博多鶏ソバ華味鳥@ソラリアステージ ~清濁併せ呑む~ 

博多極上鶏白湯ソバ+ランチ唐揚げ 830+150円 ☆4.0
福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージB2F 11:00~21:30OS(ランチタイムは平日~17:00、土日祝~16:00)
HPあり

今日のお昼は天神。どこで食べようかと考え、ふと思い出したのが「華味鳥」。期間限定でつけ麺も出てるようだが、今日の気分は鶏白湯。さらに唐揚げもつけてもらう。前回食べた「華味鳥水炊き鶏ソバ」との違いも楽しみである。
16062900.jpg 16062901.jpg
麺は前回と違って中太の縮れ麺、割としっかりとした歯応えで、味的にもスープに負けてない。そのスープ、しっかり鶏油分が溶け込んだ鶏白湯の上にさらに鶏油が浮いてるほどの濃厚さ、一口で客を納得させるザ・鶏白湯。後味はやや重いが塩気も利いているんでキレはある。そして時々口に入ってくる柚子皮が絶妙なアクセント。味変要素のマー油も割といい感じ。具は鶏チャーシュー2枚、揚げごぼう、茹でキャベツ、みじん切りの紫タマネギ、細ネギ、柚子皮。鶏チャーシューはムネ肉っぽいが、しっとりと柔らかくてジューシー。揚げごぼうは揚げたてではないがサックリとしていて、土の風味が香ばしい。キャベツやタマネギもいい存在感。唐揚げは周りサックリ中ジューシー、味付けも程よく文句ない味わい。麺完食後は俵ごはんにスープをかけて雑炊風に。ごはんはやや硬かったが海苔も柚子胡椒もちゃんと美味い。
いや正直、前回の清湯には遠く及ばんだろうと思っていたのさ。でもコレは清湯と双璧と言って過言ではないだろう。あくまで俺個人の好みのレベルで、清湯の方が好きではあるが。しかしこうなると、味噌とつけ麺にも過度な期待をしてしまうなぁ。清湯と白湯の双方の誘惑を振り切れたら、ではあるが。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2987-8ac0a82c