たか升 & まあ亭 @直方 

今日の麺ドラは東か南か迷って東へ。まずは直方の、数年来の宿題店を目指す。ちょっとした山道を登り、たどり着いた蕎麦屋はとても静かな佇まいで、
16021400.jpg
そりゃ静かだよなぁorz さてどうしよう、とりあえず二麺目に行く予定だった店に行くとするか。国道200号沿い、直方と北九州の市境らへんに定食やら中華やらタコスやら蕎麦屋やらが並ぶ一角があり、その中のラーメン屋「たか升」がその店である。久留米ラーメンとトンカツなどの揚げ物の店、オーダーはもちろんデフォの「ら~めん」。
16021401.jpg 16021402.jpg
麺は中太、コリッと感のあるちょいと硬めの茹で加減。スープは油分がすっかり溶け込んだ濃厚さ、とろみと髄感がある口当たりで、鼻に息を抜けば豚骨臭さも感じるワイルドさ。それでいて元ダレの醤油風味もしっかり利いていて後味は重くない。レンゲでスープを掬えば底に髄が残るほど、この手のイニシエ系濃厚豚骨は久しぶりやな。具は肉のうまみがしっかりしたチャーシューが2枚、たっぷりのキクラゲ、ネギ。なかなかスープを飲む手が止まらず、スープ半分くらいまで完食。
16021403.jpg
ちょっと調べてみたらこの店、以前はテント看板に「ら~めん」とあったが、一旦ラーメンをメニューから外したときにその文字は消え、改めて復活したときに「久留米」の文字が足された、みたいね。確かに久留米の魂を感じる味わいでした。

たか升
ら~めん 500円 ☆4.0
直方市感田1995-4


さて二麺目どうしよう、久しぶりに「英ちゃんうどん」でも行ってみるかと車を走らせると、その隣にお花が届いてる新店を発見。店名は「まあ亭」、1月16日に田川伊田駅から移転オープンしたそうで。じゃあここにするか。券売機を見るとデフォの「豚骨ラーメン」600円、「あっさり豚骨ラーメン」650円など。あっさりの方が高いのか。まあ普通にデフォの食券を購入。待ってる間ふと考える。田川の「まあ亭」……あ、ぎょらん系の店か。って事は「あっさり」はいわゆる二八なのかな。
16021404.jpg 16021405.jpg
麺は細ストレート、何も言わずともコリッと感がある食感で、麺自体の味も良い感じ。スープはぎょらん系らしい、ポッテリとした強めの甘さがある濃厚豚骨、でも元ダレの塩気も強めに利いていて味に締まりがある。この甘辛強めに利いた味は若者向けっぽいなぁ。具は大きめ厚めのチャーシュー1枚、たっぷりのキクラゲ、ネギ。ただ丼の底から、恐らくコク出しで煮込まれたであろう、背脂の塊っぽいのが出てきて(2枚目写真の麺とキクラゲの間のヤツ)、これが食べられなくはないけど美味しいモンではなかった。間違ってスープに紛れ込んじゃったんだろうね多分。
あと一つ言うと、カウンター席が地に足が付かない高さで、椅子もバネが利いた感じだったんでなんとも落ち着かない感じだった。とはいえお客さんも途切れないくらいに賑わっているようで。夏季限定で冷やし担々麺があるみたいなんで、次はそれ狙いで来てみようかな。

まあ亭
豚骨ラーメン 600円 ☆3.5
直方市下境2585-1 11:00~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2893-826f2e54