蕎麦処 一閑人 & 中華めん 湯湯 @久留米 

今日の麺ドラは久留米方面へ。まずはFacebookで新蕎麦情報をキャッチしていた「一閑人」へ。いつもはそんなに客が多くない(失礼)この店だが、今日は客足が絶えず常に7~8割の席が埋まってる感じ。店主さんと軽く会釈し、メニューを見る。毎月末2日限定で出している晦日蕎麦「きのこ蕎麦」も気になるが、やはり新蕎麦、ここは「釜揚そば」をオーダー。
16103000.jpg
むはー、運ばれた時から漂う蕎麦の香りよ! 流石釜揚げよな! 麺線調った細めの蕎麦を手繰れば、鼻に抜ける香り、噛みしめるほどに感じる甘さ、そして釜揚げならではのモッチリ感。続いてつゆに浸して啜る。江戸前の辛口のつゆが、蕎麦の甘さをさらに引き立てる。終盤は、別皿になってた卵の黄身をつゆに入れて割り、蕎麦を絡めて啜る。辛口のつゆに濃厚な黄身の甘さとコクが加わり、蕎麦とのハーモニーを奏でる。麺完食後は蕎麦湯、まずは黄身が残ったつゆの甘さと辛さのコンビネーションを味わい、最後は徳利に残しておいたつゆだけを蕎麦湯で割ってキリッと締まった辛さとダシの風味を楽しむ。
いやぁ蕎麦は美味いし店は賑わってるし、いいですねぇ。願わくば店が繁盛しつつも、俺が来た時は並ばずに食べられますように(強欲)。

蕎麦処 一閑人
釜揚そば 850円 ☆4.5
久留米市宮ノ陣町五郎丸1577-7 11:00~15:00 火曜定休


二麺目は「湯湯」。あれ、前回来た時と見た感じが違う。建て替えはったのかな。店内も真新しい感じだし。老夫婦がのんびりとやってる感じの雰囲気。オーダーは、前回は汁そば食べた気がするんで今日は「汁なし坦々麺」。しかしブログ書きつつ調べたら前回も同じメニューだったのだ。とほほ。
16103001.jpg 16103002.jpg
しっかり混ぜていただく。おっ、麺の下からキャベツの千切りが出てきたぞ。麺は細ストレート、コリッとした歯応えで、卵麺っぽく麺自体の味も強め。そこに絡む味は、ゴマやナッツのコク、唐辛子系の辛さ、花椒のシビレ、塩気もしっかり利いていて、それらが麺の甘さと絡んで実に好相性。具は茹でモヤシ、キャベツ千切り、チンゲンサイ、薄焼き卵。それらは全て強めの味付けを抑えつつ、歯応えで楽しませてくれる。肉の類が無いのがちょい残念かな。
麺自体が美味いんで、他のメニューも期待できそうな予感。会計時に「皿うどん」の麺を聞いたところ、パリパリでもなくチャンポン麺でもなく、(恐らく)今日と同じ麺を焼き付けているらしい。よし、次はそれだな。

中華めん 湯湯
汁なし坦々麺 630円 ☆4.0
久留米市西町490-1 11:00~21:00 不定休


その後は王を狩るドライブ。
16103003.jpg
第一の王「王リンギ」は捕獲に成功するも、
16103004.jpg
第二の王「秋王」は取り逃がす。次回こそ必ず!

コメント

>沙村幸さん
>秋王、産直にも置いてあるんですね!

自分が去年見かけたのは、浮羽町の「にじと耳納の里」と、朝倉市の「道の駅原鶴」でした。
去年は普通にひっそりと置いてあったんですけど、この日寄った「にじと耳納の里」には、
「日曜と水曜に数量限定入荷、ちなみに開店時間は9時です」みたいに書かれててびっくりしました。
今年は競争が激しい予感です。

>王リンギなんてものがあるのも初めて知ったし。
>南へドライブに行きたくなりました!

いいですねぇ筑後ドライブ。ちなみに「王リンギ」はシメジ以上の味の濃さとエリンギ以上の歯応え、でした。
こちらは「道の駅おおき」に売ってます。栽培ポットに入ってるキノコを自分で狩る体験も出来ますよ。
近所にはオススメの「土俵うどん」もあります、合わせてどうぞ(笑)。

秋王、産直にも置いてあるんですね!
道の駅うきはに置いてる気配がなくて、もうデパートでしか買えないもんだとショボくれていたけど。。
一度で良いから食べてみたいのです。

王リンギなんてものがあるのも初めて知ったし。
南へドライブに行きたくなりました!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3069-d6cb8b5b