マルケン & ふくわうち @若松 ~北九州の豚骨を巡る~ 

今日の麺ドラは北九州方面。九州道の事故と、それを避けた車による国道3号の大渋滞にハマったり避けたりしつつ、まず向かうは「マルケン」。この店に来るという事は駐車場が空いてるかどうかの勝負であり、負けた時のために第2候補の店を必ず用意しておかねばならない。12時半頃、どうだ……1台空いてた!(ぱんぱかぱーん) というわけで車を止め店に入ると満席で1人待ち。少し待つとテーブルが空いたんで、相席で座らせていただく。オーダーは「ワンタンメン」。前回来たのが2年前、その時より50円値上げしてるな。それでも十分お手頃なんだけど。
16062600.jpg 16062601.jpg
麺は中細ストレート、歯応え強めだけど硬麺ってほど硬くはない。透明感のあるスープは豚骨と鶏ガラだっけ、濃厚ではないがしっかりとコクと深みがあり、塩気も強めでシャープなキレがある。目をつぶってスープだけ飲んだらコンソメと間違うかも、って印象。具はチャーシュー3枚、ワンタン5個、モヤシとネギ。チャーシューはまあ見た目通り、ちょっと珍しい形のワンタンはあん少なめながらしっかりニンニクが利いていて、茹で加減もやや歯応えが残るくらい。麺完食後、スープにテーブルオプションの胡椒をちょっと入れてみる。合う、けど入れない方が好みかな。最後はスープの大半まで完食。
お会計担当は店主さんの娘さんかな、「2,800万円になりま~す」との声に、この店はじめてっぽいお客さんが動揺したように顔を上げ、それ見てエヘヘと照れたような表情。ああ、やっぱりこの店は雰囲気込みでご馳走だなぁ。次は「ちゃんぽん」かな、でも一度「焼きめし」も食べてみたいんだよなぁ。うーむ。

マルケン
ワンタンメン 500円 ☆4.5
北九州市若松区宮丸1-4-3


二麺目はやや福岡方面に戻った場所に今年オープンした新店「福○家」と書いて「ふくわうち」。駐車場は店頭の他に、道挟んで反対にも4台あるみたい。麺メニューの基本は「十割」「二八」「中華そば」。そう、ここは「ぎょらん亭」系の店である。というわけで「十割」をオーダー。
16062602.jpg 16062603.jpg
麺は中細ストレート、ちょい柔めの茹で加減。スープは豚骨、わずかに髄が沈むほどの濃厚さで、油も全部スープに溶け込んでてコラーゲン感が強い。ぎょらん系の共通項で、ポッテリとした甘さが強いのが印象的、でも塩気もしっかり利いてて後にはあまり引かない。具のチャーシューは大きめ厚めだが実に柔らかく、歯ごたえはあるけどすぐにホロリと崩れる。キクラゲにネギも普通にいい感じ。最後はスープの半分くらいまで完食。
店はまだ真新しいし味はいいし接客もいい感じだし、客足が途絶えないのも納得。斜向かいくらいに「くるめラーメンぼたもち」があったり、ちょっと先に「南京ラーメン黒門」があったりする立地だけど、頑張って欲しいですなぁ。次は「中華そば」かな、でも他のぎょらん系にも行ってみたいかな?

ふくわうち
十割 600円 ☆4.0
北九州市若松区高須東4-3-19 11:00~20:00 木曜定休


ぷち麺にゅーす
飯塚市飯塚4-22に、福岡市の親不孝通り近くの「博多ラーメン将丸」の飯塚店がオープンしたみたい。ただし19時オープンの夜専門店。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2985-0e1a0fef