てーるらーめん てーる10@鳥栖 & 亀吉うどん@田主丸 

今日の麺ドラは鳥栖から田主丸方面へ。まずは鳥栖に先月オープンした「てーる10」。大牟田にある「てーる29」の支店、確か今度福岡市内にも支店が出来るんじゃなかったっけ。メニューは「てーるらーめん」750円を筆頭に麺が5種類くらい、他にセットモノなども。ちょい値が張るが、小ライスがついてくるらしい。まあここは素直に「てーるらーめん」をオーダー。
15061400.jpg 15061401.jpg
麺は中細、ちょいと麺線短めかな。プリッとした食感で特徴は薄いけど普通にいい感じ。スープはテールの清湯、ちょい油っ気が強いけどくどくはない。塩気は控えめで、テールの風味はしっかり感じられる。具はテール肉、キクラゲ、白ネギ。テール肉はそれなりの大きさのがそこそこ入っていて不足感は無い。ほぐれる柔らかさとゼラチン質のとろみがなかなか美味い。白ネギはスープと一緒に煮込まれたトロトロのと、後から乗せたシャキシャキの2種類入ってるっぽい感じ。麺完食後は、
15061402.jpg
これである。糸海苔とテールスープの相性もなかなか。最後はスープまで残さず完食。
味はいいし満足感もあるんだけど、やっぱお値段がね。でもいろんな店でテールラーメンが味わえるのは嬉しい限り。次はイロモノっぽい「ホワイトてーる」かな。

てーるらーめん てーる10
てーるらーめん 750円 ☆4.0
鳥栖市古賀町15 11:00~23:00


さて二麺目。店の前を通りがかる度に気になっていた「自家製生めん 手打そうめん」をいただきに「亀吉うどん」へ。やや薄暗い店内は半分くらいの客入り。20人弱くらい座れそうな一枚板の大テーブルの端っこに座り、正式名称「極細手打ちそうめん 亀の糸」をオーダー。
15061403.jpg 15061404.jpg
極細とはいうものの、そうめんにしては太い方だよな。クリーム色がかった麺は、この細さには見合わぬムッチリ感としっかり歯応え、讃岐のコシに近いモノを感じる食感。これはなかなか味わえん美味さやな。つゆはダシ感よりかえしの方が強めの辛口、ほんのりした甘さはシイタケ由来かな。辛口ではあるが浸しすぎても喉が渇くほどではない。薬味は青ネギ、ゴマ、ワサビ、レモン。まずはネギとゴマを入れて風味を楽しみ、終盤はレモンを搾らずそのまま入れてほのかな酸味を楽しむ。
いやぁ、この麺は素晴らしいね。細うどんよりさらに細い生麺そうめん恐るべし。また味わいに来たいけど、メニューにあった「冷やしうどん・冷やしそば」も気になる。どうやら冷やかけのようで。となるとそっちも味わってみたいよなぁ。

亀吉うどん
極細手打ちそうめん 亀の糸 500円 ☆4.0
久留米市田主丸町田主丸468-3

コメント

>こんばんは~

こんばんは~。

>南京千両五差路店が移転して
>昨日から梁山泊隣で営業初めたみたいですよ~(梁山泊はなくなりましたがorz)

いつもながら久留米のフレッシュな情報ありがとうございます~。
今度久しぶりに行ってみたいと思います。駐車場が広くなってるといいなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2732-06041b36