正ちゃんうどん & テールらぁあ麺 よし久 @小倉南区 

今日の麺ドラは小倉南。まずは住宅地の中にぽつんと佇む小倉肉うどんの店「正ちゃんうどん」へ。あまりの佇みっぷりに店を見落として通り過ぎて彷徨い、スマホで住所検索してしまったほどに、住宅地の中に落ち着いていた。さほど広くない店内には先客1組後客1組。早朝の方が賑わってたりするのかな。オーダーは「肉うどん」の小と、玉ねぎ天。まず切り干し大根の糠漬けが、続いて玉ねぎ天が運ばれ、さほど待たずに麺登場。
16050800.jpg 16050801.jpg
麺は茹で置きの、角が立った細麺。芯にモッチリ感を残しているがイメージは柔麺で、スープの馴染みが良い。スープは和風ダシをベースに、醤油の香りと肉の甘さが出ていて、テーブルオプションのショウガが非常に合う。どんだけショウガ入れても受け止められそうな力強さを感じる。具の肉は頬肉だそうで、ホロホロに柔らかく、しっかり火が通った筋っぽさやゼラチン質に食感の妙味がある。そして粗めに揃えて刻まれた中ネギの辛さと食感がまた合う。玉ねぎ天は、ちょっと油が回りすぎてる感じかな。でもしっかりスープに浸せばそれもさほど気にならない。糠漬けをポリポリ囓りつつ、ズズッと完食。
以前、八幡西区の同名店に行った事があるが、その暖簾分け元にも来られて嬉しいね。ただ一つ心残りは、「うどんのはなし」にも書かれていた「茹で玉子の糠漬け」を食べ損ねたこと。よし、再訪せねば。

正ちゃんうどん
肉うどん(小)+玉ねぎ天 680+120円 ☆3.5
北九州市小倉南区長行東1-11-3 8:00~17:00 月曜定休
HPあり


二麺目はテールカレーとテールラーメンの店「よし久」へ。元は小倉北区の港湾地区にあった店(今でもあるのかな)で、先月末に曽根店としてこちらがオープンした。テールラーメン好きとしては一度来てみたかったのだよ。店内は手狭で、客席は16人サイズくらいの大テーブル1卓のみ。ラーメンは具が無いのが500円、具があるのが650円、他に辛いのとかいくつかあるみたい。迷わず具入りの「ザ・テールらーめん」をオーダー。
16050802.jpg 16050803.jpg
麺は多加水の平打ち細麺かな、透明感がありつつ歯応え強めなのだが、このスープには柔麺の方が馴染む気がする。白濁のテールスープは塩気も程よく、コラーゲン感も強め。ただテールの風味はちょい弱めかな、と最初は思ってたのだが、食べ進めるにつれどんどんレンゲが進む、後を引く味わい。具はテール肉、クコの実、キクラゲ、ネギ。テール肉はホロホロの柔らかさ、味は意外としっかり残っていた。最後はスープの大半まで完食。
麺が惜しいかなってのと、肉はもうちょい量が欲しかったかな。とはいえ貴重なテールラーメン、美味かったです。次は具無しでいただいて、ごはんにテール肉が載った「お茶漬けセット的なモノ」を味わってみたいかな。

テールらぁあ麺 よし久
ザ・テールらーめん 650円 ☆3.5
北九州市小倉南区下曽根1-3-5
Facebookあり

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2950-b1c25ca1