支那そば やっちゃんち@百年橋 ~三変四化~ 

塩つけ麺 750円 ☆4.0
福岡市中央区清川3-12-1 7:00~15:00OS&17:30~21:00OS(木曜11:00~15:00OSで白湯スープのみの営業) 水曜定休
ブログあり

今日のお昼は「やっちゃんち」、オープン当初よりいくらかメニューが増えている。その中の一つ「塩つけ麺」が俺の狙いの品。麺が細めなんで、さほど待たされる事は無い。
15062300.jpg 15062301.jpg
麺は中細で平打ち気味の縮れ麺、跳ねる口当たりに程よい歯応え、支那そばの麺よりも俺好みなタイプ。つけ汁は恐らく支那そばと共通かと思うが、優しい味わいでインパクトが薄く、最初の頃はゴマの風味に支配される。具の炙ったチャーシュー2枚は味濃いめ、半熟煮玉子半分とメンマも上質。白髪ネギと糸海苔は薬味として存在感がある。中盤らへんでつけ汁に魚粉を投入……お、いい具合に味わいが広がった。続いて塩ダレ……む、キリッと味が引き締まってつけ麺らしくなった。そしてレモンを麺に搾ってみる……わ、酸味とつけ汁が実に相性がいい。そして麺完食後はスープ割り……ぬ、塩気や酸味が重なったつけ汁に鶏ガラや豚の風味が加わり、すっきりした美味さが実にいい。なお麺の量も、俺的には十分に満足行くほどでした。
細麺の淡麗つけ麺は今の福岡じゃあまり見ないんで、俺的には嬉しい味でした。千変万化とまでは言わんけど味変が楽しいし、味がわかれば二回目からは、一口食べてからすぐ好みの味に調整してもいいしね。今思いついたけど、塩ダレを麺にかけてみても面白いかも。

ぷち麺にゅーす
中央区春吉3-21-30に、「うどん大学」の2号店「うどん居酒屋 釜わん」が7月中旬オープン予定。ランチもあるみたいよ。
小倉経済新聞によると、北九州市小倉北区紺屋町5-5に中華そば専門店「光軒」が6月16日オープン。あの黒崎を転々とした老舗「栄軒」のレシピを受け継いでるそうで。営業時間11:30~15:00&17:00~24:00、日曜定休。
お店のブログによると、「中洲そばの実庵ひなた」では明日から豊後高田産春そばの新蕎麦が出るそうで。福岡市最速かな?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2737-9808dbce