺+五目あんかけご飯) 1,080円 ☆4.5
福岡市博多区博多駅東2-7-27-2F 11:00~22:00(平日15:00~17:00クローズ)
HPあり

今日のお昼は「蓮双庭」でオトモダチと会食。俺の狙いは麺料理と飯料理をそれぞれ選べる「ハーフ&ハーフランチ」。麺は3種の中から一番好みな「激辛担々麺」を、飯は2種から、自家製チャーシューチャーハンも美味そうだが「五目あんかけご飯」をチョイス。
16111000.jpg 16111001.jpg
まずご飯以外が、それから1分と遅れずご飯が登場。まずはベジファースト、サラダからいただく。ダイコンメインで揚げたワンタンの皮がトッピング、ドレッシングは中華風ではあるが和風に近い軽い味付け。食べ終わったら麺に取りかかる。
麺は細ストレートの中華麺、柔らかめだが弱くはなくスープの馴染みもいい。スープは中華の複雑な味わいをベースに、花椒がガツンと利き唐辛子系も少々、ゴマは煎りゴマだけかな。この花椒の暴力的なアタックに、ベーススープが全く負けていないところがこの店の凄いところ。具は挽肉と青ネギのみ、量的にはハーフより少なめかな、物足りなさは否めない。
途中から五目あんかけご飯もいただく。まあ要するに中華丼だが、あらゆる丼の中で中華丼が一番好きな俺は一度食べてみたかったのだ。具は豚肉、ハム、ハクサイ、ニンジン、シメジ、キクラゲ、ネギ、他にも野菜入ってたかな。火入れはそれぞれに最適で、それらをまとめるあんは濃いめの味付けだが塩気は控えめ。とろみもしっかりついていて、ご飯に味が絡む。量も、一人前とはいわないがセットとしては十分。青いザーサイをつまみつつ、食べ終わる頃には満腹である。
いやぁ、蓮双庭の中華丼、流石の美味さだった。激辛担々麺も相変わらずの個性と美味さだし。平日夜は中華バルやってるそうだし、また飲みに来てみたいなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3081-59c7f642