とみや食堂@二又瀬 ~おばちゃんパワー炸裂食堂~ 

中華ヤキソバ 550円 ☆4.0
糟屋郡志免町御手洗2-7-31

今日のお昼は二又瀬交差点から志免町方面にちょっと行った所にある(多分)超老舗の宿題店「とみや食堂」。20人くらい入る店を、おばちゃんとおばあちゃんの二人が中華鍋フル回転でパワフルに回している。メニューは食堂らしく様々、肉系の定食やオムライスに焼きめしなど、麺類は看板や幟に書かれていた「チャンポン」の他に「バリソバ」「焼そば」「中華ヤキソバ」の4種。「チャンポン」頼むのが妥当だろうとは思うが、「中華ヤキソバ」が思いっきり心に引っかかる。よし、そっちだ。さあ、どんなんが出てくるか?
15051600.jpg 15051601.jpg
まさかの博多皿うどーん! レンゲと比較しての通り、かなりデカいお皿に盛られての登場である。麺は普通のちゃんぽん麺、焼き目は特についてないけどしっかり味が絡み味が染みている。歯応えも硬すぎず柔すぎず。スープは鶏ガラベースかな、コクがあり塩気も程よい。強めのとろみがついていて麺や具にしっかり味が絡んでくる。具は豚肉、キャベツにニンジンにモヤシにタマネギに長ネギ、魚介は入ってないが練り物はなんと4種類。野菜類は歯ごたえ残しつつしっかり火は入っている。味付けが程よいからか、かなりのボリュームながら飽きる事無くきっちり完食。
おばちゃんたちのパワフルさがそのまま出てきたような「中華ヤキソバ」美味かった~。次こそ「チャンポン」かな。ちなみに生姜焼きとか肉野菜炒めとかの定食類も結構なボリューム感でしたよ。

15051604.jpg
それから「九州酢造」の蔵開きに行ってみたりしてね。蔵の見学とか、飲む酢の試飲販売とか。メーカーの熱気が感じられて楽しかったです。他の調味料の蔵開きも、機会があったら是非行ってみたいなぁ。

ところで先日発売となった麺の本についてですが。
15051602.jpg 15051603.jpg
毎年出てるのかな、シティ情報ふくおか発行の「麺BOOK4」。ヌードルライターの山田ホニャララさんの記事で「ブロガーのオススメ麺屋」ってのがありまして、自分もちょいと協力させていただきました。まあ自分はオススメの店とオススメポイントを出したくらいで、記事を書いたのはほぼほぼ山田さんなんですけどね。自分は「さぬきうどん誠屋」さんをオススメさせて頂いております。良かったら、書店で見かけたら手に取ってみて下さいませ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2716-8f792650