石釜そば ひさ屋@石釜 & noodle studio くらくら@佐賀 

今日の麺ドラは佐賀へ、海の紅葉シチメンソウを見に行く。なんか自然モノを見に行くのも久しぶりな気がするな。まず一麺目は「ひさ屋」にて新蕎麦を。「田舎玄そば」が食べたかったんだが今日は打ってないそうなんで「せいろそば」で。先付のレンコンのきんぴら(厚切りだが歯応えが程よくて美味い)を食べてると、手早く麺登場。昨日が昨日だったんでびっくりしたけど、多分一人客に気を遣って、団体客より先に出してくれたのだろう。
15110100.jpg 15110101.jpg
あら、田舎みたいな見た目やね。星の入った蕎麦は細打ち、秋田産だったかな。ややざらついた口当たりで、香りは控えめだが甘さがしっかりと立っている。ロックソルトをおろし金でガリガリ削って蕎麦に掛けて食べると、塩味と甘味の対比効果でますます甘さが引き立つ。つゆは、この写真で透明感がわかるかなぁ。かえし控えめでダシの風味が力強い。このつゆ好きやわぁ。蕎麦をどっぷり浸してもいいくらいの味加減、そこにピリリと辛い大根おろしをちょいと入れるとこれまた美味さが引き立つ。麺完食後は濃いめの蕎麦湯、たっぷりめに割ってもつゆの美味さが弱まらない。ネギをパラリと入れ、ズズッと飲み干す。食後は口直しに梅柴漬けをいただく。酸っぱいかと思ったら意外と甘かった。蜂蜜漬けかな。
前回来店時(ブログには書いてない)の事を覚えていて下さったようで、会計時に店主さんにご挨拶を頂く。なんか嬉しいな。ちょいと量は少なめかな、でも福岡でこういうつゆが味わえる店は他に無い気もするな。やっぱ秋は新蕎麦だねぇ。ごちそうさまでした~。

石釜そば ひさ屋
せいろそば 850円 ☆4.0
福岡市早良区石釜828-7 11:00~17:00 金曜定休
ブログあり


さて三瀬街道を佐賀方面へ向かう。街道沿いの蕎麦屋はほぼ盛況、中でも「三瀬そば」は駐車場待ちの車が7,8台、歩道に乗り上げて待ってるほど。迷惑だから諦めて他の店に行けよお前ら。そして佐賀市街地に入り、二麺目「くらくら」へ。二回目の訪問だが今日も先客後客ゼロ。そりゃまあ、見た目じゃラーメン屋とはわからんし、飛び込みで入る人はいないだろうからなぁ。さて「くらくら」「極旨」「無添加」と3種類ある「焼豚麺」のうち、前回は「無添加(dry)」をいただいたんで、今日は「くらくら」を「焼豚増量」でいただいてみる事に。
15110102.jpg 15110103.jpg
関東から仕入れるという麺は中細、佐賀らしいちょい柔めだが弱くはなく、むしろ芯にムッチリ感がある。スープはしっかり丁寧に煮出した豚骨風味、わずかにとろみがあり、油っ気は感じず。醤油の風味は利いてるけど塩気は控えめ、「濃い味」というよりは「しっかりした味」という印象。具はチャーシュー6枚、生の小松菜、キクラゲ、ネギ、海苔、揚げタマネギ&ニンニク。チャーシューは注文後にブロックのまま炙ったものを厚めにカットしてあって、まあ端っこの部分は硬めなんだけど、それ以外は弾力感ある歯ごたえとジューシーさが両立した逸品。これで+150円は是非モノですよ。スープに浸してちょいと熱を入れた小松菜も歯応え、味ともにいいね。麺の量も多めで満足感たっぷり。
店のスタイルといい味といい、店主さんのこだわりが詰め込まれまくってる感じがステキ。福岡からちょい遠いんでなかなか来れんけど、佐賀に来る際には必ず選択肢に入れたい店ですな。

noodle studio くらくら
焼豚麺(くらくら)+焼豚増量 750+150円 ☆4.0
佐賀市水ヶ江3-3-3 12:00~14:30&18:00~20:30(夜営業は土曜のみ) 月祝定休
HPあり


ぷち麺にゅーす
北九州市小倉北区井堀1-15-25に「味噌ラーメン専門店 鈴」が12月中旬オープン予定。
早良区石釜1185-1の「鳥飼豆腐」に「牛スジラーメン 11月オープン」って貼り紙が貼ってあった。マジか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2829-9ed68939