こなみ@津屋崎 ~まあ、ごゆるりと~ 

かしわざる 780円 ☆4.0
福津市津屋崎4-10-13 11:30~15:00(以降喫茶営業、酒場営業あり) 不定休
Facebookあり(店休日情報も)

「こなみ」といえば上上下下左右左右BA(ちゅどーん)であった。これまでは。これからは、福岡で「こなみ」といえばうどんである。ヌードルライター山田祐一郎氏の奥様の美智子さんが、長年の夢を叶えて昨日オープンした店こそが「こなみ」である。カウンター5席テーブル6席の小さな店内には、多種多様な器、極彩色のストローや子供用容器、不揃いのコップなど、あちらこちらにこだわりが見て取れる。ピカピカの厨房では、忙しそうながらも活き活きと動く店主さんと、日曜日のサラリーマンの如く不器用に調理や給仕の手伝いをする山田氏。
16063003.jpg
店頭には花、店内には酒などの開店祝いが並ぶ。中にはこんなセンスある熨斗も。類が友を呼んでるんだろうなぁ。
16063002.jpg
メニューはこんな感じ。「湯葉うどん」「季節のサラダうどん」は昨日ブログで見たから外し(笑)、いつもの俺なら迷わず「釜玉うどん」に行くところだが、今日の俺は何故か違うところに引っかかる。かしわざる……天ぷらの好きな具トップ3に鶏肉が入る俺である。というわけで「かしわざる」をオーダー。注文を受けてうどんを茹でる時間は14分半。まあ、ごゆるりと待ちましょう。
16063000.jpg 16063001.jpg
「あ、レモン忘れてた!」と、後からレモンが載せられたというのは、ここだけの話である。
麺はうどんにしてはやや細めで、緩やかな縮れがある。冷たく締められてポニュッとした食感は、縮れとも相まって、讃岐とも博多とも違うオリジナリティを感じる歯応えと口当たり。麺線がやや短いのが少々混じってるのは、製麺機を完全には扱い切れてないためらしい。つゆはやや薄味で脇役に徹しつつ物足りなさは無く、甘辛のバランスが絶妙。薬味のネギやショウガやレモン、揚げ玉を入れてもそれらに負けない芯がある。揚げたての天ぷらは鶏肉3枚とシソ、衣はサックリ中はジューシー。ササミのような繊維質があったり、モモ肉のような濃厚な美味さと肉汁を感じたりしたんだけど、店主さんに聞いたらムネ肉だそうで。都会のお店は天ぷらサイズに切り分けた状態で仕入れるけど、こちらでは塊肉で仕入れるしかなく、だから切り方で味に違いが出たんだろうな、きっと。最後はつゆまで完食。うん、飲み干せちゃった。
ファストフードとしてのうどんではなく、スローフードとしてのうどん、と考えればいいのかな。なのでお急ぎの方にはオススメできません。まあ、ごゆるりと。味は間違いありませんので。次は「釜玉うどん」に「ちくわ天」かな。

コメント

>バラシ大魔王さん
>>上上下下左右左右BA

>懐かしくて涙が出そうですw
>全部トッピングで食べたくなりました!

これでフルトッピングになる世代か、自爆してしまう世代か、の試金石になりますね(笑)

>かしわざるですよねー

>ゆきさん
>本文を「こなみと言えば~」から読み始め、メニュー写真を開いて熟考。
>今の季節なら梅おろしも良いなぁ、いや初めてならごぼう天か?でも、かしわざる惹かれるなぁ、だってかしわだぜ、かしわ。よし、かしわだ!!
>と決めたところで本文を読み進めたら、かしわざるがオーダーされてて笑いました。
>だから、このブログが好きなんです(笑)。
>海の目の前でゆっくりとうどんを楽しむ、素敵なお店ですね。

ブログって合う合わないあるよなぁと日頃から思ってますが、
好きと言われるのは正直嬉しいです~ ヽ(*´▽`)ノ
ホント、のんびりと時間が流れている素敵な店です。

>すばらしい!

>きんさん
>これはもう万難を排して行かねば。

機会があれば、いや期会を作ってでも是非一度。
ゆっくり時間を取って行かれて下さいませ~。

>上上下下左右左右BA

懐かしくて涙が出そうですw
全部トッピングで食べたくなりました!

かしわざるですよねー

本文を「こなみと言えば~」から読み始め、メニュー写真を開いて熟考。
今の季節なら梅おろしも良いなぁ、いや初めてならごぼう天か?でも、かしわざる惹かれるなぁ、だってかしわだぜ、かしわ。よし、かしわだ!!
と決めたところで本文を読み進めたら、かしわざるがオーダーされてて笑いました。
だから、このブログが好きなんです(笑)。
海の目の前でゆっくりとうどんを楽しむ、素敵なお店ですね。

すばらしい!

これはもう万難を排して行かねば。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2988-3c262cf4