とりまる食堂@朝倉 & 阿香のれん@久留米 

今日の麺ドラは筑後方面、まずは朝倉インター近くの「とりまる食堂」へ。去年末くらいにオープンしたのかな。メニューはこんな感じ。
15030100.jpg
鶏肉料理の店だけあってズラリと鶏メニューが並ぶ。たたき丼とか美味しそうよね、でも俺は俺なので当然オーダーはメニュー筆頭の「博多地鶏出しそば」単品で。
15030101.jpg 15030102.jpg
麺は中細、卵麺っぽい、プツッと歯切れのいい食感。透明感のあるスープはもちろん鶏ガラベース、醤油の風味も利いてるけど塩気は控えめで甘さはほぼ無い。関東風中華そばってイメージにぴったりの味わい。具の鶏チャーシュー2枚はしっかり歯ごたえもあり味付けも濃いめ、完熟煮玉子もこれまた濃い味。あとはホウレンソウ、海苔、白ネギと、これらも中華そばっぽいね。
なんというか、誠実な味わい。ただお値段ちょい高めなんで、どこかもう一仕事あったら嬉しかったかなぁ。

とりまる食堂
博多地鶏出しそば 650円 ☆3.5
朝倉市古毛835-3 11:00~14:30&18:00~21:00 火曜夜定休


二麺目は久留米へ。イナッキーさんトコで実食レポ見かけた「たんめん屋 四川担々麺専門店」が狙いだったのだが……オーノー、閉まっておる。ならばと南下し「たんめん屋」に行ってみるが……オーノー、待ちの列。うぬぬ、どうしよう……あ、すぐ近くの「阿香のれん」が
15030103.jpg
こんな幟を出しておったな、では真相を見に行ってみよう、と店内へ。壁のメニューを見てみると、「はと麦めん焼きそば」と「はと麦チャンポン」の2つのメニューが。ふむ、じゃあ「はと麦ちゃんぽん」をお願いしよう。
15030104.jpg 15030105.jpg
はと麦麺は乾麺のようですな、ムチッとした食感と滑らかな口当たり、心なしか普通の麺よりちょいと甘い気がする。スープは豚骨と鶏ガラのミックス、割と濃いめでポッテリした甘さと炒めた野菜の美味さ、塩気もちょい強めで、後からほんのり豚骨臭さが追ってくる。野菜類は割と歯応えをしっかり残した火の通し具合で食い応えがある。野菜の他は豚肉と練り物3種。
ちゃんぽんというよりは野菜炒めラーメンではあるが、ちゃんと美味いし、はと麦麺もいい感じ。普通のラーメンも、はと麦麺で出してみてもいいんじゃないですかねぇ。帰りがけにふと店の看板見たら「ラーメン・焼きそば 阿香のれん」って書かれてたんで、次は「はと麦めん焼きそば」頂いてみましょうかね。

阿香のれん
はと麦チャンポン 630円 ☆4.0
久留米市安武町安武本3368-3 11:00~22:00 火曜定休


ぷち麺にゅーす
・「餃子の王将」が2月23日から、国産食材のみを使用した「日本ラーメン」734円を発売中。各種素材の中でも、レアな白醤油を使ってるってのが気になるな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2665-778b5c55