noodle studio くらくら@佐賀市 ~日曜も営業してたとは~ 

焼豚麺(無添加・dry) 750円 ☆4.0
佐賀市水ヶ江3-3-3 12:00~14:30&18:00~20:30(夜営業は土曜のみ) 月火祝定休
HPあり

今日はお昼に佐賀市に用件。おおっ、日曜定休の店に行くチャンスではないか。というわけで宿題店「くらくら」へ。東京は中野から今年頭に移転オープンしたって話でしたっけ確か。店は非常に見つけづらい。北から来るなら、龍谷高校の先、深川胃腸科外科の隣、ピザカリフォルニアのトイメン。駐車場は店に横付けで2台分かな。店内はアートギャラリーのようになっていて、カウンター4席と2人掛けテーブル1卓。広々とした贅沢な空間使い。今日は先客後客ともにゼロであった。
15091100.jpg 15091101.jpg
麺は焼豚麺がスープなどの違いで4種、すべて750円。汁なしのDry麺が面白そうなので、それをオーダー。店主さん一人で丁寧にこさえてあるので、お急ぎの時にはオススメできない。チャーシューとか、塊のままサイドをバーナーで炙ってから切り出してるし。というわけでオーダーから10分以上待って麺登場。
15091102.jpg 15091103.jpg
麺の隣の小皿はサンバルだそうで。
麺は弱縮れの細麺、割とムチッと感が高い、しっかりした歯応えでタレの絡みもいい感じ。少しだけ入ったタレは恐らく豚骨ベース、塩気もあってしっかりした味だがクセは無く、でも後に引く不思議な味わい。具はチャーシュー2枚、キクラゲ、小松菜、フライドオニオン、ネギに海苔。まあ中でもチャーシューが圧巻の美味さ。ムッチリとしてジューシーで、味付けも丁度良く炙りで香ばしく、非の打ち所が見当たらない。1枚はサンバルを載せていただく。辛くて甘くて酸っぱいソースだな。他の具では、小松菜がいい食感。フライドオニオンはオニオンじゃないかも、ガーリックも入ってるかも、甘くて香ばしくて複雑な味わい。
15091104.jpg 15091105.jpg
麺の直後に出されたスープは密度の高い豚骨風味。クセは無いが深みがあり塩気は控えめ。終盤はこのスープを麺の器に注ぎ入れる。スープの器の底には結構な量の髄が残った。先ほどまでとは打って変わって上質な豚骨ラーメンに変貌、ただちょいと塩気が足りないんで、サンバルの残りを入れて、テーブルオプションのコショウを振る。インドネシア産を石臼で挽いたというコショウは香り高く、素敵なアクセントになる。最後はスープまで完食。
俺的にはもうちょっと味に締まりがほしいところだが、でもコレはハマる人はずぶずぶハマる味だよな。次は是非「くらくら」を焼豚増量(+150円)で頂いてみたい。ところで帰りに営業時間を確認したら……あれ、今は日曜もやってんだ。これは朗報、今年中に麺ドラで来てみたいな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2793-56950096