そば処 一耕@太宰府 ~雲呑と名乗って頂きたい~ 

梅と山芋の冷やかけ 1,250円 ☆4.0
太宰府市観世音寺1-7-6 11:00~15:00(土日のみ予約にて夜営業) 月曜・第1日曜定休

きっかけはこんなつぶやきであった。「一耕」の冷やかけが、今年は既に登場しているとの事。そしてそのビジュアルたるや、試さずにはいられない魅力を存分に放っている。さらに、今日は太宰府方面に所用がある。というわけで今日のお昼は「一耕」であり、オーダーは一瞬の迷いもなく「梅と山芋の冷やかけ」なのである。しかしこの店、開店当初に比べるとメニューがかなり増えたな。いつも似たメニューしか頼まない俺だが、たまには冒険してみるのも良いかもしれない。
16061600.jpg 16061601.jpg
石臼碾き自家製粉の十割蕎麦は今日は丸岡在来種、香りこそ微かながら甘さは十分、麺線も整い食感もしっかりしている。キンと冷たいすめは色の濃さの割に塩気は控えめ、ダシが複雑に上品に口中に広がる。そしてその上に広がるのが山芋と、さらにその上には泡状に固めた梅。この山芋がまた、粘り気皆無でしっかりと空気を含みフワフワで、それでいて大地の風味はどっしり感じられる。その食感はまさに雲を呑むが如し、「ワンタン」は「雲呑」という字をこちらに譲って頂きたいと思ったほど。そして梅もそれだけで味わえば「しっかりと梅の味がする雲」、それを程よい大きさに切り取り、山芋や蕎麦と共に口に運ぶ。終盤でようやく薬味の存在を思い出し、青ネギを投入。合う。食後は蕎麦湯で、冷すめを1:1くらいで割ってさらに味わう。
蕎麦の世界だけに置いておくにはもったいない、雲の如き梅と山芋の世界。いずれ他の麺業種でも流行るかもしれない、だがまずは「一耕」でお試しあれ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2977-d4b19598