中華そば 上津惣一 & くいよい亭 @久留米 

今日の麺ドラは久留米。目指した店のいくつかに行列が出来てるのを眺めつつ、まずは「上津惣一」へ。以前もここは非豚骨の店だった記憶があるが、今ははかた地どりを使って昼は塩ラーメン、夜は焼鳥居酒屋「一番星ロック」としてやってるみたい。というわけで麺メニューは「塩ラーメン」と大盛&チャーシュー増しのみ。迷わずデフォでオーダー。
15041200.jpg 15041201.jpg
麺は細縮れ、プリップリでピッチピチの活きの良さ。スープは鶏ガラ塩、塩気も油っ気も程よく、鶏ガラのクセは無いのに美味さが強く深く感じられる。具のチャーシューは2枚、ややレアでジューシー。他にメンマ、半熟卵半分、口溶けのいい海苔。白ネギのみじん切りもこのスープと相性がいい。スープの味わいが後を引き、結局スープの大半まで完食。
いやぁ、味的には素晴らしい。ウチの近くに引っ越してきて欲しいくらい。唯一の難点は、お値段ちょい高めの上に丼小さめってトコ。あとは玉子が煮玉子だったら良かったかなぁ。でも美味かったっす。

中華そば 上津惣一
塩ラーメン 650円 ☆4.0
久留米市南4-30-50 11:30~14:30(夜は焼鳥居酒屋営業) 水曜定休


二麺目は実は今日のメイン目的店「くいよい亭」。ここ数回、二麺食べた後に店の前を通りがかって昔来たことあるよなぁと思い出す事が重なったんで、いっそ目的にしてみたさ。セットメニューもいろいろあるがオーダーはデフォの「ラーメン」。9年前と比べて30円値上げしたかな。
15041202.jpg 15041203.jpg
麺は以前より細くなったか? 博多っぽい細麺でちょい硬。スープは多分純豚骨だよな、ポッテリとした甘さの奥に微かに豚骨臭さが漂う。塩気もちょい強めで汗をかいた後にも美味かろう。具は厚みがあり薄味のチャーシューが3枚、小さめだが量が多めのキクラゲ、あとメンマ数本。
ちょっと9年前の思い出の中で補正してたかな、想像よりも軽めの味で、でもちゃんと美味い。このレベルの味がワンコインアンダーってのが久留米の良さの一つよなぁ。懐かしさに浸りたくなった頃にまた来たいね。

くいよい軒
ラーメン 480円 ☆3.5
久留米市国分町1189-6 11:00~21:00 水曜定休


ぷち麺にゅーす
小郡市津古488-1に「コバコ食堂」が4月4日オープン。手打ち蕎麦と野菜料理の店って感じかな。
うきは市吉井町1003に「らぁめん処 六道」って店が、花輪の具合からしてここ1週間くらいでオープンしたみたい。
道の駅原鶴の一角、以前はパン屋だったっけ? そこに「うどん屋 翔」が2月19日オープン。手打ちうどんだそうで、ごぼう天うどんが480円、季節限定のたけのこ天うどんが500円など。
筑紫野市紫2-7-18、以前もラーメン屋だった場所に「ラーメン専門 博多豚十郎」って店が4月10日オープン。豚骨ラーメン550円、塩だれ豚骨ラーメン600円など。

コメント

>塩ラーメンに煮玉子を所望するのはいかがなものかと思います。(そういう店も確かにありますが)

まああくまで個人的な考えですが、塩気の無い茹で玉子や半熟玉子って意外とクセのある食材なんですよね。
(よほど上質な卵を使っている場合は話は別ですが。)
それが繊細な塩ラーメンとは合わないんで、煮玉子にするか、せめてしっかり塩味がついててほしい、ってのが発言の趣旨です。
まあ好みの問題ですんで、塩ラーメンに煮玉子はダメという方にケチつける気はさらさらございません。

塩ラーメンに煮玉子を所望するのはいかがなものかと思います。(そういう店も確かにありますが)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2693-1067afbb