呉氏焼小籠包@イオンモール福岡 & 博多豚十郎@紫 

ちょいと都合で出発が遅れたんで、今日の麺ドラは柳川の予定をキャンセルして近場を巡る事に。まずはイオンモール福岡のパワコンストリート内の「呉氏 焼小籠包」。名前通り焼小籠包の店だが、最近汁無し担々麺を始めたそうで。中国の麺点師が作るわけだから期待もしたくなるというモノ。単品で580円だが、1個120円の焼小籠包が2個と特製スープ、自家製搾菜がつくセットが+140円、ならばこちらを頼まない手は無い。
16073100.jpg 16073101.jpg
しっかりかき混ぜていただく。麺は中太、キンキンではない温めの冷たさで歯応えもしっかりしている。ゴマも唐辛子も山椒もどれも控えめで、麺自体の甘さが一番立ってるかな。あるいは調味油の甘さか。具は茹でモヤシ、肉味噌、上の黒いのは揚げネギとか豆鼓かな、あとネギ。どれも目立たないが、量的にも味的にも不足感は無い。
16073102.jpg
そして焼小籠包。食べ方指南通り、上の皮を破って肉汁だけ先に頂き、それから本体に齧り付く。肉汁は火傷するほど熱いという事もないくらいの熱さ、味は確かに美味い。唇ペタペタのコラーゲン感。そして肉汁を抜いた本体のあんからさらに迸る肉汁がなんとも快感。皮は上はモッチリ下はカリッと、そして振ってあるゴマとの相性もいい。結局タレも黒酢も使わず、本体だけの味で満足。さらにスープは薄味でかき玉とトマト入り、搾菜も量がありしっかり美味い。
ちょっちゅ言うと、提供までの時間が15~20分くらいかかる事。あと、肝心の担々麺のインパクトが薄い事。食べてる間は美味いんだけど、後に印象に残らないんよね。とはいえ満足でした。また新しい麺が出たら、セットで頂きたいね。

呉氏 焼小籠包
汁無冷やし担担麺定食 720円 ☆4.0
糟屋郡粕屋町酒殿 イオンモール福岡1Fパワコンストリート 9:00~21:00 無休
HPあり


二麺目もイオンモール福岡内で済まそうと「博多だるまネクスト」に行ってみるも、正午のお店は9組待ち! とても待てぬと車に戻り南下。いくつかの宿題店の中からチョイスしたのは筑紫野市紫の「博多豚十郎」。以前、デフォも喰わずにカレーラーメンに手を出したことをちょいと悔いていたのだ。さて今日の店内にカレーラーメンの掲示はナシ。メニューは「塩だれ豚骨」「豚骨」「柚子塩豚骨」と並んで全て600円。柚子に惹かれるも筆頭の「塩だれ豚骨らーめん」をオーダー。
16073103.jpg 16073104.jpg
うは、定食を食べた後の二麺目にはかなり重そうな見た目。麺は中細で硬すぎず柔らかすぎない程よい歯応え。スープは油っ気強めの濃厚豚骨、塩だれと言うだけあって塩気が強めに利いてて、それがいいアクセントになっている。具はチャーシュー2枚、キクラゲ、ネギとシンプル。注文後に切るチャーシューがまた武骨、脂身少なめの肩ロースかな、1枚は端っこのようで荒々しい歯応え。終盤は麺に繊維質の何かが絡んでくる。確かとろろ昆布を塩だれに使ってるんだっけ。微かな酸味が面白い。
まあ正直、二麺目にするのがもったいないくらいのパワフルラーメンでした。次はまたメニューが変わる前に「柚子塩豚骨らーめん」狙いで来てみたいね。

博多 豚十郎
塩だれ豚骨らーめん 600円 ☆3.5
筑紫野市紫2-7-18 11:00~15:15OS 第1第3月曜定休

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3004-5b7480c3