みおせるさん東京で麺食べる・初日 ~ソラノイロNIPPON~ 

ベジソバ 900円 ☆4.0
東京都千代田区丸の内1-9-1-B1F 東京ラーメンストリート内 11:00~22:30OS
HPあり

みおせるさん、とある資格取得のために東京に来ています。土曜の朝からなんで、金曜の夜のうちに前乗り。飛行機が遅れて羽田着は21時ごろ。大丈夫、オーダーストップの時間は調べてある、と急いで東京駅の「東京ラーメンストリート」へ。22時前なのに「六厘舎」や「東京駅斑鳩」は相変わらず長い行列ですなぁ。俺の目的店、ソラノイロ3号店「ソラノイロNIPPON」は数人待ちくらい。しかもスムーズに通される。良かった良かった。とはいえ俺が食べてる間に10人程度の行列ができてた模様。オーダーはもちろん「ベジソバ」よ。
15082800.jpg
夜に麺屋に来たんだ、飲むしかあるまい。コエドビール600円に、おつまみ角煮500円。味濃い目でトロトロホロホロの角煮の美味さ、ビールも軽やかなのにコクがある。ゆっくりとビール飲み終わってちょいと待って麺登場。
15082801.jpg 15082802.jpg
以前本店で食べた「ベジソバ」は「野菜をたっぷり使っているラーメン」だった。今の「ベジソバ」はビーガンスタイル、つまり「野菜しか使っていないラーメン」である。スープにも具にも肉や魚は使ってないんですな。麺はパプリカを練り込んだ平打ちの中太麺、ムッチリとした食感で量も多め。スープは野菜出汁「ベジブロス」にニンジンのグラッセのピューレが溶け込んでいて、あっさり風味の中にニンジンの甘さも感じられる。正直、鶏ガラとか使ってた以前の方が美味かったと思うけど、これはこれでアリかな。具は季節で変わるそうで、粗挽きコショウが振られた茹でキャベツ、細切り茹でニンジン、トマト、ズッキーニ、レンコンチップス。野菜にかけられた豆乳ソースも味的に面白い。
15082803.jpg
そしてもっと面白いのが味変要素。押し麦のバジル和えは柔らかめの食感の押し麦にしっかりとバジルの風味が染みていて、食べるごとにハーブの鮮烈な風味が来る。赤柚子胡椒は柚子風味より辛さが立っていて、入れすぎると危険な感じ。そんなこんなでスープまでほぼ完食。
単に味の好みでいえば以前のほうが良かったけど、こういうスタイルでここまで美味いんだと感心しきりでした。次こそは「ベジソバ」以外の麺も食べてみたいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2782-94fe49da