第3回みおせるさん東京で麺食べる・3日目 ~これもまた東京~ 

東京3日目である。宿をチェックアウトし、五反田駅に向かう……おや、「おにやんま」の前に行列ができていない。じゃあここで一麺目とするか。一昨日見かけた「きのことベーコンのトマトクリームうどん」ってのが気になっていたのだ。ちなみに食券には「温並月がわり」とある。月替りメニューもやってんのかこの店。すげぇな。
15100400.jpg 15100401.jpg
相変わらず手早く出されるうどん。最良のタイミングではなかったようだが、それでも大抵の店を凌駕する平打ち麺の質の良さ。スープはトマトクリームだが、和風ダシをベースにしてるのか、サラッとして軽やかな味わい。トマト感が強すぎないのが俺好み。具はきのこ3種とベーコンのソテーかな、それぞれの歯応えと味の違いを楽しめる。途中で揚げ玉入れたりして(これがまた合う!)スープまで完食。
ホント、朝からこの店に来るために宿は五反田にしようかと真剣に検討する、それほどの店かと思います。次の東京がいつになるかはわからんけど、きっとまた来るぜ。

おにやんま
きのことベーコンのトマトクリームうどん温並 500円 ☆4.5
品川区西五反田1-6-3 7:00~翌3:00(日祝~24:00) 無休


さて移動して日本橋。向かったのは恐らく日本で一番シェフが黒い洋食店「たいめいけん」。開店15分後の到着だが既に20人ほどの待ちの列。流石である。まあ今日はあまり予定無いから待つけど。結局45分ほど待って店内へ。もちろん、タンポポオムライスを食べに来たわけではない。
15100402.jpg
まずはたいめいけん名物料理、コールスロー(天下一品)とボルシチ(ボリウム満点)。どちらも50円というサービスメニューだが、値段に合わない質の高さに驚かされる。キャベツは硬すぎず柔らかすぎない絶妙の歯応え、酸味はギリギリで食べやすい。ボルシチはたっぷり具だくさん、こちらも味付けはやや控えめ。満足感ありつつもメインの邪魔にならない、老舗の実力に驚嘆しきり。
15100403.jpg 15100404.jpg
そして俺のターゲット、たいめいけん特製ラーメン。トムヤン味噌風味なんてのもあるけど一番普通ので。麺は中細ストレートの卵麺かな、ちょい柔めの茹で加減で量はたっぷり。スープはスタンダードな醤油風味、洋食っぽいわけでもなく、普通に美味しい。具は毒々しいほどに赤いチャーシュー、極太のメンマ、キヌサヤに海苔。チャーシューは厚くて大きく、色の割には中華っぽくないアッサリ味。キヌサヤは筋を取ってなかったのが残念。
いやホント、意外なほどに普通の味でした。昨日一昨日のラーメンが今の東京ラーメンだとしたら、これは昔の東京ラーメンなんだろうな。なお、今度も「肉の万世」や「崎陽軒」みたいな「ラーメン主体じゃないメジャーチェーン店のラーメン」も食べてみたいと思ってます(・ω・)。
15100405.jpg
ちなみに店の横にはこういう立ち食いコーナーがあって、並ばずに食える予定だったんだけど、
15100406.jpg
日祝はやってないってさ(´・ω・`)

たいめいけん
ラーメン+コールスロー+ボルシチ 750+50+50円 ☆3.5
中央区日本橋1-12-10 11:00~20:30OS(日祝~20:00OS) 年始のみ定休
HPあり


さて百貨店巡りとかして(新宿伊勢丹の食料品売り場の品揃えは圧巻でした)、そろそろ空港に向かうかな。その前に品川で下車、品達に向かう。「なんつッ亭」のラーメン食った事ないんだよね……おや、「なんつッ亭」と「蒙古タンメン中本」が工事の都合で今月いっぱいまで長期閉店中。ガーンだな。じゃあどうしょうか……あ、「旭川ラーメンSaijo」って店に「烏骨鶏塩らーめん」ってのがある。それにしてみるか。
15100407.jpg 15100408.jpg
麺は中太の縮れ、まあ普通に普通。スープはなるほど力強い鶏ガラ風味と、それに負けない塩の風味。その力強さたるや、途中で溶かし入れたショウガの風味をほぼマスクしてしまうほど。具はチャーシューにナルトにメンマ、あと麺の下からモロヘイヤかな、粘り気のある葉っぱと茎が出てきた。
麺や具は普通だがスープの力が圧倒的、でもそれでこの値段はちと高いね。さあ俺が「なんつッ亭」を味わえるのはいつになるやら。

旭川ラーメンSaijo
烏骨鶏塩らーめん 900円 ☆3.0
港区高輪3-26-20 11:00~23:00
HPあり

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2811-240a425d