手打蕎麦 風りん@高砂 ~コバコの蕎麦屋でぬくいのを~ 

玉子とじそば 860円 ☆3.5
福岡市中央区高砂1-6-6 11:30~14:30OS&18:00~21:30OS 日曜定休(祝日は不定休)

今日のお昼は11月からランチをはじめた、9月オープンの新店「風りん」、その名の通り入口横には風鈴が飾られている。まだ真新しい店内はテーブルが4人掛け2卓、カウンター4席のコバコ。食べログに「2年ものの本枯節を毎日削って出汁を取って」ってあったんで、調べてみたらやっぱり「一茶庵」出身だった。メニューはこちら。
15112600.jpg
これ以外にランチ限定で、丼と小蕎麦のセットもある。まあ新店なんで「もりそば」にしようと思っていたのだが、突然の冷え込み、そして油断してた俺の薄着のダブルパンチで冷たい蕎麦は食べづらい。ここは温かいのから「玉子とじそば」をオーダー。
15112601.jpg 15112602.jpg
蕎麦は整った細打ち、モッチリ感を感じさせる食感で、柔らかいが弱くはない。それが証拠に、丼の底にも短く千切れた麺はほぼ沈んでいなかった。打ちも茹でも丁寧な証だろう。本枯節を使ったつゆは、しっかりしてはいるが上品な味わいで、醤油も利いてるんだけど塩気は控えめ、甘さも控えめ。そして玉子とじ、これがもうふわっふわ。出汁をしっかり含んだ玉子の味わいたるや、上質な出汁巻き卵をも上回る(個人的な感想です)。そして薬味のミツバとネギもちゃんとしている。特にネギはあえてわずかに残してあるであろうネギ臭さがつゆとの相性抜群。最後はつゆ一滴残さず完食。
ちょっちゅ言うと、新蕎麦にしてはちょいと風味が弱かったのと、レンゲが小さくて使いづらかった(女性向けには大丈夫でしょう)ってのと、メニューが外税表記だったのが惜しい。とはいえ期待したい新店、次こそは冷たい蕎麦をいただいてみたいね。天丼とのセットとか良さそうかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2847-a493dc08