麺屋 玄@小倉北区 ~味噌を避ける男~ 

醤油ら~めん 700円 ☆4.0
北九州市小倉北区江南町7-1 11:00~15:30&17:00~20:00 月曜定休&不定休
HPあり

今日はオトモダチ(仮にW氏とI氏とする)と麺ドラ、北九州方面へ。俺も社交的になったモンだぜ(なってません)。三麺予定だったが、三麺目の「馬賊@若松」は腹具合がキツかったんでスルーした。二麺目が量が多かったもんでね。そんな二麺目に行ったのが「麺屋 玄」。昨日「おとななテレビ」に出たのもあってか、店頭には結構な行列。まあ待ちますけどね。複数人で行動してると、行列に並ぶ時の負荷は減る気がするね。オーダーはW氏とI氏が味噌頼んだんで、あえての醤油で。店頭について40分ほどで麺登場。
16041700.jpg 16041701.jpg
麺は森住製麺の中太縮れ、見た目通りの歯応え強めで、麺線が短めなんで熱々のスープが絡んでも啜りやすいのが嬉しいところ。スープは豚骨やら鶏ガラやらの清湯ベースかな、熱々だがラードが押してくる感じではない。火入れをしているのか、醤油の香ばしさが立った、やや独特な味わい。具は厚みがあるチャーシュー、モヤシとタマネギ、メンマ、アオサ、珍しいところでは蓮根のピリ辛きんぴら。中でも、やはりアオサは相性がいいね。麺も具もボリューム感があり、完食する頃には結構お腹いっぱい。
前回は塩、今回は醤油と、あえて看板の味噌を外すのが俺スタイル。この店の修業先である「麺屋 彩未」に行ったことがあるW氏によると、彩未とさほど遜色ない味だったとの事。よし、次こそ味噌をいただいてみることにしよう。冬頃に。
16041702.jpg 16041703.jpg
ところで一麺目に行った某店についてですがね。美味かったです。麺の茹で具合も丁度いいし、豚骨の風味もしっかり感じられて、元ダレも利いてるけど塩気は控えめなんで後味もいい。ちょい値段高めだけど、ホロホロのチャーシューもキクラゲも量があるんで割高感もない。ただ厨房がね。良く言えば「すごく丁寧に作っている」んだろうけど、そのために客を待たせる事にあまりに配慮がなさ過ぎるように見える。もちろんそれは味への影響もあるだろう。俺はギリギリセーフだったけど、俺の隣に座った後客はすげぇ気を悪くしてるように見えた。そういうわけで、「俺を信じてコレを喰え」と手放しには言えないので、店名は伏せさせて頂きたい。味は良かったんですよ。えぇ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2935-a8fc5375