せんげんや&MAPPE ~和風ラーメンを巡る~ 

今日の麺ドラはあっち方向(右上を指差しながら)。ブログ「福岡の東濃く腹」を見て美味そうやんと思った和風ラーメンを巡る。まずは津屋崎に今年オープンした「せんげんや」。この場所はチャレンジスペースで、以前はハンバーグが美味しい店が入ってたみたい。今は松山風鍋焼きうどんを味わって欲しいってコンセプトらしい。メニューはこちら。
16032702.jpg
この中から俺の狙いは「千軒レモンラーメン」。靴を脱いで上がる畳の席、低めのちゃぶ台、和む風景を味わいつつのんびり待つ。
16032700.jpg 16032701.jpg
蓋付きのアルマイト鍋(多分)でご提供ですよ。焦がしニンニク油はサービスだそうです。
麺は中細のストレート、ちょっと乾麺っぽい歯応え。超熱々の、大羽いりこと鰹の出汁のスープは、どっちかというといりこ寄りかな。油っ気もないのに物足りなさを感じさせない、しっかりと取られたダシが身体に染み込んでくる感じ。具はホロリと柔らかいチャーシュー2枚、半熟玉子半分、ワカメにカマボコ、白ネギ。途中で瀬戸内レモンを浮かべると、微かな酸味がより和風ダシの味わいを引き立ててくれる感じ。レモンの皮の苦みが出る前に引き上げて、次は焦がしニンニク油をちょいと入れてみると、香ばしさとコクが加わる。ただダシへの影響が結構大きいので、一口分ずつ入れる方がいいかも。最後はスープまで残さず完食。
個人的感想だが、もうちょい柔めの麺の方が合いそうなのと、量がちょい少なめかな。次はこの店のメインであろう「せんげんうどん」いただきに来ます~。

せんげんや
千軒レモンラーメン 650円 ☆3.5
福津市津屋崎4-12-23 10:00~17:00 火曜定休
Facebookあり


途中でフリーペーパーとか回収しつつ、二麺目は飯塚の「MAPPE」へ。他の客が食べてる豚骨の香りがなかなか強めで魅力的なのだが、今日の俺の狙いはいりこ・こんぶ・かつお節の出汁を使った「和風」。種類が素の温、素の冷、のり、あと辛そうなのの4種。「のり」をオーダー。
16032703.jpg 16032704.jpg
麺は豚骨と共通であろう細ストレート、茹で具合もほんのちょい硬くらい。超透き通ったスープは、一口目は鰹節の華やかな香りが先行し、その後は和風ダシの落ち着いた味わい。油っ気もなく塩気も控えめだが全く飽きが来ない、しみじみと染み入る味。具はワンタン3個、海苔、カイワレとネギ。ワンタンは種小さめだが肉の風味が力強く、皮のピロピロ感も楽しい。そして海苔が抜群に美味い。メニュー名が「ワンタン」ではなく「のり」ってだけあって、口溶けも良く磯の風味も強め。追加出来るならあと3枚くらい頼んでスープに溶かし込んでみたいくらい。最後はスープまでほぼ完食。
「せんげんや」ともまた違った、こちらはラーメン屋らしいアプローチの一杯でした。次はデフォの豚骨か、あるいは夏に素の冷を味わってみたいかも。

MAPPE
和風・のり 480円 ☆3.5
飯塚市目尾786


ぷち麺にゅーす
北九州市八幡西区藤原2-15-18に「和麺屋台 桂や」が2月12日オープン。五島うどんを使った創作和麺がいただけるそうで。ちなみに不定休(日曜はやってるみたい)、駐車場あり。
北九州市戸畑区旭町3に「弥ひちうどん」がオープン予定かもうオープンしたのか。

コメント

>恐縮です♪

>福岡の東濃く腹さん
>お口に合えば幸いですが、このところ出汁系のスープがかなり好みで、濃厚な豚骨とは縁遠い味覚でして…

自分は個性的な味が好きなんで、楽しく味わわせていただきましたよ。

>前者は、無化調かつ煮干しの旨味がダイレクトに伝わり、啜った瞬間に頬が緩みました♪
>ニンニク油は同感で、私も一気に注いでしまいましたが、徐々に足してこそだと感じました。

レモンの扱いも繊細な感じだったんで、ニンニク油も繊細に使わせていただきました。
より煮干しをダイレクトに味わえそうなうどんも楽しみです。

>後者は豚骨の人気店ながら、和風の透明なスープを提供されていると聞き、頂くと慈悲深い味わいながら決して浅さはなく、後口の良さと煮麺みたいな口当たりで、中年の心に響く旨さでした。

こちらの方がよりラーメンチックでしたね。ただ、別卓から漂う豚骨の香りも魅力的でした。

>重ね重ね、ご紹介頂いた事に感謝致します。

先達への敬意は忘れないように心がけております。今後ともブログ楽しみにしております。

恐縮です♪

ご紹介頂き、誠にありがとう御座います♪

お口に合えば幸いですが、このところ出汁系のスープがかなり好みで、濃厚な豚骨とは縁遠い味覚でして…

前者は、無化調かつ煮干しの旨味がダイレクトに伝わり、啜った瞬間に頬が緩みました♪

ニンニク油は同感で、私も一気に注いでしまいましたが、徐々に足してこそだと感じました。

後者は豚骨の人気店ながら、和風の透明なスープを提供されていると聞き、頂くと慈悲深い味わいながら決して浅さはなく、後口の良さと煮麺みたいな口当たりで、中年の心に響く旨さでした。

福岡では、変わり種と言える2種のラーメンですが、こんな試みも楽しく感じ取れる年齢になりました(笑)♪

重ね重ね、ご紹介頂いた事に感謝致します。

>鍋焼きは

>きんさん
>松山出身者は「アサヒ」派と「ことり」派に分かれるのですが、私は断然後者です。

なんと鍋焼きに派閥が!? Σ(・ω・ノ)ノ
調べてみたら2店すごく近いんですね。いつか食べ比べが出来たらと思います。
見た目だけの判断ですが、自分も多分後者かな。

鍋焼きは

松山出身者は「アサヒ」派と「ことり」派に分かれるのですが、私は断然後者です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2919-1e787ee2