油そば七色@舞鶴 ~思ってたのと結構違った~ 

油そば(小) 650円 ☆4.0
福岡市中央区舞鶴2-1-9 11:00~15:00&18:00~22:00 日曜定休
Twitterあり

今日のお昼はずっと気になりつつ未訪だった「油そば七色」。開店当初は福岡初の油そば専門店だったが、後からラーメンとつけ麺もメニューに加わった。オーダーは「油そば」なのだが、並で750円はちと高い。小は650円、というわけで麺量を聞いたところ、小で150g、並で200gとの事。じゃあ小でいいか。背脂と魚粉を無料で追加出来るというので、背脂だけお願いする。テーブルの壺に魚粉が入ってるから後から入れればいいやと思ったのだが、よく見ると壺の中身は魚粉では無く擂り胡麻だった。アウチ。
16110100.jpg 16110101.jpg
丼の底からしっかりかき混ぜますよ~。三河屋製麺(だっけ?)の太麺はこの太さにしては柔めかな、でも心地よいムッチリ感と、噛みしめた時に広がる甘い味がいい。タレはあまり色がついてないみたいね、むしろタレの塩気よりも油っ気の方がしっかりと感じられる。そして煮詰めた豚骨スープのような、粘度のあるコッテリとした味わいが麺に絡んでいる。背脂がいい感じに溶けたのかも。具は片面炙ったチャーシュー、半熟煮玉子半分、極太のメンマ2本、白髪ネギと青ネギ、海苔。どれも標準的に美味いが、一番印象に残ったのはザックリとした歯応えのメンマかな。最後に麺まで完食したが、丼にはタレすら残らなかった。
「游」の油そばと同じく油が先行する味わいは予想外でした。でも美味かった、次は魚粉も入れてもらおう。是非。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3071-013b944a