こなみ@津屋崎 & 馬賊@若松 

16072400.jpg
今日の麺ドラは北の方へ。一軒目は「こなみ」、開店5~10分後に到着するよう計算して来たのだが、既にカウンター席の大半とテーブル席の半分が埋まっていた。テーブル席の一角には、今日のトークイベントの予習をしてる、店主さんのダンナさんである山田祐一郎氏が座ってたんで、そのトイメンに座る。今日の狙いは新メニュー「梅冷やかけちく天のせ」。冷やかけ好きとしてはこれは飛んでこざるを得ない。山田氏と話したり話さなかったりしつつゆるりと待ち、20分後くらいに麺登場。
16072401.jpg 16072402.jpg
食べる前にレンゲを取ろうかと思ったが、小ぶりな丼に冷たいすめである。レンゲで啜るより丼持って啜った方が美味かろう、と取りかけたレンゲを返す。細めでかなりぐねった麺はきっちり冷やされてかなりの強腰、だが硬いとは感じさせないギリギリ強めの歯応え。麺の盛りつけも美しく、麺線が短い麺も前回よりかなり減っている。きっちり冷たいすめは和風ダシの素材がどれも突出していないバランス型、塩気は控えめなのだが梅やレモンの酸味やちく天の油っ気がフォローしてるんで物足りなさは感じない。具の梅干しはしょっぱいがしょっぱすぎず、果肉のジューシーさも残ってるタイプ。揚げたてのちく天は周りサクッ中フワッ、盛りつけ方も他店にないやり方で面白い。終盤はレモンつついて酸味を絞り出しつつ、すめまで完食。
前回はざるだったんで直接的には比べられないけど、多分良くなってると思います。特に麺、あと接客も余裕が出てたかも。次こそは「釜玉うどん」と、出来ればごはんモノも、でも新メニューが出てたらどうなるかわかんないな。ちなみに店のすぐ近くにポケストップがあるので、トレーナーの方も是非どうぞ。5分おきにぐるぐる。

こなみ
梅冷やかけちく天のせ 690円 ☆4.5
福津市津屋崎4-10-13 11:30~15:00(以降喫茶営業、酒場営業あり) 不定休
Facebookあり(店休日情報も)


16072403.jpg
ここから北上、山田氏に聞いたオススメの店に行ってみるも、店外どころか店内を眺めてもメニューがさっぱりわからない(笑)。機を見て改めて来てみる事にしてさらに北上、予定通り「馬賊」へ。狙いは夏に食べてみたかった「ざるラーメン」。
16072404.jpg 16072405.jpg
レモンは麺に搾って、辛いの好きならラー油入れて、と店員さん。麺は太縮れ、ムチッとした食感と味もいいんだけど、麺線短いのが結構混じってたのは惜しい。つゆは和風ベースっぽいがコクがあって、普通の麺つゆとは一線を画す。何だろうなこの味、貝出汁っぽい気はするが断言は出来んな。具はチャーシュー2枚、煮玉子半分、メンマ、味海苔、カイワレ、レモン、つゆの中にネギとゴマ。特筆するほどではないが、どれもちゃんと美味い。終盤はレモンを麺に搾りかけ、ズズッと完食。
つゆの美味さは光ってたけど、なんかもう一つ武器が欲しいな、って印象でした。お値段ちょい高めなだけに、なおさら。次はいまだに未食の、デフォの「ラーメン」540円かな。

馬賊
ざるラーメン 720円 ☆3.5
北九州市若松区中川町1-14 11:30~15:30&17:30~23:30(日曜~22:00) 月曜定休

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/3000-656722f6