らーめん笑喜屋 & 志摩のタンタン麺ハウス @糸島 

今日の麺ドラは糸島で冷やし麺巡り。まずは「笑喜屋」。毎月23日は月に一度のレスラー麺の日、ってのがすげぇ気にはなったが、初志貫徹で「冷やしらーめん3号」をオーダー。多分来年には4号になるんだろうな。
15082300.jpg 15082301.jpg
麺はラー麦使用の極細麺、この細さでもしっかりと歯ごたえがあって、プツッとした歯切れが心地よい。スープはミツル醤油のだしつゆを使ってるそうで、和風淡麗で塩気も控えめ。薄味好みの俺には問題ないが、物足りなく感じる人もいるかもね。終盤はライムを搾って酸味を加えるとまた面白い。具は挽肉、メンマ、キクラゲ、キュウリ、茹で玉子、キムチ、ネギ。濃いめの味の挽肉と、太めに切られたキュウリが存在感がある。キムチは酸味が控えめなタイプでスープへの干渉も少なめ。他の具もたっぷりで多分麺も多め、これなららーめん(500円)に対してちょっと高めのお値段も納得。
いかにも夏向け、しかも食欲無くてもツルリと行けそうなタイプ。来年の4号(仮称)にも期待です。

らーめん笑喜屋
冷やしらーめん3号 680円 ☆4.0
糸島市高田5-24-8
ブログあり


二麺目は「志摩のタンタン麺ハウス」。以前は違うラーメン屋が入ってた場所やね。その頃一度来たけど(略)。さて麺は6種類あって全て600円。その中から「冷しタンタン麺」をオーダー。時間かかるかなぁと思ってたら割と速攻で出てきた。
15082302.jpg 15082303.jpg
第一印象。小さい。ガラスの器、コレかき氷用じゃないかなってくらいに小さい。麺は細ストレート、これが驚くほどに歯応えが無い。茹ですぎた素麺みたい、もしかして茹で置き麺なんかな。他のブログ見てもそういう感想は皆無なので、冷やし麺だけなのかもしれん。スープは鶏ガラベースにゴマペーストとラー油が浮いてる感じ、辛さは程々で唐辛子系以上に山椒がしっかり利いていて、ゴマの風味はさほど強くなく、不思議な酸味がある。マヨっぽいけど、まさかねぇ。具はミズナやレタスの上に温かくて濃い味の挽肉、あと角切りのトマト。このトマトが意外といい存在感。あと不思議な事に、器の割には麺の量はしっかりと入っていた。
うーむ。器と麺と酸味が引っかかる。恐らくこの店の本領はコレではないだろうな。山椒が利いてるのは俺好みなんで、次は「汁なしタンタン麺」いただいてみようかな。

志摩のタンタン麺ハウス
冷しタンタン麺 600円 ☆3.0
糸島市志摩御床2238-1 11:00~19:00

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2778-33c40aee