焼鳥どんぐり@東郷 & ラーメンの來々@若松 

今日の麺ドラは北九州方面。まずはJR東郷駅近くの「焼鳥どんぐり」へ。まあ恐らく焼鳥屋なんだと思うけど、ラーメンをバーンと表に出してる感じが気になってたんですよね。メニューこんな感じ。
15030802.jpg
店内はL字カウンター8席ほどと、小上がりが2卓だったかな。オーダーはラーメンで。待ってる間メニューの裏を見ると、焼鳥や一品料理が並んでいる。串はほぼ80円か100円、豚足でも250円ってのは安いなぁ。
15030800.jpg 15030801.jpg
麺は細ストレート、ちょい硬めの茹で加減で、粉っぽさもなく豚骨らしい味。スープは臭みのない塩豚骨、濃厚ではないがちゃんとした豚骨の味が出ている。鶏ガラも少し入ってるかも。塩気も油っ気も程よく、万人向けで飽きの来ない味わい。チャーシューは小さめのが5枚、薄味だけど豚の美味さを感じられるし、ネギがたっぷりなのも嬉しい。テーブルオプションも一式揃うが、茹でモヤシがあるのは珍しいかな。二掴みばかり入れる。最後はスープの半分くらいまで完食。
特徴は薄いけどお値段お手頃で普通に上出来な、「地元に愛される小さな店」ってな印象。接客もいい感じだし、可能なら一度飲みに来てみたいモンである。

焼鳥どんぐり
豚骨ラーメン 450円 ☆4.0
宗像市田熊3-3-16 11:00~21:00


さらに北上、二麺目は若松へ。目指すはメインストリート(多分)に店を構える老舗「來々」。若松でとりそばといえば「馬賊」が有名だけど、こちらのとりそばも美味いとどっかのブログで見たので、オーダーはもちろん「とりそば」。メニューの字が小さいんで、よく探さんと見つからんかもよ。
15030803.jpg 15030804.jpg
おー、びゅりほー。麺は自家製麺で平打ち気味の細麺、やや柔めでモッチリムッチリした心地よい食感がかなり好み。透明感あるスープは鶏ガラベースなのだが、上に浮かぶゴマ油の主張がかなり強い。油の下のスープだけ味わうと、淡い中に芯の通った鶏ガラの風味が後を引く。塩気は控えめだが味に締まりがある。具は茹でた鶏モモ肉の角切り、タマネギとニンジンとキクラゲ、ネギとゴマ。鶏肉は味付け薄めだがしっかり歯ごたえがありジューシー、量も結構ある。野菜はそれぞれの歯応えを楽しむ。最後はスープの半分くらいまで完食。
意外と個性的な味わいだが、中でも麺が良かったな。次は醤油味と書いてあった「中華そば」いただいてみようかな、でもその前に「馬賊」のとりそばかな。迷うねぇ。

ラーメンの來々
とりそば 720円 ☆3.5
北九州市若松区本町3-5-5 11:00~22:00


ぷち麺にゅーす・残念編
・「うどんの角兵衛@二島駅前」、11月にて閉店しておりました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2669-0d9d34fb