南京ラーメン 黒門 & 馬賊 @若松 

今日の麺ドラは若松から小倉にかけて7店舗ほど候補を立てて、手前から開いてるところ、空いてるところに入る事に。まず一店目は遠賀から移転した「黒門」。場所がちょっとわかりづらいが、福岡から行ったらゼネラル石油がある「高須青葉台入口」交差点を左折してすぐ右手にラーメンの幟が見えます。「さぬき麺業」まで行ったら行きすぎやね。11:30過ぎで満席プラス待ち2人。この時間なら開店と同時に入った客が食べ終わる頃だろうと待つ事にする。果たせるかな、10分弱待って席に案内され、15分弱で麺登場。
16011700.jpg 16011701.jpg
今日のブレ。麺がちょい柔め(良い感じ)、モヤシがちょっとモヤシ臭い(惜しい)、バラ肉チャーシューが脂身多過ぎ(惜しい)。そんなもんかな、それ以外はいつも通り、あるいはいつも以上の美味さ。ちょい太めの麺のモッチリ感、豚骨コンソメと言うべきスープの、軽やかさとコクの驚くべき同居、5つの具材の程よいアクセント。久しぶりだったので今日はあえて海苔は頼まず、素のスープのまま最後の一滴まで完食。
久しぶりに味わったけど、なんか自分の中でこの味が神格化されつつあるんじゃないかってくらいの満足感。心配なのはノンストップでラーメンなどを作り続ける店主さんと店員さん。お店が広くなったことですし、週休2日にしてもよろしいのではないでしょうか。

南京ラーメン 黒門
ラーメン 600円 ☆4.5
北九州市若松区青葉台南3-1-5 11:00~ 月曜&第4火曜定休(月曜祝日は翌日振替)


二店目候補は「マルケン」、しかし残念、定休。三店目候補は若松中心街の「出雲そば」、でも開いてないな。なんか店の感じからして、もう閉店しちゃったっぽいなぁ。いい店だったのに。続いて四店目候補は「馬賊」、あ、開いてた。というわけで今日は若戸大橋は渡らぬ事となった。オーダーは「鶏そば」。「茶漬けセット」ってのも魅力だが、+180円と意外と高いのでパス。
16011702.jpg 16011703.jpg
麺は中太縮れ、麺線ちょい短めでモッチリとした食感が好み。スープは鶏ガラと野菜と昆布がベースだそうで、優しい味わいの清湯は派手さは無いがしみじみと染み入る美味さ。背脂でコク、柚子で爽快感も加わりバランスもいい。具は蒸し鶏、半熟煮玉子半分、メンマ。蒸し鶏はちょい硬め、柚子皮が絡めてあって、それがスープに味を移してるんだけど、鶏の柚子風味が強すぎてちょっとくどいかな。アイディアはいいだけに惜しいところ。
とはいえ麺とスープだけで十分満足行く味わいでした。他のメニューも気になるので(特にざるラーメン)また来てみたいね。

馬賊
鶏そば 640円 ☆4.0
北九州市若松区中川町1-14 11:30~15:30&17:30~23:30(日曜~22:00) 月曜定休

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2877-97596a40