調味料祭りだ! 東京横浜旅行記・末日 

二日目は例によって、11時に現地に着くように計算してチェックアウト。向かった先は……
そう、新横浜ラーメン博物館。狙いの店舗はラー博20周年企画として期間限定出展中の「NARUMI-IPPUDO」。一風堂の河原成美氏プロデュース、世界のご当地ラーメンを提案する店。ラーメンは2種類あるんで、どちらもミニラーメンで食券を購入。まず出てきたのは、
14122400.jpg 14122401.jpg
ミニコンソメヌードル。鶏や牛でフレンチのブイヨンを作り、和ダシと合わせた黄金スープは、んー、美味いんだけどちょっとぼやけた感じかな。和ダシが入ることでブイヨンの特徴が薄れたというか。麺は平打ち気味の中細、フランスパン専用粉と国産小麦のブレンドだそうで、ムチッパツッとした歯切れいい食感。具はローストビーフ、キノコソテー、赤タマネギ、ミズナ。スープの熱で仕上げるローストビーフは濃厚な味わい、キノコソテーもスープ以上に存在感のある味付け。続いて、
14122402.jpg 14122403.jpg
見た目はほぼ同じ、ミニベジタリアンヌードル。こちらはドライトマトなどを使った野菜ダシを使っているそうで、確かに茅乃舎の野菜だしに似た感じの優しい味わい、ただ油っ気はコンソメヌードルより強い気がするな。麺は同じ、具もローストビーフがベイクドトマトに変わった以外は同じ。ベイクドトマトは限りなくジューシーで、焼くことで青臭さも飛んでてコレはコレで美味い。両方麺完食後、スープを改めて飲み比べると……あれ、さっきよりコンソメヌードルが美味い。ていうか、ビーフのブイヨンがよりしっかり感じられる。今、どっちが美味かったかと聞かれたら、間違いなくコンソメヌードルと答えるな。いやぁ、食べ比べの妙とでも言おうか。

続いてはドイツはフランクフルトからやってきた「無垢ツヴァイテ」。そちらでは予約しなきゃ食べられないってくらいの人気店らしい。その場所で手に入る食材で最高のラーメンを作る、ってコンセプトみたいね。デフォの「無垢ラーメン」のミニをいただく事に。
14122404.jpg 14122405.jpg
麺はパスタ用のデュラム粉とピザ用の小麦粉のブレンド、これがまた張りが強く腰があり麺自体の味もしっかり強い。スープもドイツの食材で創意工夫してたら家系っぽくなったそうだが、そんなに家系っぽくはないな。普通にいい感じの豚骨醤油。臭みもクセも無く濃厚すぎず食べやすい味わい。具はチャーシューと言うよりは角煮っぽい濃い味付けの豚肉、白身硬め黄身トロリの半熟煮玉子半分、あとホウレンソウと海苔。具で家系に寄せてる感じかな。
昨日の「寿々喜家」が良すぎたせいか、スープがちょっと物足りないものの、麺と具は刮目モノ。特に麺。これからは世界で活躍するラーメンが日本に逆輸入されることも多くなるのかもね。

ここで横浜とはおさらば、続いて火災から復興した「かんだやぶそば」に向かう。昨日が臨時休業だったってのは調べてあるんで安心して行っていたら、今日は普通に定休日。ぬかった。臨時休業の翌日だから開いてるだろうと勝手に考えた俺の負けである。近くの「神田まつや」に行ってみるも20人オーバーの行列だし。嗚呼、江戸の蕎麦屋で昼酒の野望は砕けたり。次回に持ち越すとしよう。というわけで予定を早め日本橋へ。
14122406.jpg 14122407.jpg
その存在を聞いて一度来てみたかったのだ。コレド室町にある「にんべん」直営店「日本橋だし場」。建物に入った瞬間から広がるダシの香り。スタンドバースタイルだが120ml100円でダシを味わえるってんで、用意されてる2種、かつおダシとかつお昆布ダシを両方いただいた。塩と醤油はお好みで。んー、こんなホッコリするスタイル、福岡でも楽しめる日が来るといいなぁ。

それからコレド室町や三越でお買い物、調味料ジュニアマイスターの血が騒いで、福岡じゃ見かけることも無いような調味料をいろいろ購入。それからテレ東に行って行列見て断念したり、東京駅でお土産買ったりして、東京ラーメンストリートで17時を迎える。ここにある8店舗で唯一の二毛作、こないだ福岡にも来た「麺や七彩」のセカンドブランド「TOKYO味噌らーめん 江戸甘」。福岡でいくら探しても見つからなかった「江戸甘味噌」を使った店である。第二次大戦後、信州味噌の席巻で絶滅危惧種になったという江戸甘、福岡で出してる店が無いでも無いが、折角なら東京で味わってみたいモンですよ。江戸甘味噌を使った肉味噌が載ってる小ライスも追加でオーダー。
14122408.jpg 14122409.jpg
江戸甘云々以前に麺がすげぇ。全粒粉入りっぽい麺が乱切り風の平打ち、ムッチリモッチリ食感がピチピチ跳ねる。ここまで個性的な麺もなかなか見当たらんよな。対するスープは思ったより地味。甘味噌とは言っても砂糖系の甘さではなく、塩分濃度が低いってのと、麹をたっぷり使って出た甘さなんで、実に優しい味わい。スープには背脂が浮いてたり味噌粒が沈んでたりするけど、それ以上に優しい味わい。そこにたっぷりの茹でモヤシ、そして厚くて大きくて脂身も外したチャーシューの武骨な存在感。
14122410.jpg
味噌の味わいはこちらの方がしっかり感じられる小ライス。挽肉ではなくチャーシュー用の肉の切り落としを使ってるっぽい肉味噌は、麹の味が利いた甘めの風味が、他の味噌との違いを感じられて実に美味い。
割と短期間で作れる代わりに、塩分濃度が低く日持ちがしないという江戸甘味噌は、なるほどインパクト系ではなくしみじみとした味わいでした。三越で江戸甘味噌買ってきたんで、家でどう使ってみようか楽しみですな。

お店データ
・NARUMI-IPPUDO
ミニコンソメヌードル 620円 ☆4.0
ミニベジタリアンヌードル 570円 ☆3.5
新横浜ラーメン博物館

・無垢ツヴァイテ
ミニ無垢ラーメン 570円 ☆4.0
新横浜ラーメン博物館

・TOKYO味噌らーめん 江戸甘
TOKYO味噌らーめん+小ライス 850+100円 ☆3.5
東京ラーメンストリート 17:00~22:30OS

コメント

>閉店情報

そーげんさん、おめでとうございます。今後ともどうぞ、よろしく。

>きのう佐賀駅に寄る機会があったので、駅前の麺物語はなぶさというお店を覗きに行ってみたら閉店してました。また未訪のまま1軒逃してしまいました。
>みおせるさんが取り上げておられたか定かでないですが、まずは情報王様宛てご報告いたします。

非豚骨の店でしたっけ。興味はあったけど行かず仕舞いでした。やや残念です。

閉店情報

新年おめでとうございます。引き続き楽しませてもらいます。

別件ですがこちらにコメントを。

きのう佐賀駅に寄る機会があったので、駅前の麺物語はなぶさというお店を覗きに行ってみたら閉店してました。また未訪のまま1軒逃してしまいました。
みおせるさんが取り上げておられたか定かでないですが、まずは情報王様宛てご報告いたします。

>横浜

>そーげんさん
>しばらく前に新横浜に泊まる機会を得ましたが、NARUMI-IPPUDOスタートの一週間前でありつけず…
>羨ましく読みました。

わはは。よくある事ですね。
自分の場合、ラー博に来た3日前に目的の店が卒業してた、って事がありました。

>吉村家本店には行くことができ、なるほどこれは家系の標準と言っていいのだろうなと勝手に思いました。

自分が行った時は、味としては標準なんだけど、有名になりすぎて仕事が雑になってるように思えました。
それでも満足行く美味さだった、ってのが衝撃でしたけど。

>ラーメンという座標軸?というと大げさですが、単純に好きなものがあると、旅の楽しみが増えるところはありますね。

そうですねぇ。自分はたまたま麺類でしたが、カレー好きでもスイーツ好きでも、お笑い好きでも仏像好きでも、
好きなモノがあると旅に張りが出ますよね。
元オタクとしては、秋葉原の変貌ぶりにかなりショックを受けた旅でした(笑)。

横浜

お疲れ様です。

しばらく前に新横浜に泊まる機会を得ましたが、NARUMI-IPPUDOスタートの一週間前でありつけず…
羨ましく読みました。

吉村家本店には行くことができ、なるほどこれは家系の標準と言っていいのだろうなと勝手に思いました。

ラーメンという座標軸?というと大げさですが、単純に好きなものがあると、旅の楽しみが増えるところはありますね。

>ドイツからやって来た!?!?

>幸(ゆき)さん
>日本のお店が海外に出店なんて話は聞いても、
>海外で独自にお店が出てるとは知りませんでした。
>ラーメンにある種の固定概念ができてしまってる日本人からはなかなか出なそうな発想が垣間見えて面白いですね。
>国内でも、一歩福岡・九州を出てしまうとラーメンに限らずですが、違う食文化が広がってますね。

ラー博の1階にヨーロッパのラーメン事情みたいな展示がありまして、フランスとドイツに特に多いようです。
国によってこってり、あっさり、魚介系、極太麺など好まれるタイプが分かれる、なんて面白い話も。
非日本人が作るラーメンとは名ばかりの怪しい料理が海外に広まるのは困ったモンですが、
日本人や現地の人が現地の素材で作るラーメンってのは、今後さらに広まって欲しいものです。
そのうちいくつかが逆輸入されればなお嬉しいですね。

>いつも以上にじっくり読み込んでしまう記事2つでした^^

お褒めいただきありがとうございます。今後の励みになりまする。

ドイツからやって来た!?!?

日本のお店が海外に出店なんて話は聞いても、
海外で独自にお店が出てるとは知りませんでした。
ラーメンにある種の固定概念ができてしまってる日本人からはなかなか出なそうな発想が垣間見えて面白いですね。
国内でも、一歩福岡・九州を出てしまうとラーメンに限らずですが、違う食文化が広がってますね。

いつも以上にじっくり読み込んでしまう記事2つでした^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2622-cc3be505