つるや本店 & 西短大ラーメン @八女 

今日の麺ドラは八女。まずは先月の西鉄のフリーペーパーに載ってた「つるや本店」へ。筑後特有の、茹でた麺をすめで軽く煮る煮込みうどんを出してるそうで。さてメニューを見ると……おや、「きのこ」ってのがある。天ぷらだったらこれにしようかと店員さんに尋ねたが、天ぷらではないらしい。むぅ。では予定通り「ごぼー天」をオーダー。
15020100.jpg 15020101.jpg
おおっ、ごぼう天がバチバチ音を立ててる……これほどの揚げたて感を出す店はなかなか無いぜ。麺は細め、芯に微かにモッチリ感を残すくらいの柔麺だが、弱いとは感じさせない食感。すめはイリコも入ってるかな、あまり派手さはないがしみじみと美味いし、うどんとよく馴染んでる感じがする。ごぼう天はかなり細めのかき揚げタイプ、スナックのような香ばしさで、スメに浸って衣がはげてもごぼう本体はクリスピー感をしばし保つ。
ちょっちゅ言うと、超揚げたてのごぼう天を投入してるからか、終盤のすめの油っぽさは他店より強い気がする。とはいえそれを考えても余りあるごぼう天、そしてうどんの美味さよ。次はこの細麺だと「ざるうどん」もいいかもなぁ。

つるや本店
ごぼー天うどん 450円 ☆4.0
八女市本町417-1


さて、二麺目。この辺のラーメン屋をネットでチェックしてて気になった店、西短大附属高校のグランドの目の前にある、その名も「西短大ラーメン」。卒業生の新庄剛志も来てたらしい。田中麗奈はどうだろうな。日曜のお昼は先客1人と静かだが、時間によっては学生で埋まるんだろうなぁ。ラーメン450円、ラーメンライス500円、ちゃんぽんも500円というお安さ。オーダーは普通の「ラーメン」で。
15020102.jpg 15020103.jpg
麺は加水率高めなのかな、ちょいと独特な、プツッと歯切れのいい食感。スープはポッテリした甘さの豚骨、さほど濃厚ではなく、ほんのわずかに入ったマー油が面白いアクセントになっている。具は直径が丼の半分ほどもあるデカいチャーシューが3枚、肉質は歯ごたえがあり脂身はトロリと柔らかい。他にキクラゲ、茹で玉子半分、ネギと紅ショウガ。
まあ正直、なんちゃない味ですよ。でも、なんちゃないからこそ、高校時代の思い出には深く刻まれるんだろうなぁ、と想像させる味でもある。会計時に「みかん食べられます?」なんて聞いてこられるのも、いい店やなぁとしみじみ感じさせてくれる。
15020104.jpg
まあ、みかんを10個も渡された、ってのは完全に想定外でしたけどね。

西短大ラーメン
ラーメン 450円 ☆3.5
八女市亀甲188-16

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2646-346ad488